市川海老蔵のブログ更新頻度が異常

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妻の小林麻央が23日に亡くなってはや3日、市川海老蔵のブログの更新が40回を超えています。最愛の妻をなくし、メディアへの対応や息子との共演の準備など忙しい海老蔵がこんなにブログを更新する理由は。

妻の小林麻央を失った市川海老蔵

 6月23日の午前8時頃、「2017/06/23」というタイトルで「人生で1番泣いた日」「お察しください」など意味深な言葉を残し、次の更新では自宅の花壇のハナと一緒に、いなるべくいつも通りに過ごすと言った内容のコメントをしていました。以降は公演の話や稽古の話題など、宣言通り「なるべくいつも通り」の生活をブログにアップし続けました。しかしその日の夕方に会見を開いて妻の小林麻央さんが亡くなったことを公表。世の中に大きな衝撃を与えました。

涙ながらに会見を開いた海老蔵

via google.imghp 会見では、22日の夜に真央さんが旅立ったこと、亡くなる前日から口がきけない状態が続いていたが、最後に「愛してる」と言って亡くなったこと、のこされた娘と息子には出来る限りのことはやってやりたいなどと今後のことも前向きにはなしました。

ブログを更新し続ける海老蔵

 最愛の妻をなくし、傷心かと思いきやブログの更新は止まるどころか今まで通りの頻度で続いています。真央さんのお葬式や息子の勸玄くんとの共演のことで今まで以上に忙しいに決まっているのに、日常のことから、真央さんに対する思いまでさまざまなことをブログに投稿しています。真央さんの死で、2人の子どもたちに対する思いもより深いものになっていっているように思われます。

市川海老蔵と2人の子どもたち

via google.imghp

今日からパパ ママもやります

 6月24日のブログ。母親の代わりになろうと海老蔵なりに頑張っているようです。添付された画像には、海老蔵が握ったおにぎりを頬張る長女の麗禾ちゃんが写っていました。

2人はお母さんがいません。 これから2人には大きな心の戦いが待っています。 2人の笑顔で救われていますが、 私は2人に恩を何十倍にもして かえします。 そう決めました

今は子どもたちの笑顔に支えられている様子。真央さんが残してくれた最大の遺産のようなものですよね。この投稿以降、子どもたちと遊ぶ仲睦まじい写真をいくつも投稿しています。こうやって、子どもたちを支える父親としての一面を見せるも、弱音を吐露する投稿も見られます。

まおとは
たくさんお話出来ているような気分なんですよ、
不思議と、、

そして色々振り返ると
振り返ると
思い出すと

やはり


耐えられないかなしさが…
耐えられないかなしさが、、 
涙で台本みれないし、 
見えたところで 
覚えられないし 

もう笑うしかないんです、

 6月25日の朝6時に更新されたブログです。タイトルには「コメントありがとうございます」という感謝の言葉があてがわれています。ブログでの励ましの言葉で、真央さんについて色々と思い出すことがあったのかもしれません。

ネットではブログ更新の多さに疑問の声も

 ブログの更新は真央さんが亡くなってから、40回以上も更新されています。文字数が多いわけでもありませんが、妻が亡くなったばかりなのにこんなにブログを更新するのはやはりおかしいという声もあります。

悲しさを紛らわすため?

「生きとる間は身の回りの世話したり四六時中不安やったりしたんやろしな
全部なくなって暇になったけどなにすればええかわからんくてとりあえずブログ更新やって感じやろ」

「寂しさからブログを更新しまくったとも考えられるで」

「更新するのは自由だろ
好きなだけ更新したらいい」

 いままで気にかけていた真央さんの存在が消えてしまったことで出来た心の穴を埋めるためにブログを更新し続けているのでしょうか。ブログを更新すれば、読者からその都度励ましの言葉やリアクションがくるので、孤独感や寂しさを一瞬でも紛らわせるのかもしれません。

市川海老蔵と小林麻央のツーショット

こんな茶目っ気のある写真も取っていたのに。。via google.imghp

ブログで稼ぎたいから?

「今が稼ぎ時やからな、そら頑張るよ」

「一回なん10万はいるやろなあ?」

「ブログ一回更新でいくら入るんやろ 」

 妻の死をだしにブログの収入を期待しているのでは?という声もありました。確かに市川海老蔵のブログを読む人は以前からたくさんいたし、真央さんの死でいっそう注目度は高くなっています。もともと歌舞伎役者としての収入も十分にあるので、今ブログを更新して急いで稼ぐ理由はないとは思いますが、お金が入ると分かって更新している可能性も否定できません。 こんなふうに勘ぐられるのも、市川海老蔵の過去の悪行が影響していからかもしれません。海老蔵にはかつて六本木で飲み歩いて、暴力事件までおこした過去があります。真央さんとの結婚で、良い夫、良い父のイメージが広まりましたが、ネットでは海老蔵の昔の印象を忘れていない人も多いのです。

最後に

 以前からのブログ更新が多いことで有名だった市川海老蔵。ブログが生活の一部になっているのだから、突然更新が止むよりは安心できますね。これからも、ブログを通して海老蔵の精神が安定して、いつか悲しみが癒やされたらと思います。



ページトップへ