海老蔵のブログが悲しすぎる。『真央と相談してきます。』

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小林麻央さんが亡くなられてから数日が経ちます。あれから海老蔵のブログ更新率がかなり頻繁になり、内容もかなり心配になるような内容がおおいですが、7月2日、公演前夜のブログが海老蔵の状態を物語っています。

海老蔵、7月2日のブログ

麻央がなくなってから、早10日が経つ7月2日。『麻央と相談してきます』とつづった海老蔵。6月23日に海老蔵が麻央の危篤をブログで公表してから、彼の心境を心配する声が絶えません。生前とはうって変わって、自身と奮闘しているようなブログの内容で、とても見ていて心が痛いです。悲しすぎます。

@harugarden25)さんの投稿

海老蔵と麻央

7月2日のブログのタイトルは、【初日の前の日の夜】。公演前夜の心境を語っています。内容をまとめますと、身も心もズタボロで自分がどうなるかわからない。もし倒れたら、そうだよね仕方ないよねという具合に考えて欲しい。麻央と相談してきます。と言う内容でした。大きく空白を開けて『麻央と相談してきます。』と最後に綴った文字をみて、悲しみが伝わります。

いつもなら、クタクタでボロボロなのですが、クタクタでボロボロで心も身体も崩壊すると、越えるんですね、、何かを、何も感じない私がいる、、明日から初日です、、

盲長屋梅加賀鳶では梅吉と道玄を、連獅子では親獅子を、駄右衛門花御所異聞では駄右衛門と幸兵衛と秋葉権現を、ただただ己を信じて日々勤めるのみ、

終わりのない一日を毎日過ごす精神力と体力が今の私にあるのか?ないのか?私自身も見物の気分です。もし倒れたら、まぁ、そうだよね、しかたないよね、という具合に考えてくださいませ、、宜しくお願い致します、そういう覚悟です。

これから麻央と相談してきます。

本来の海老蔵なら、公演で倒れるかもしれないなどという弱気な発言はしていないと思います。それだけ麻央の死去に悲しみ、苦しんでいるのが感じられて、とても辛いですよね。しかし、身体を追い詰めてはいるものの、歌舞伎という過酷な仕事が、今海老蔵をギリギリ活かしているのかもしれないとおもいました。

海老蔵の悲しみ

麻央と相談してきますと最後につづったのはどういう心境なのでしょうか。もう崩壊寸前では無いのかと思わせます。麻央がそばにいるように感じるという事を、たまにブログに書かれていますが、その感覚が本当に海老蔵をおかしくさせそうな気がします。麻央がいるように感じて、一人で会話をするようになってしまうのではないかと。

海老蔵の変化。小林麻央の生前と危篤後

麻央がなくなってから、海老蔵のブログ更新率が非常に高くなったと、snsでも少し話題になっていました。26日に自身でもおっしゃっていましたが、大切な人を失って辛い海老蔵は、ブログが1つの支えになっているようです。わからない人もいるかもしれませんが、ブログやsnsは、コメントなどに関わらず、吐くだけでも救いになる時があります。

@pandachiharu_japan)さんの投稿

市川海老蔵のオフィシャルブログ

麻央の死後

「マスコミの方もお察しください。」と、遠回しに麻央の死去を報告した海老蔵。今思えば、この時から麻央の死去を信じたくないという思いが、かなり大きかったのかもしれません。気丈に振る舞おうと頑張ってる海老蔵。6月23日から7月2日の間は彼にとっては非常に長い10日間だったかもしれません。

人生で一番泣いた日です。

マスコミの方々もお察しください。改めてご報告させていただきますので、近隣の方々のご迷惑になるので、ひとまずおかえりくださいませ。宜しくお願い致します。

その直後、約1時間後に更新されたブログでは、水撒きをしている様子を投稿しています。子供のことなどを思って強くあろうともがいていたのではないでしょうか。麻央がなくなってから「虹」の写真を投稿する心境が、なんだかとても胸に来ます。

麻央の死後直後、海老蔵のブログ

麻央が亡くなられた当日は、海老蔵のブログは淡々としたものでした。一言二言添えて、日常の写真を載せることの繰り返し。亡くなられた当日でも舞台に出なくてはいけない。役者になるということは、そういうことなのかと語っていました。23日は昼公演、夜公演としっかり務められた海老蔵。

お昼頃の投稿では、「なんか今日は麻央と一緒に舞台に立ってるような感覚」と言いました。妻の死にひたることも出来ず、一般人では考えられないほどの壮絶な辛い時間を送っていたのかもしれません。亡くなられた当日に2回公演、記者会見、ツヤなどの手配など、精神的にも肉体的にもハードすぎますよね。

@harugarden25)さんの投稿

小林麻央

その後も「子供たちの力が希望」というタイトルで、前向きに頑張ろうとする投稿を続けますが、どうにも耐えきれない様子で、揺れ動く心境がうかがえました。しばらくの間、子供たちの話題ばかりで、子どもに支えられている海老蔵でした。1文字1文字が苦しそうです。

24日16時頃 心強いです。

24日17時頃 正直、頼もしいです、涙

24日19時 今日もなんとか、2人のおかげで終わりました、舞台。

24日19時半 ママが観に来るからね一生懸命にやろうね。

24日20時 少し長くなってしまってゴメンね。パパちょっと厳しいね、、


市川海老蔵

時間で並べてみると、かなりの更新率ですね。そして子供のことばかり。かなりつらそうです。この日の次の早朝、気を失っていたことを明かしました。もうこの時点で限界が来ていたのかもしれません。

25日5時半 頃久しぶりに気を失い寝てました、おはようございます。

目覚めてからの日々は、友人が突然こどもたちを見に来てくれたり、したことも会って、少し喜びも会ったようです。麻央が実は大食いだったと言い、自分の食欲が止まらないのは、もしかしてもしかしてだけど、今麻央の分まで自分が食べているのではないかと言っていました。少し前向きになっている海老蔵。

@asahi_shimbun)さんの投稿

ラブラブだった海老蔵と麻央

しかし葬式後、また心のブラックホールが消えなくて、つらそうな海老蔵。子どもに強く当たってしまったと反省する事もあったようです。うつ病の心配もされています。これからどうなっていくのか、なんとも難しいことだと思います。

麻央の生前

麻央の生前は、危篤後とは全然違って、絵文字をふんだんに使い、割とポップなブログでした。それだけ麻央の存在が大きかったんだと思います。海老蔵が言うブラックホールとは、大切な麻央を失った喪失感のことでしょう。海老蔵がどれだけ辛いのか、同じ経験をした人にしかわからない事と思います。

元気だった海老蔵

宣教師役の九團次くんがマリオなのに、今日は何故か闘莉王と…そして闘莉王が倒れる時に普段はマリオだから、みんな、マリオーと叫ぶのですが今日は闘莉王なので、、闘莉王ーと叫ぶところを純大さんと前野くんはマリオーと!とうっかりわたしが、え?マリオ?と言ったらちゃんと聞いて下さってるお客様から失笑が、そうしたら純大さんのセリフがぶっ飛び、てんやわんやのフタ場面目でした、たまに投げ込んでくる九團次…変な汗かいてしまいました。そして友達から歌舞伎の本もらいました!

明日も違う名前でやって試してやります!なんてこといってます、、笑笑笑

えらく面白い内容ですね。これは6月21日、麻央が失くなる2日前の投稿です。この二日後に亡くなられるなんて、考えたくなかったですよね。公演の内容を楽しそうに語る海老蔵のことを、またいつ見られる時が来るのか。分かりませんが、奮闘している海老蔵を、応援したいですね。

ツイッターの反応

海老蔵と麻央に関することで何かしら周辺で炎上が起きていたり、心無い記事が投稿されていたりすることに、snsでは海老蔵を叩くのはかなりおかしいと、沢山の人がそのことに関して心温かいいい人間心を見せています。

@harugarden25)さんの投稿

幸せな海老蔵と麻央

芸能人のいろんなスキャンダルや身辺に起こることに関して、ネット民は中途半端な情報で叩いたり炎上したり、正直私は適当過ぎる情報収集で熱く他人を叩けるネットユーザーを好きではありません。しかし海老蔵のことに関しては、なぜかネット民の意見がわりとまとまっててしかも的をついているなと、少し偉そうな物言いではあるかもしれませんが思いました。

@nicolnisaren)さんの投稿

小林麻央のブログ投稿

via google.imghp海老蔵にそのつもりがあるかどうかは分かりませんが、自身が細かく本人の意志でブログを頻繁に更新している。この事が、中途半端な情報でなく、しっかりと事実を多くの人に知らしめているのではないかと思いました。麻央がしていたブログも、ネット界や世間体では、海老蔵たちにいい影響を残していること間違いなしだと思います。

海老蔵の今後

大切な人を失った悲しみに加え、稽古、子供たち、本番、数々のしれんが海老蔵には残っていることと思います。『麻央と相談してきます。』という投稿には、本当に大丈夫なのかと、他人であっても心配してしまいましたが、きっと海老蔵なりの感覚なのでしょう。海老蔵の心のブラックホールが埋まって、心から笑える日が来ることを祈っています。



ページトップへ