小沢健二、嫁がアメリカ人の才女で子供2人!家系図もやばい!

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小沢健二は独身だと思っている人もいると思いますが、実は、嫁も子供もいると言われています。しかも。小沢健二の嫁はアメリカ人のため、国際結婚をしていることになりますね。才能豊かな小沢健二の嫁はどんな人物なのでしょう?

小沢健二の嫁はアメリカ人の才女

小沢健二は、普段の様子から見ると、音楽の才能に溢れていて、独特の空気を出しているので、私生活をおもむろに見せるイメージがありませんね。そのせいか、小沢健二が結婚していることを知らない人もいることでしょう。しかし、2010年の6月に発売されたフライデーにて、小沢健二が2009年に結婚していたことをスクープされています。

via google imghp

結婚をフライデーでスクープされる

2010年6月18日発売の写真週刊誌『フライデー』は、小沢がアメリカ人写真家のエリザベス・コールと前年末に結婚していたと報道した。

フライデーでは、「極秘結婚」と、大々的にスクープされたようですね。仲良さそうに買い物をしている姿をキャッチされたようです。きっと、極秘にしてたわけではなさそうですが、結婚していた事実にビックリした人は多かったことでしょう。小沢健二の嫁は、「エリザベス・コール」という名のアメリカ人女性です。結婚相手が日本人ではないところも、小沢健二らしいですね。

via google imghp

小沢健二の嫁

エリザベス・コールさんは、1976年生まれのアメリカ人で名門ブラウン大学等を卒業した才女。仕事は映像・文学・文筆活動などで、メキシコにある新聞社での報道写真・レポートや、その他にも雑誌への寄稿をされていたといいます。結婚後は小沢健二さんの音楽活動を手伝う(舞台美術・デザイン等)ことがあるそう。

小沢健二は、東京大学を卒業しており、音楽の才能にも恵まれたかなり優秀な人物ですが、実は嫁のエリザベス・コールも名門ブラウン大学を卒業している才女だと言われています。ブラウン大学と言えば、ノーベル賞受賞者も数人いるほどの名門校で、ハリーポッターでお馴染みの「エマ・ワトソン」が通ったことでも知られています。

エリザベス・コールは、写真家として活躍しており、新聞に使われたこともあるようですね。小沢健二は、嫁までも才能豊かな人物を選んでいるのですね。才能ある同士、自然と惹かれるものがあったのかもしれません。

小沢健二には2人の子供がいる

実は小沢健二には、嫁だけでなく子供も2人います。2013年に長男の凛音(りおん)、2016年10月には次男の天縫(あまぬ)が産まれており、名前がとてもオシャレなことでも注目されています。名前の由来は公式HPにより公表されたようですね。

長男の凛音は、スペイン語で「リオ」は川を表し、小沢健二にとっても、妻のエリザベス・コールにとっても昔から川に縁があることから名付けたようです。

via google imghp


小沢健二、パパになっていた

2012年12月25日、公式サイトでエリザベスの妊娠を発表した。2013年6月に長男・凛音(りおん)が、2016年10月に次男・天縫(あまぬ)が誕生している

次男の天縫に関しては、「フクロウの声が聞こえる」の歌詞である「天を縫い合わす飛行機その翼の美しさを」の部分から取って名付けたようです。名前の由来までもがオシャレで、小沢健二にしか付けられない特別な名前という感じがして、子供達が羨ましいですね。

小沢健二いわく、長男と次男はとてもよく似ているとのことです。なんと、タモリに会わせたことがあるらしく、タモリは「小沢健二そっくり」だと語っています。子供も才能あふれた人物になりそうですね。

小沢健二、家族は著名人ばかり

小沢健二は、自分自身もとても有名で人気のあるシンガーソングライターとして活躍していますが、家族や親族構成が著名人ばかりで、才能豊かな人物で溢れているのです。幼いころから、色んな才能に囲まれて育った小沢健二なので、今の小沢健二がいるのかもしれません。

via google imghp

小沢健二自身も凄いシンガーソングライター

小沢健二は、両親ともに優秀な人物で、父はドイツ文学者の小沢俊夫、母は心理学者の小沢牧子で、両家ともに有名人が多いことで知られています。父方の祖父には、民族主義者で、歯科医師の小沢開作や、叔父に彫刻家の小沢克己がいます。

母方のほうには、下河辺牧場の創業者である祖父、音楽プロデューサーの下河辺晴三がいます。父も母もその周りも、著名人や経済人が多く、本当に「世界の小沢」という感じがしますね。

via google imghp

叔父に小澤征爾

また、父方の叔父には、世界的な指揮者である小澤征爾(おざわせいじ)がいます。ウィーン国立歌劇場音楽監督までも務め上げた経験があり、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団名誉団員、ボストン交響楽団桂冠音楽監督などの称号を持つ、知らない人がいないぐらい有名で凄い人物です。小沢健二の音楽の才能はここからきているのかもしれません。

via google imghp

従兄は小澤征悦

さらに、父方の従兄には、小澤征悦(おざわゆきよし)がいます。小澤征悦は、大河ドラマを始め、数多くのテレビドラマや映画、舞台に出演している大物俳優のため、小沢健二、小澤征爾同様に有名な人物ですね。ただ、小沢健二の従兄であることは、知らなかった人もいるようです。

他にも、作家の小沢征良、俳優の小沢幹雄も小沢健二の親族です。これだけ周りに凄い人物がいると、小沢家のDNAが素晴らしいとしか言いようがない気もしますね。そんな小沢家の嫁となったエリザベス・コールもまた、才能のある人物なので、小沢健二の子供達の将来からは、目が離せません。そのうちかなりの大物として登場するかもしれません。

まとめ

小沢健二は、2009年に結婚をし、嫁はアメリカ人のエリザベス・コールで、ブラウン大学卒業の経歴を持つ素敵な女性です。また、子供も2人いて、長男は凛音、次男は天縫というキレイな名前がついています。家族や親族も有名人が多いのですが、小沢健二自身が素晴らしい人物なので、家族に埋もれることが全くないですね。これからも、素敵な音楽を我々に届けてほしいですね。



ページトップへ