山田涼介主演ドラマで脳腫瘍の高校生を演じる。妹も難病で重なる想い

ジャニーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優として活躍中のHey! Say! JUMPの山田涼介。2015年24時間テレビ内ドラマで脳腫瘍の高校生を演じ高い演技力が評価されました。そんな山田涼介には難病だった妹がいた?ドラマへの想い、家族への想いとは?

山田涼介がドラマで脳腫瘍の高校生を熱演!

Hey! Say! JUMPのなかでも、演技力の高さが評価されている山田涼介。

2015年の24時間テレビスペシャルドラマでは、難病の弟をもち、さらに自身も脳腫瘍を患うとても難しい役どころに挑戦しました。

当時の山田涼介は役作りでもかなり努力したとのこと。

そして、山田涼介にはこのドラマに関して、とても思い入れがあったのです…

それは自身も過去、同じ境遇にあったから。。

一体どういうことなのでしょうか?

今回は山田涼介が脳腫瘍の高校生を演じたドラマ「母さん、俺は大丈夫」についてご紹介したいと思います。

山田涼介主演「母さん、俺は大丈夫」のあらすじは?

まず、山田涼介主演の「母さん、俺は大丈夫」のあらすじについてご紹介しましょう。

山田涼介の役どころは、サッカー好きな高校生。

三人兄弟の次男でした。

弟が7歳のときに、難病を発症。

母親を含む家族はみんな三男の世話をやく毎日でした。

一方で、山田涼介演じる諒平はサッカー部の副キャプテンを務めるほどになりました。

そんなある日、諒平が突然倒れます。

診断の結果、急性脳腫瘍であることがわかります。

諒平は自身の病気を受け入れなければならない状況で、サッカーができない悲しみなどに葛藤します。

そして、サッカーのピッチに戻れることを信じ、闘病生活を送るという実話を元にした作品です。

山田涼介は難病の弟をもち、さらに自身も辛い病気で…というかなり難しい役に挑戦していますね…

山田涼介はこの難しい役柄を演じるうえで、努力の役作りを行ったそうです。

山田涼介が脳腫瘍の高校生を演じるための役作りは?

山田涼介は脳腫瘍の高校生を演じるうえで、考えたことは体型でした。

やはりここまでの病気を患うと、みんなが想像するのが痩せ細るということですよね。

脳腫瘍の病状として、頭痛や嘔吐、目のかすみなどがあげられており、とくに嘔吐と聞くと食欲を失ってしまうのではないか?とイメージをもってしまいます。

さらに、治療を始めると放射線治療や化学療法などが行われる可能性もありますから、痩せてしまうのも仕方のないことでしょう。

ということで、山田涼介は減量するという役作りに挑みました。

そして、山田涼介は1ヶ月で6キロもの減量に成功!

ファンが心配するほどの激痩せとなったのです。

山田涼介は元々太りやすい体質で、ほっぺたがぷくっとなっているのが特徴とも言われていましたw

そんな状況下で1ヶ月に6キロなんて!!!

すごいですね~

役者魂でしょう。。

他にもけいれんの動きをお医者さんからレクチャーしてもらうなどなど、とにかく脳腫瘍患者の諒平を真剣に演じました!

山田涼介の妹も難病?役柄が重なる作品への想いと家族への想い

では、ドラマのあらすじや山田涼介の役づりをご紹介したところで、ドラマの予告編動画を見ていただきたいと思います。

こちらです。

最後に驚きの告白がありましたよね。

そう、山田涼介の実際の妹も過去、難病を患っていたそうです。

一体どんな病気を患っていたのでしょうか?

山田涼介の妹は何の病気だった?病名は?

山田涼介は妹の難病について、病名はふせてはいましたが、幼稚園から高校生くらいまで患っていたこと、当時としては全国に10人いるかいないかの難病だったことを告白しました。

ネット上では、この情報を頼りにいろんな病名があがっています。

例えば、亜急性硬化性全脳炎。

詳しい解説を引用します。

亜急性硬化性全脳炎は英語ではsubacute sclerosing panencephalitisといわれ、その頭文字をとってSSPEともいわれています。麻疹(はしか)ウイルスによるゆっくりと進行する脳の炎症(脳炎)です。麻疹に感染してから、数年の潜伏期間(5~10年)の後に発病するという特徴があります。発病後は数月から数年の経過(亜急性)で神経症状が進行します。治療法は確立されておらず、現在でも予後が悪い病気です。
このように潜伏期間が数年と著しく長く、ゆっくりと進行するウイルス感染を遅発性ウイルス感染と呼んでいます。SSPEはその代表的な病気の一つです。

拘束型心筋症の可能性もあると指摘されていました。

拘束型心筋症とは、心室の拡張や肥大を伴わず、見た目の心臓の動きも正常であるにも関わらず、心臓が硬くて広がりにくいため心不全としての症状をきたす病気です。このような病態は、様々な病気に伴い発生します(二次性拘束型心筋症といいます)が、一般に「拘束型心筋症」と言う場合は、特発性つまり原因がわからずこの疾患を発症した場合のことを指します。

山田涼介の妹が現在は完治したとのことですので、予後が悪い病気ではないとは思うのですが…

まぁ確実な病名は不明といったところでしょう。

現在は元気だというのは、良かったですね!

山田涼介はサッカーも大好きだったとのことですから、かなりドラマの諒平と境遇が重なっていることがわかります。

山田涼介はこのドラマに対する意気込みをこう伝えました。

山田涼介の作品への想い、家族への想い

こちらが山田涼介がドラマ撮影に望む際に発表したコメントです。

台本をもらったばかりでまだ手探りの状態ではありますが、諒平くんの生き方に感動しました。

なぜ自分が選ばれたのかという理由を考えながら、この作品に対して、失礼のないように演じていきたいと思っています。ドラマを通して、家族の愛や友情の大切さをいろんな人に感じてもらえたらうれしいです

なぜ自分が選ばれたのかを考えながら…という部分に作品への想いを感じますね~

自分の境遇に似ている、この作品を大切に演じていこうという意気込みを感じました!

さらに、山田涼介は自ずと知れた仲良し家族だったんです。

とくに妹に対しては、かなりの溺愛っぷりで彼氏ができた妹にデート用の服を選んであげたりフラれたときは相談にのったり…妹からのダメ出しが1番きついと発言したこともあるそう。

かなり仲良しきょうだいですね~

山田涼介は妹だけではなく、姉や両親ともとっても仲良しなんだとか。

すごい!!

きっと、このドラマを演じるうえで自身の家族と重ねる部分もあったんじゃないかな~といろいろ想像してしまいますね。

そんな素敵な家族で育った経験があったからこそ、「母さん、俺は大丈夫」を見事に演じきることができたのかもしれません!

山田涼介の妹のインスタがツイッターで大炎上!理由はあの画像…

山田涼介の私服がイケてる!私服画像まとめ!

山田涼介がイケメンすぎてまぶしい!画像大量まとめ

山田涼介、宮田聡子とは破局してた!?ファンからの批判が原因か

Hey!Say!JUMP山田涼介が精神科で目撃される…病んでる3つの理由とは

山田涼介とTWICEモモが熱愛疑惑!?2019年現在は宮田聡子と交際中?

まとめ

今回は山田涼介が脳腫瘍の高校生を演じたドラマ「母さん、俺は大丈夫」についてご紹介しました。

山田涼介とドラマ主人公、諒平にはサッカー好きなこと、難病のきょうだいがいるなどの共通点がありましたね。

これを見て、実際のドラマを見たい!

そう思った方も多いはず。。

そんな方はDVDでご覧下さいw

山田涼介の役作りや現実と重なる境遇をどう演じているのか!

じっくりを見てもらいたいと思います。

これからもいろんな役どころに全力で取り組んでくれそうな山田涼介。

次の作品にも期待したいですね!



ページトップへ