山本裕典が芸能界復帰か!現在はバーの経営不振で苦戦中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事務所に契約を解除され、芸能界を引退した山本裕典が、2018年に芸能界へ復帰しようと熱望しているようです。復帰を熱望している理由は、どうやらバーの経営不振が背景にあるようですが、果たして真相は…?

山本裕典が2018年に芸能界復帰か

2017年3月に突然芸能界から引退した人気俳優の山本裕典が、2018年には芸能界へ復帰したいと熱望しているようです。

山本裕典が芸能界を引退したのは事務所が契約を解除し解雇にしたからです。要するに、山本裕典は事務所をクビになってしまったから、芸能界を引退せざるを得なくなってしまったのです。事務所側も山本裕典を「マネージメント業務委託契約に違反したため」と、解雇理由を公表しています。

via google imghp

そんな事務所をクビになってしまった山本裕典ですが、俳優として多数の作品に出演していましたよね。事務所をクビになる直前の2017年1月に放送されたテレビ朝日の『不機嫌な果実スペシャル〜3年目の浮気〜』や、3月に放送された『金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画 北風と太陽の法廷』にも出演していました。

しかしながら、度重なる契約違反で事務所もお手上げとなり、俳優として魅力のある人物ではあったものの解雇となってしまったようです。

via google imghp

引退後の現在は六本木でバーを経営していますが、どうやら芸能人時代が忘れられないのか、2018年には芸能界を復帰することを企てているようです。

山本裕典が現在と真実を語る。復帰はいつ

六本木のバーが経営不振に

じつは、山本裕典が芸能界復帰を熱望しているのも、六本木のバーの経営がうまくいっていないからだそうです。

引退直後はファンが押し掛けたりして、客入りがよかったそうですが、それは山本裕典が芸能人であるからで、ただの一般人となってしまったいまでは売上に伸び悩むようになってしまったそうです。

via google imghp

アイドル的な人気があった山本裕典ですから、やはり一般人に戻ってしまったうえに女性関係のスキャンダルも多かったので、イケメンであってもお店の経営面では通用しなかったようです。

現在、バーは顔見知りの友人や業界人たちに、飲み会や合コンの場として使われることはあるようですが、毎日まとまった売上があるわけではないので、月間売上でいうと厳しい数字になっているようです。

via google imghp

そのため、山本裕典は親しい友人たちに「来年(2018年)には芸能界に復帰する!復帰したら売上も回復できる!」と話しているそうです。


山本裕典の引退は素行不良が原因

山本裕典の引退の原因は度重なる契約違反によるものです。大きな原因としては、飲食店の経営を副業としてしていたこと(おそらくバーのこと)です。事務所と何度も話し合ったそうですが、経営をやめることができず解雇になったようです。

しかし、山本裕典はこれだけでなく女性関係のスキャンダルも多かったようです。過去には前田敦子や榮倉奈々との熱愛報道が出ていましたし、一般女性とお泊りしたり、キャバクラ嬢をお持ち帰りしてベッド写真がばら撒かれたりと、女遊びが激しかったようです。

via google imghp

さらに、引退直前の2017年1月には、地下アイドルのプレイボールズとして活動していた越智美咲をお持ち帰りしたことが、『FRIDAY』にて報じられました。なお、越智美咲は報道後に契約解除されています。

大々的に報道されている女性関係のスキャンダル以外にも、クラブやイベントでナンパしたり、キャバクラに通ったりと山本裕典は派手に遊んでいたようです。都会のみならず地方にまで手を伸ばしているようで、とくに福岡の中洲のキャバ嬢のあいだでは、山本裕典の名前がよく挙がるそうです。

via google imghp

スキャンダルが報じられたあとも、懲りずにすぐに飲み歩く姿が目撃されるなど、女遊びの噂が絶えないようです。

山本裕典、アイドル卵の彼女と手つなぎデート熱愛で解雇か

山本裕典が契約違反で解雇!理由は副業とフライデー?

山本裕典の芸能界復帰は難しい?

ドラマや映画で主役やメインを多数こなしてきた山本裕典は、俳優としては魅力があり面白い人材です。契約解除になっていなければ、現在も活躍し続けることができたのではないでしょうか。

しかし、そんな魅力的な人材であっても、事務所の解雇理由が「契約違反」ですし、女遊びが激しい分この先のトラブルやスキャンダルが発生することは予想がつきます。いくら魅力的でもそのような「トラブルメーカー」に、手を差し伸べるような事務所はありません。

via google imghp

フリーでマネージャーなしでも、ネームバリューがある分、自分で営業することも不可能ではありません。しかし、山本裕典が所属していたのは大手事務所のバーニングプロダクション系列であるエヴァーグリーン・エンタテイメントです。

使ったら使ったでトラブルになることは予想できるので、関わりたくないと思っているメディアが多いのが現実です。そのため、山本裕典が芸能界に復帰するのは、かなり難しいのではないかと言われています。

まとめ

山本裕典は六本木のバーが経営不振のため、芸能界に復帰して売上回復を企てているようですが、2018年の復帰はあまりにも早すぎます。スキャンダルが多く、使えばトラブルになること間違いなしの山本裕典が、芸能界に復帰するのはかなり難しいのではないでしょうか。

ファンにとっては復帰はうれしいことかもしれませんが、業界ではあまり関わりたくない人物のようなので、復帰したところで以前のような活躍は期待できないでしょう。