山本裕典が事務所を解雇された理由…芸能界復帰で真実が明らかに?

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イケメン俳優として人気だった山本裕典が所属事務所から解雇されてしまいましたが、はたしてどんな理由で解雇に至ったのでしょうか?山本裕典の本当の解雇理由と、復帰で明らかにした真実をご紹介します。

山本裕典が事務所を解雇された理由とは?

2017年3月21日、人気俳優の山本裕典が所属事務所「エヴァーグリーンエンタテイメント」との契約を終了したことが発表されました。

要するに所属事務所が山本裕典を解雇したということです。

公式サイトによると、山本裕典との契約を終了したのには以下のような理由があると発表しています。

「本日までの一連の諸事情を鑑み、山本裕典が弊社の考える基準に至らなかったため、契約内容に違反したと考え、断腸の思いで、契約を終了することにいたしました」

「私共の指導力不足を痛感しているところでもあります。 今まで長年にわたり山本裕典を応援していただいたファンの皆様、支えていただいた関係者の皆様、ご期待に添うことができず、大変申し訳ございませんでした」

また、今後について所属事務所は山本裕典を「温かく見守っていただけたら幸いです」と述べています。

この山本裕典の解雇について、所属事務所の弁護士だった佐藤大和氏は「演技に対する姿勢事務所社長が満足していなかった」からだと理由を明らかにしました。

「熱意だったりとか、本人の普段のプライベートも含めての演技って、熱、本気度って必要じゃないですか。それが社長が求めるレベルになかったということで解除となりました。社長としてはもっともっと意識を高く持って欲しかった」

佐藤大和氏はなるべく波風立てないように何度も文面を精査したことを明らかにしました。どうやら山本裕典の解雇について、事務所側もかなり山本裕典に配慮していたようです。

また、事務所側は山本裕典を解雇するまで、数え切れないほど何度も本人と話し合い熟考を重ねたそうです。

すぐに解雇せずに何度も話し合ったということは、やはり事務所にとって山本裕典は大切な存在であり、最後まで見捨てることはできなかったのでしょう。

しかし、山本裕典の熱意不足は表面上の理由であり、本質は「契約内容に違反した」という部分にあるようです。

では、山本裕典の本当の解雇理由をご紹介します。

山本裕典の解雇は契約違反が本当の理由か

エヴァーグリーンエンタテイメントは、山本裕典が「弊社の考える基準に至らなかった」ので、「契約内容に違反した」と発表しています。

しかし実際の契約違反というのは、山本裕典の熱意が足りなかったからというわけではないようです。

山本裕典の解雇理由(1)度重なる女性とのスキャンダル

まずは山本裕典の度重なる女性とのスキャンダルです。実は山本裕典は、『FRIDAY(フライデー)』に何度もスキャンダルを撮られてしまっていました。

山本裕典が初めて『FRIDAY』に掲載されたスキャンダルがこちら。

2010年、一般女性とのお泊りフライデー

一般女性とお泊りしていたところが撮られてしまいました。

ただ、女性とお泊りすること自体は悪いわけではありません。山本裕典だって芸能人である前に人間なので恋愛くらいはします。

この記事自体は特に悪いイメージを抱くものではありませんでしたが、問題は2回目以降に掲載された記事でした。

山本裕典が2回目に『FRIDAY』に掲載された画像がこちら。

キャバ嬢とのベッド写真が掲載されてしまったのです。

ちなみにこの画像自体は、山本裕典と寝ているキャバ嬢が自ら撮影をしてSNSに流したものでした。

なおこのスキャンダルに対して山本裕典は、事実を認めてブログで謝罪をしました。恋愛するのは別にいいですが、さすがにキャバ嬢とのベッド写真は著しいイメージダウンに繋がりかねません…。

そして3回目は、山本裕典が解雇になる前の2017年1月に掲載された記事でした。

2017年1月、アイドルの卵とフライデー

なんとこのときのお相手は地下アイドルの女性だったそうです…。

どうやら「プレイボールズ」の越智美咲ではないかと言われているようです。


当初はただの「疑惑」だったようですが、山本裕典の記事が『FRIDAY』に掲載されたあと、越智美咲が事務所を解雇されていました。

なお、山本裕典はさまざまな業界の人を集めた食事会で越智美咲と出会い、そのままお持ち帰りをしてしまったようです…。

ただ、山本裕典は独身であり成人をしていること、そしてスキャンダルとなった相手の女性も独身で成人であることなどを踏まえると、契約違反に該当するということは考えにくいのではないでしょうか。

しかし、山本裕典に「遊び人」の印象を抱いた人も多いと思いますし、山本裕典自身と事務所のイメージを下げてしまったことには変わりないでしょう。

山本裕典の解雇理由(2)無断でバーを経営

女性スキャンダルについては法に触れていることもなければ、契約違反と思われる内容でもありませんでしたが、どうやら本当の問題は女性とのスキャンダルではなさそうです。

どうやら本当に問題だったのは、山本裕典が事務所に無断で始めた「副業」に原因があるようです。

山本裕典がやっていた副業というのがバーの経営です。

山本裕典は2016年に事務所に無断で六本木にバーをオープンさせていました。無断なのもいただけないのですが、本当に問題なのは、山本裕典のパトロンと言われている人物をスポンサーにつけていることでした。

山本裕典のパトロンと言われている人物は、地面師として詐欺罪で逮捕された経歴を持つ男性であり、よく山本裕典を連れてキャバクラなどを飲み歩いていたそうです。

地面師というのは、長年放置されていた他人の土地や、遠方に所有者がいる土地などの登記を無断で自分に書き換えて第三者に売却する詐欺師のことです。

所属事務所は、山本裕典にこの人物の関係を断ち切るようにと採算注意していたそうです。

しかし山本裕典は、事務所の注意を全く守らず、さらには反発するかのようにこの人物をスポンサーにつけてバーを無断でオープンさせてしまいました。

これが原因で、ついに事務所が業を煮やし山本裕典の契約を終了させたと言われています。

ただ、山本裕典のパトロンの存在自体真偽は不明であるため、あくまでも噂程度のものだと考えたほうがよさそうです。

しかしその一方で山本裕典は解雇後に「以前から世話になっていた社長の会社で、取締役をやらせてもらっています」と証言しているため、もしかするとパトロン的存在はいたのかもしれません。

2019年8月に山本裕典が芸能界復帰!真相を語る!?

山本裕典が事務所を解雇されてから2年以上が経過した2019年8月5日、山本裕典がついに芸能界に復帰し、公の場に現れました。

この日は都内でミュージカル「マイバケットリストSEASONS」の制作発表記者会見が行われていました。

山本裕典は復帰に関して、解雇された当初は芸能界に戻るつもりはなかったそうですが、舞台、CM、映画と3つのオファーが重なったことで縁を感じ、芸能界に戻ってみようかと決意したそうです。

なお、山本裕典は会見にて自身の解雇理由は「社長との意見のズレから」「法律に触れるような薬物や淫行はしていない」「遊びすぎて本気で仕事をしていないと思われてしまったのだと思うと」と説明しました。

<こちらもオススメ>

山本裕典が現在と真実を語る。復帰はいつ

ゲスい山本裕典の過去出演ドラマを最後に見ておこう!!

山本裕典、アイドル卵の彼女と手つなぎデート熱愛で解雇か

「山本裕典、行きつけのバーで…」「GACKT、雀荘で…」など、裏情報満載!

まとめ

山本裕典の事務所の解雇理由についてはさまざまな憶測が飛んでいますが、やはり無断で副業を始めたことが大きな原因だったのではないでしょうか。

事務所としては副業以前に、俳優として仕事に専念してほしかったと思いますし、そのような部分から「熱意不足」だと思われてしまったのでしょう。

本格的に芸能活動を再開した山本裕典。数少ないファンのために戻ろうと決意したそうですが、はたして今後はきちんとファンの声に応えることができるのでしょうか。



ページトップへ