川島海荷の手つなぎ写真が流出!相手は既婚男性

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
川島海荷の手つなぎ写真


妹にしたい、彼女にしたい、そのようなランキングで上位に上がってくるだろう川島海荷ですが、彼女にまさかのスキャンダルが発覚しました。なんと川島海荷の手つなぎ写真が流出してしまったのです。相手はまさかの既婚男性・・・

 

川島海荷の手つなぎ写真がヤバイ

カルピス系女子からZIPに出演するまでになったアイドルグループ9nineの元メンバーである川島海荷に大変なスクープが入ってきました。なんと川島海荷の手つなぎ写真が流出してしまったのです。川島海荷のてつなぎ写真を手に入れたのは週刊誌のFLASHです。まさかの流出に困惑しているファンも多いようです。ほとんど撮られなかった川島海荷がなぜ・・・

FLASH

via google imghp

川島海荷の手つなぎ写真を報じたFLASHですが、その表紙にはしっかりと川島海荷の手つなぎ顔と書いてあります。本当に突然のことですよね。しかも相手は既婚の男性だそうです。川島海荷と手をつないだとされる罪深き男性は40台のTBS局員だと噂されています。川島海荷と手がつなげるのならばTBS局員になりたいと思う男性も多いかもしれないですね。

今回流出した写真は川島海荷とTBSの局員が手をつないでいるだけの写真ですが、これがもし”一線”を越えているのであればそれは立派な不倫になってしまいます。今回の感じを見る限り一線を越えていなそうですが果たしてどうなるでしょうか。写真が撮られなかったところで一線を越えている可能性も無きにしも非ずです。

川島海荷の手つなぎ写真

via google imghp

この画像を見るとがっつり手をつないでしまっていますね。もっと控えめに手をつないでいるのかと思いましたがすごくがっつり手をつないでしまっています。しかも相手は既婚の男性ということなので奥さんに問い詰められたらどのような反応、言い訳をするのでしょうか。これをきっかけに離婚ということにもなりかねません。

川島海荷は反省している

既婚男性と手をつないでしまいその写真を週刊誌にがっつり撮られてしまった川島海荷ですが、当の本人はこの件について反省しているようです。川島海荷が手をつないでいる男性は川島海荷が兄のように慕っている人だといいます。兄と慕っていたにしても、本当の兄弟ではないので、手をつなぐということはそれなりの関係性であることに間違いありません。

ZIPの川島海荷

via google imghp

週刊誌からの取材に対し川島海荷は「そういう関係ではない」と話しているようです。そのように答えるしかないですよね。相手は既婚の男性であるわけですし、その男性と男女の関係ですといってしまえば浮気になってしまいます。そのようなことは絶対に避けなければなりません。川島海荷は週刊誌の記者に対し「どうしたらこの男性に迷惑がかからないようになるか」という趣旨の質問もしたようです。

川島海荷がこの男性に迷惑をかけないようにするためには、この男性を勘違いさせないようにするほかないですよね。手をつないでしまっている以上、男性側も川島海荷のことを一人の女性としてみていることは間違いないです。この二人は隠れ家的レストランで食事をしたときにお酒を飲んでいたといいます。だから川島海荷の言い訳は「酔ってしまった」ということだそうです。

川島海荷

via google imghp


川島海荷が男性と手をつないでしまったのは酔っていたからだと言っているようです。実際この言い訳は結構優秀なフレーズですよね。これで一回は追求を逃れられるかもしれません。果たして川島海荷は酔ってしまったから手をつないでしまったのでしょうか。酔ったときが本性という考え方もあるので、この言い訳が世間の人に通じるのかは微妙ですね。

もしかしたらこの男性が川島海荷をめちゃくちゃ酔わせて手をつなぐのにいたった可能性も0ではないです。といっても、結局川島海荷は相手の男性と手をつなぐことを受け入れたわけなのでまんざらでもないというのが一番可能性の高いところかもしれないですね。

ネットの反応


川島海荷のスキャンダルが報じられたのは初めてなのでショックを受けた人も多かったみたいです。相手の男性が長イケメンの俳優とかならいいのですが、相手が一般人のテレビ関係者ということで、印象が悪くなっているのかもしれないですね。朝の顔に響くのではないかという意見もありました。

まとめ

川島海荷の手つなぎ写真が撮られてしまったわけですが、この一連の出来事は川島海荷にとってマイナス要素になってしまうでしょう。ましてや川島海荷はZIPに出演しているということで朝の顔も務めているわけです。川島海荷が今後どのような行動をとっていくのか気になるところではありますね。



ページトップへ