心臓病の「りたくんを救う会」は詐欺!代表岩本まどかの犯行とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

拡張型心筋症を患うりたくんが渡米し手術を行うための1億5千万を集める募金活動を行った「りたくんを救う会」代表で叔母の岩本まどか(36)。厚生労働省での記者会見も全て虚偽。募金詐欺の内容を画像つきでまとめてみます。

募金目標金額1億5千万の心臓移植のりたくんは嘘だった!

心臓などの臓器の移植には高いお金がかかる上に、自分の順番まで長い時間がかかります。

その順番を飛ばすためにほかの人よりも更に高いお金を払ったりと、手術代や海外への渡航代などで馬鹿高いお金が必要になります。

その為そういった状況にある人達の殆どが募金への協力をお願いし、さらには確実にお金を集めるため厚生労働省内で記者会見まで行う人も多くいます。

しかし今回、そのうちの一人のはずのりたくんの話が嘘だと言うことが判明しました。

りたくん本人は全く元気な6歳の男児。

勝手に写真を使い、本人が拡張型心筋症を患っていると虚偽を働いたのはまさかの岩本まどかと名乗る親族の女性でした。

りたくんは可愛らしいルックスなので同情して募金しようと思う人はきっと多いですよね。

心臓病の「りたくんを救う会」は伯母である岩本まどかが代表を務め、募金を集めるための公式HPりたくんを救う会まで開設されていました。

岩本まどかは厚生労働省内で記者会見も行い、幼い6歳の少年のかわいそうな話は新聞やテレビなどのメディア取り上げられました。

多くの人が同情の目で見ていましたが、りたくんの心臓病が実は嘘だったということが判明!

TwitterなどのSNSでは詐欺だ、逮捕だ、と批難のする声が多く見られています。

「りたくんを救う会」代表で叔母の岩本まどかの犯人像

では、「りたくんを救う会」の代表である岩本まどかとはどのような人なのか探ってみましょう。

岩本まどかは下記ツイートの中央にいるピースしている黒髪の女性だそう。

りたくんの伯母である岩本まどかは、東京都の品川区に在住の36歳。

お金が欲しいからと言ってもこんなことは許されません。

「りたくんを救う会」は、岩本まどかによって設立されたもので、りたくん本人やりたくんの両親は無関係だそうです。

しかし、HPやSNSでは、がっつりりたくんの写真を使用しています。

りたくんを救う会のホームページ

http://newbland.com/archives/1108

本人や両親には何も罪はないのにこれが一生ネットにのこってしまうなんて…。りたくんを救う会によると2016年1月の事、高熱が続き夜中にいきなり呼吸困難を起こし病院に向かったところ、拡張型心筋症だと診断されてしまい、手術でりたくんに心臓移植を行う以外に回復する見込みがないとのことでした。

移植を日本で待っている時間は残されて無く、来年の2月にアメリカに渡航し心臓移植を行うという計画立てたそうです。これらは全て岩本まどかによる嘘だったのですが、とても手が込んでおり疑いを持ちようがありませんでした。

HP記載のりたくんの手術にかかる渡航費用内訳

https://xtreeem.com/I0010868

岩本まどかの作ったHPのスクリーンショットですが、手が込んでいますね…。渡航し手術を行うためにかかる費用はトータルで約2億円。そして親族からの援助で集まった金額は5000万円。それを引いた1億5千万円が募金の目標達成金額でした。

岩本まどかはいったいどのようにして導き出した金額なのでしょうか。今はネットでなんでも調べられる時代なので、もしかすると実際にその病気で辛い思いをしている方などの数字からいじったものなのかもしれませんね…。

こちらはFacebookに投稿されてたもののスクリーンショットです。

嘘でこんなことがかけるなんて岩本まどかの神経を疑いますね。

岩本まどかは会社の人達まで巻き込んで嘘をついていたんですね…。

岩本まどかに騙された同僚や上司は今どんな気持ちなのでしょうか。

嘘だけを重ねまくっているんですね。

Amebaブログなどでも「記者会見乗り越えたらまた一緒にディズニーランド行きたいなあ」「本日、記者会見。心臓バクバク、手が震えていますが、りたの為に頑張ります」などという書き込みを岩本まどかは行っていました。大したもんです。

嘘がバレたあとの岩本まどか

そして、とうとう嘘がバレた岩本まどか。嘘がバレたあと、取材ではこのようなことを話していました。

詐欺の犯人岩本まどかによると、注意欠陥多動性障害(ADHD)のため2016年5月に働くことが困難になったそう。そのため生活していくことが苦しくなり嘘をつき募金でお金を集めることを思いついたそうです。

 

そこから10月に団体のHPを作成。すると支援をしてくれる方から記者会見を行うよう善意のアドバイスをもらい、岩本まどかは引くに引けなくなってしまいここまで来てしまったそうです。“食べていくにも困っており、父から『死にたい』と言われ、うその募金を思いついた。”とのことですが、りたくんやその両親に無断で写真を使用し嘘で塗り固め、募金の振込先までHPでに載せ、あげく記者会見を行ったというのは同情の余地もない悪事です。

現在りたくんのご両親は弁護士とどう対応していこうか話をしているそうですが、しっかり岩本まどかには法に裁かれ罪をつぐなっていただきたいです。実際に心臓病で苦しむ少年がいなかったのは安心ですが、今後こういった病に苦しみ 募金活動を行う方々に悪い影響がないことを祈ります。

岩本まどかは逮捕されるのか

りたくんの両親は、岩本まどかに対し被害届を出そうかと検討しているようです。もし、被害届が出てしまった場合は、岩本まどかは詐欺行為を行ったとして逮捕される可能性があります。

被害届が受理されると、事件として捜査が開始されます。たとえば、もし岩本まどかのもとに募金としてお金が集まっていないのであれば、詐欺罪にはならないそうですが、しっかり会見などをしているうえに、HPやSNSの投稿もこだわっているので、恐らく募金は集まっていることでしょう。

そうなると、嘘の理由で募金をしてしまったことになるので、岩本まどかは詐欺罪にあたり、逮捕される可能性は十分高いです。

岩本まどかは懲役刑や罰金刑になる?

もし、岩本まどかが詐欺罪として逮捕された場合は、刑法246条に則って罰せられます・

人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。
前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。

http://www.newsch.info/archives/67058940.html

もし岩本まどかが懲役刑となる場合、反省の余地がなかったり、あまりに悪質な犯行だと判断された場合は、最長で10年の懲役になります。しかし、岩本まどかの場合は、反省しているうえに前科もありません。

また、仕事ができなくなり、生活をするために行ったとしっかり説明していることから、10年の懲役はないと思われます。岩本まどかが懲役刑となった場合は、だいたい3年前後となる可能性が高いでしょう。

ちなみに、詐欺罪の場合は罰金刑というものがないため、逮捕されれば懲役刑として刑務所行きになることは確実です。ただ、岩本まどかは集めたお金を全額返金するとも言っているため、もしかすると懲役刑ではなく、執行猶予になる可能性も十分考えられます。

懲役刑でも執行猶予でも、どちらにせよ、岩本まどかは罪をしっかり償わなくてはならないということは間違いないでしょう。

ヒカルに文春砲!詐欺まがいで炎上

【文春】元巨人、越智大祐が結婚詐欺&野球賭博で訴訟か

ネイマール、詐欺行為で禁固2年、12億の罰金刑を求刑!

まとめ

岩本まどかは生活が苦しくなったがために、「りたくんを救う会」を設立して募金を集めました。写真はもちろんのこと、救う会の設立もりたくん本人の両親に無断で行っており、被害届も出される可能性があるようです。なお、被害届が出された場合、岩本まどかは逮捕される可能性が高いです。

ただし、岩本まどかは今回の詐欺を反省しているようですし、全額返金するとのことなので、懲役刑ではなく執行猶予程度に留まる可能性が考えられます。いずれにしても、岩本まどかが行った行為は許される行為ではありません。しっかり反省して、二度とこのようなことがくり返されないようにしてほしいですね。