峯岸みなみがリバウンド?こじはるの胸を超えた!【画像】

AKB48

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AKB卒業を発表した小嶋陽菜。こじはるはAKBでは1,2を争うスタイルの持ち主として有名です。そんなこじはると一緒に写っている峯岸みなみの胸がこじはるより大きいと話題に!こじはるはDカップ峯岸はCカップなのに・・・

ライザップ失敗!

デブザップは成功!?

今現在日本を代表するアイドルとして活躍するAKB48。
そのAKBを一期生の頃から支えてきた峯岸みなみという女!多くの一期生が卒業する中で今でもAKBに居座り続けてるが若手の台頭もありめっきり活躍の場を与えられなくなった。
しかし、以外にも総選挙の順位は落ちておらず2016年は17位とそこそこの順位に落ち着き地盤の硬さを証明している。
自身はアイドルには賞味期限があるという持論を持っていてその期限は「25歳」だと明かしているが現在の年齢は24歳。残り1年で賞味期限が切れることから卒業が噂されているが今のところ目立った動きはない。
しかも、峯岸がAKB時代に残せた爪痕というのも結局スキャンダルだけだった。爪痕と言うより汚点に近いものだったと言っても過言ではない。
本人はそこから得られるものが何かあったかもしれないが世間的には坊主のガチャピンというレッテルを貼られてしまっただけに思えてしまう。

そんな峯岸が久しぶりに全国放送で話題となったのがライザップのCMだ。
2016年の1月からCMが放送されネットでは「凄くスタイルが良くなってる」「かわいい!腹筋がキレイ」など美辞麗句を並べ立てるコメントが多かった。
ライザップで成功し、人気があった峯岸が今リバウンドに苦しんでいるとネットをざわつかせている。

割れてた腹筋を隠す衣装が多い?

今や全く話題にならない!

峯岸の肩幅と胸が・・・

デブ腹のこじはるを超えている?
見た感じ肥満児じゃん・・・via google imghpこじはるもプロポーションはAKBで1,2を争うなんて言われているが、有吉弘行の番組で水着を披露した時の腹は意外とやばかった。肉がパンツの上に乗ってる状態で視聴者がドン引きしてしまう、とてもゴールデンでは放送できないくらい醜い腹だった。

しかし、この画像を見たところ明らかにこじはるより峯岸の方がでっぷりしているように見える。二の腕もライザップ時代とは比べものにならない程に太い。ボンレスハムの脂身を見ているようだ。

ライザップ成功時と見比べてみよう!

見事ライザップ成功した峯岸みなみ!

腹筋激割れやん!!
若干やりすぎなくらい細い!細マッチョだね!via google imghp堂々としてんじゃねーよってクレームになりそうなくらいのドヤ顔だ。今同じ体型でこの顔をやって頂きたい。もちろんフォトショ(修正)なしでな。

現在はこちら!見比べてみてや~!

ここまで胸張りますか?

ライザップの時と比べても明らかに乳でかくなってますやん!!
まさか・・・妊娠・・・?via google imghp乳張りすぎだろ!!
妊娠しない限りここまで大きくならないと思う!妊娠しないかぎ・・・ハッ!
いや、そんなことは・・・峯岸に限って妊娠スキャンダルなんて・・・

週刊文春、峯岸みなみがEXILEの弟分とお泊りデート!

アイドルでお泊りデートを撮影されるなんて脇ガバガバやん!笑via google imghpあったね!見事に週刊文春に撮られてましたわ(笑)
コレにより峯岸は錯乱し世間が思いもよらない行動を取ってしまう!
それが・・・尼さん峯岸だ!

海外でも話題に!

今で言う古坂大魔・・・PICO太郎かな?via google imghpいくらなんでも反省という意味で坊主はやりすぎだろ!(笑)
世間がかわいそうとかいう感情を抱く前に引いちゃうっていう事態になってしまった。
このアイドル坊主騒動は見事に世界のニュースでも扱えかわれ、峯岸はワールドワイドなアイドルになってしまう。
にしても、もっといい写真はなかったのか?(笑)悪意があるだろうに!(笑)
まあ、普段の峯岸もこんなんだからチョイスは間違っていないと思うけどね!

そんなこんなで今に行き着いた峯岸だが本題に触れると、ファンの憶測では峯岸のバストサイズは推定Cカップとのこと。
一方のこじはるはD~Eカップ。だが2人並んでいる画像では明らかに峯岸の胸の方が大きく見えないか?デブというわけでは無いが明らかにライザップ時代よりは太っている。

小嶋陽菜も太っていたが・・・それを上回る峯岸!

こじはる 有吉の番組に出演時の体型

ぽっこりお腹ってレベルじゃねーぞ(笑)via google imghp

これはね~

まあ、これは許容範囲でしょ!
そこまで太っているという程でもない!一応くびれ?はあるから!via google imghpしかし、これは1、2年前の体型でこの放送後に「こじはるが実はデブだった」という言葉がネットで話題になりそれを見たこじはるがショックを受けダイエットに成功したと言われている。

ダイエットに成功したこじはるとは対象的にリバウンドしてしまった峯岸。
いったいどこ差がついていしまったのか?

まあ、簡単に言うと生活リズムや食生活でしょうね。プロポーションが良いと言われるこじはるはグラビアの仕事が多く、体型維持は欠かせないだろうが峯岸はと言うとライザップでダイエットしていたことが世間から忘れ去られて行くことを利用して、徐々にリバンドを繰り返してきたのではないか?

だが、そんな2人実は仲がいい。
同じ数少ない1期生ということもあってかよく仲良い写真がアップされる。
こじはるは卒業コンサート前夜祭の時の事をこう振り返っている。

アイドルグループ「AKB48」の小嶋陽菜さんが21日、国立代々木競技場第一体育館(東京都渋谷区)で卒業コンサート(卒コン)の前夜祭公演「こじまつり~前夜祭~」を開催し、終演後に取材に応じた。小嶋さんはこの日の公演を振り返り「完全燃焼しました。出し切りました」と晴れやかな表情。あす同所で卒コンの“本番”となる「こじまつり~小嶋陽菜感謝祭~」を開催するが、「あしたはどうするんだろう。もう何も出てこない」と話し、笑いを誘った。

 また公演の終盤に涙を流したことについて「自分でもびっくりしました」といい、「最後(アンコール)の『10年桜』でみーちゃん、峯岸(みなみさん)の顔を見たら、涙が出てきて。みーちゃんの顔を見ると、みんな泣いちゃう」と振り返った。

 またこの日、29歳の誕生日となる4月19日に東京・秋葉原のAKB48劇場で行われる劇場公演をもってグループから卒業することを発表したが、「実感なくて……。あした、終わったら実感が湧くのかな」と語っていた。

 この日は、現役グループメンバー123人が参加し、卒業生の高橋みなみさん、秋元才加さん、松井咲子さんも登場。お笑いコンビ「おぎやはぎ」、「アンジャッシュ」の児嶋一哉さん、「アンガールズ」の田中卓志さん、小島よしおさん、永野さん、元「モーニング娘。」の高橋愛さん、マーク・パンサーさん、千葉県船橋市の非公認キャラクター「ふなっしー」ら小嶋さんと親交のあるゲストが次々と現れ、コラボステージを繰り広げた。

まあ、この年齢まで粘っていたわけだし、卒業後の見通しが立っていなければ涙も出てくるだろう。
しかし、仲の良かった2人ならではの思い出が合あったのだろう。よくは知らないが。
AKBがまだメジャーになる前から引っ張ってきた2人の苦労が甦ったのかもしれないし、今のメンバーがこんなに多くテレビに出演出来るのも1期生という先輩方が努力した結果だと思う。
29歳のデブと24歳のデブが引っ張ってきたからこそ今の地位にいることを忘れてはいけない。

小嶋陽菜も卒業し、峯岸みなみもあと1年という噂もあるしもう1期生はみんないなくなってしまうんでしょうね。確かにこじはるみたいに30手前のBBAがいつまでも留まっていても困りますし下が出てこれず平均年齢を1人が爆上げしているんで、後は後輩に任せましょう!

峯岸ももう最後が近いと悟ったのかこんな発言もしてます。

1期生:板野友美、宇佐美友紀、浦野一美、大江朝美、大島麻衣、折井あゆみ、川崎希、小嶋陽菜、駒谷仁美、佐藤由加理、高橋みなみ、戸島花、中西里菜、成田梨紗、平嶋夏海、星野みちる、前田敦子、増山加弥乃、峯岸みなみ、渡辺志穂

1.5期生:篠田麻里子

2期生:秋元才加、今井優、上村彩子、梅田彩佳、大島優子、大堀恵、奥真奈美、小野恵令奈、河西智美、小林香菜、佐藤夏希、高田彩奈、野呂佳代、早野薫、増田有華、松原夏海、宮澤佐江

3期生:井上奈瑠、多田愛佳、柏木由紀、片山陽加、菊地彩香、早乙女美樹、田名部生来、仲川遥香、仲谷明香、野口玲菜、松岡由紀、米沢瑠美、渡辺麻友

残された1期はどんな立場に追いやられるのか?
そして気になってしまうのが、元AKBのメンバーも集まっていたが仕事のないメンツが多く集まったようだ。過去に神なんちゃらともてはやされていても、結局AKB時代に呼んでくれた番組も前田敦子を呼びたいんじゃなくて「AKBの」前田敦子を呼びたかったのだろう。
こうやって卒業コンサートに出てこられるのも、あとは峯岸の会だけになってしまったね。まさか図々しく2期生以降にも関与してくる気じゃないだろうな・・・もう先輩風は吹かさなくていいぞ!

話がズレたが、峯岸にはもう一度ライザップに通って拒食症と間違われるくらいに痩せて帰ってきて欲しい。そうすれば、リバウンドしても痩せたままでいられるしね!
痩せることに手段を選ぶな!

峯岸みなみ

1992年11月15日
158 cm
80 60 86 cmvia google imghp


ページトップへ