映画『帝一の國』に菅田将暉主演、野村周平、千葉雄大ら

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

来春に上映される映画『帝一の國』のキャストが公開。主演の菅田将暉を始め、野村周平、千葉雄大、間宮祥太朗、竹内涼真や吉田鋼太郎など名だたる豪華キャストたちが。今をときめく俳優陣を紹介!

2016年も終わりに近づき、あと1ヶ月強で2017年ですね。今回は、2017年に公開される映画、『帝一の國』について紹介したいと思います。豪華キャストに目が行かれ、楽しみですね。

映画キャスト

映画『帝一の國』メインキャスト

先日映画『帝一の國』の主要キャストが公開されました。たしかに、写真からも見て分かる通り、今をときめく俳優陣ですよね。学園物語というだけあり、年代も若い層が集結。ORICON STYLEが発表した「2016年上半期ブレイク俳優ランキング」にて見事1位を獲得した菅田将暉を主演に迎え、彼を取り巻く学生役には甘いマスクのイケメンたちばかりを起用!キャストの写真を見ているだけでも、目の保養になりますね。しかも、なんと、ほとんど全員同年代!菅田将暉、野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗は全員23歳。他の20代キャストを含め、同年代同士が演じることによって、刺激的な作品が生まれそうですね。

 監督:永井聡
脚本:いずみ吉紘

赤場帝一役     菅田将暉
東郷菊馬役     野村周平
大鷹弾役      竹内涼真
氷室ローランド役   間宮祥太朗
榊原光明役     志尊淳
森園億人役     千葉雄大
白鳥美美子役    永野芽郁
赤場譲介役     吉田鋼太郎

via google imghpキャスト一覧

映画『帝一の國』の相関図

相関図から見るだけでも、これらのイケメンたちによる熱き戦いが繰り広げられるところが楽しみですね。それでは、役どころを少し交えながら、俳優陣をいくつかピックアップして紹介したいと思います。

菅田将暉


赤場帝一役を演じる主演俳優:菅田将暉

現在ブレーク真っ盛りの俳優。2016年公開映画作品だけで約9本という驚異的な出演数。周りの共演者にも忙しすぎると心配されるほど。とにかくオファーが殺到しているみたいですね。AUのCMでは愛称「鬼ちゃん」として人気。また、ファッションにもこだわり、現在話題の古着系イケメンの1人。

たしかに、菅田将暉といえば、見ない日はないですよね。決して、とてつもないイケメンという印象はないですが彼の持つスタイルなどはかっこいい。また、他の俳優とは違う独特なオーラを放ち、その雰囲気を醸し出す演技力を持っていますね。彼独自の世界観に引き込まれるような感じがします。今回主演を務める赤場帝一役も期待が高まりますね。

 

もともと古屋先生の描く世界観が大好きで、この作品を読んでいた頃から「これは自分のためにあるんじゃないか」と勝手に思っていました。やってみたかったキャラクターである帝一を演じることになり、幸せです。キャスト陣には同世代が集まっていて、10代の頃に出会った仲間もいます。ようやくみんなで1つの作品に携われるのが嬉しいですし、本作は、インパクトのあるシーンが多く、圧倒的熱量のバカバカしさを演じられることが、今からとても楽しみです。
何よりの楽しみはみんなのフンドシ姿が観られるところで、僕も、本気のフンドシは初めてなので、禊のような気持ちで全身の毛を剃って、撮影に挑みます!
大統領選よりも熱い、命を懸けた生徒会長選、是非ともご期待ください!

映画に対する菅田将暉のコメント。

菅田将暉公式Twitterにて映画『帝一の國』の投稿。

野村周平

今20代前半の中でキラキラ輝いている俳優の1人。映画『ちはやふる』やドラマ『恋仲』、『好きな人がいること』などに出演。また、中国語、スノボー、スケボーやBMXなど、多趣味かつ多彩な一面も。野村周平といえば、インスタグラムやツイッターなどのSNSでの投稿が話題ですよね。Twitterにはよく共演した女優とのツーショットを載せており、反響を呼んでいる。茶目っ気のあるところや可愛らしく、かっこいいところが愛される理由ですよね!今回は、赤場帝一と幼馴染ながら、敵対視する役を演じますが、菅田将暉とバトルする雰囲気が早くみたいですね。

映画「ライチ☆光クラブ」に続き、兎丸先生の作品にまたださせていただけるのは誠に光栄です。
そしてCMでお世話になった永井監督と今度は映画で御一緒でき嬉しく思います。
また役柄もいままでに演じたことのない役柄なので僕自身演じるのがとても楽しみです。
周りのキャスト陣も同世代の俳優の方ばかりなので、彼らと一緒に良い作品を作れるように、
全力で臨んでいきたいと思います。

映画に対する野村周平のコメント。

竹内涼真

CMやドラマなど、現在活躍する俳優の一人。185cmという高身長に、歌がとてつもなく上手いと話題。また、サッカーで立正大学に推薦されるほどのスポーツマン。映画『青空エール』で土屋太鳳と共演し、現在では、ドラマ『ラストコップ』に出演中。つぶらな瞳を持つ、まさに甘いマスクイケメンですね!今回の、明るくみんなから愛される大鷹弾役を爽やかに演じる竹内涼真を拝見するのが楽しみですね。

「帝一の國」実写化に参加できて嬉しいです。僕が演じる「大鷹弾」は、周りに影響されない立ち位置や、少しピントがズレているところなど自分と共通する部分があり、親近感を覚えています。
主人公の帝一をはじめ、あまりにも強烈なキャラクターが目白押しですが、その中で唯一まっとうな「大鷹弾」と言う人物を直球で演じられるか自分でも楽しみです。そして原作の型破りなところにも恐れず立ち向かっていきたいです。

映画に対する竹内涼真のコメント。

竹内涼真公式Twitterでも宣伝!

間宮祥太朗

同じく1993年生まれで活躍する俳優。白い肌い高身長なところが王子のような雰囲気を持っていますよね。年代的に学園物語の作品に出演することが多く、ドラマ『水球ヤンキース』や『弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~』など。また、ドラマ『学校のカイダン』では憎たらしい役を演じたことで話題に。映画『帝一の國』の相関図からも見て分かる通り、氷室ローランド役がはまり役のような雰囲気が出ていますね。

こんにちは。この度、氷室ローランド役を仰せつかりました、間宮祥太朗でございます。
漫画、台本と読ませて頂きましたが、若き男達が熱き青春の血潮を滾らせる汗臭い物語に興奮を覚えました。ローランドという非凡なキャラクターを任せて頂けた事をありがたく思います。
共演者は同世代が多い中先輩の役という事で、全精力をかけて後輩達を圧迫しようと思っております。

映画に対する間宮祥太朗のコメント。

間宮祥太朗の公式Twitterでも情報公開!

志尊淳

現在甘いルックスで人気を読んでいる俳優。ワタナベエンターテインメントの若手男性俳優集団D-BOYSのメンバー。映画『先輩と彼女』やドラマ『表参道高校合唱部!』などにも出演し。また、最近ではレスリング選手の吉田沙保里が好きな俳優と公言していることで話題。キラキラしたアイドルっぽい雰囲気がありますよね。今回もそんなアイドル的人気のある役どころを演じるそうです。

この度、榊原光明役を演じさせていただくことになりました。
漫画の世界観を崩さぬよう、自分にしか表現出来ない光明を演じるよう日々試行錯誤しております。しっかりと芯のある高校生、そして漫画の実写化ではありますが、リアリティを持って演じるよう努めます。男子校ならではの、独特の雰囲気を大切に演じれられたらなと思ってます。同年代の素敵な共演者の方々、そして素晴らしいスタッフの皆さんたちと良い作品を作っていけたらなと思っております! 楽しみにしててください!!

映画に対する志尊淳のコメント。

志尊淳の公式Twitterにて。

永野芽郁

現在ブレーク中の若手女優。17歳という現役高校生の彼女ですが、CM、MV、映画、ドラマなど幅広く活躍。大河ドラマ『真田丸』や『八重の桜』にも出演し、来年の公開映画は3本だとか。透明感あふれる彼女の可愛さに皆虜になりますね!赤場帝一との恋愛関係が楽しみですね。

台本を初めて読んだとき、帝一くんと美美子のやりとりが本当に面白くて、
早くそのシーンを演じたいと思いました。
2人のピュアな関係性をうまく表現できたらいいなと思います。
豪華キャストの皆さんとご一緒できることを今からとても楽しみにしています。

映画に対する永野芽郁のコメント。

永野芽郁の公式Twitterにも映画『帝一の國』について投稿しています。

作品『帝一の國』

そもそも、作品『帝一の國』は、もともと作者古屋兎丸による漫画作品。2014年からは第一章、第二章、最終章と、舞台で上演された。内容はいわば、昭和時代を描いた学園物語。映画では、主人公の赤場帝一が総理大臣になるという大きな野望を抱き、名門の海帝高校にて生徒会長を目指す。主人公をとりまく学生らとの権力闘争と共に繰り広げられる熱い青春コメディ。2017年4月29日より全国ロードショー。

追記 まさかの二人のキスシーン

見事大ヒットしたこの映画。

映画で共演する菅田将暉と野村周平が、帝一の國の大ヒット御礼舞台に登場しました。

この舞台が、共演者がそろう場所としては最後の場所になります。

そこでは菅田とほかの共演者の間で、メッセージが交わされました。

竹内涼真は「一生仲間としてやっていけたら。大好きです」とハグし、

志尊淳も「菅田くんが真ん中に立ってくれたから、こんなステキな作品ができた。僕の生涯の宝物」と述べました。

間宮祥太朗も「(菅田演じる)赤場帝一は主席。僕らの世代の役者の主席は菅田将暉さん。僕らの世代の代表作になったと思います」と述べ、そして菅田の首に軽くキス。

そして最後に野村周平から。

菅田のことをライバルのように見ていて、こういう人はこれまでには同世代にいなかったしこれからも頑張ってほしい、そして負ける気はないぞというメッセージを送りました。

そこで二人はしんみりしてしまったその場を盛り上げるためか、未公開シーンを見せますといい、見つめあってキス。

当然、「キャー」という声が響き渡りました。

こんなシーンが未公開になっていたとは…それをこの場で見せるなんて、サービス精神旺盛ですね。

ちなみにこの舞台あいさつの日に、入場者数が100万人を突破。

関西人だから、と二人は興行収入を計算しはじめ、共演者から止められるなど、最後まで会場を盛り上げてくれました。

そういえば二人とも関西人だったんですね。

その後、会場の観客はサイリウムを手に声を上げ校歌斉唱シーンではみんなで合掌するなど、非常に盛り上がった舞台挨拶となりました。

共演者のみんな、本当に仲が良いようですね。

だからこそ、このような良作を作り上げることが出来たのかもしれません。

 

 

 


ページトップへ