希望の塾

東京都の知事となった小池百合子ですが、政治家になるための養成塾として政治塾を設立しました。その名も「希望の塾」です。日本では政治家になる人が多くなく、二世や三世が政治家の大半を占めている状況です。加えて、日本の政治家の能力の低さや問題発言が際立ち、多くが金持ちなため民衆の意見に寄り添えていない現実があります。「政治家=金持ちで悪いおじさん」という図式になり、世間の印象はとても悪いです。
そのような流れを変えるべく小池百合子が動き始めました。「希望の塾」は今の政治家では満足できない人が政治家になることを手伝ってくれるものとなっています。政治家育成塾として、政治や経済について教える画期的な塾です。問題が度重なっており、政治への関心が高まっている今、民衆のニーズに合った学習ができると言われています。
小池百合子が塾長ということで、東京都知事に選ばれたことからもわかるように大変期待値が高いです。募集人員が決まっているため全員は入れませんが、入塾できた人は高い倍率を通り抜けているのでとても嬉しいでしょう。芸能人からも何人か入塾が決まっていたこともより世間を賑わせることになりました。小池百合子のメディア戦略は大成功ですね。
2016年7月の東京都知事選挙では、291万票余の都民の信託をいただくことができました。そして現在においても都政への注目度は非常に高く、いかに都民・国民の改革への期待が大きなものかを痛感する毎日です。

しかし、熱意だけで改革を推し進めることはできません。改革には緻密な政策や知識、そして何より、ともに実現に向かう同志が必要になります。そこでこのたび、「希望の塾」を開講し、志を同じくする人々が学び合える場を創設することと致しました。

これまでに見たことのない政治、東京大改革に向けて、ともに歩みを進めて参りましょう。
▲小池百合子塾長の挨拶
小池百合子

小池百合子

via google imghp

希望の塾から都議選候補者擁立

ともに改革実現をしていく同士を求めている小池百合子は早速「希望の塾」を使っていくようです。都議選は2017年6月25日が予定されており、2016年12月現在から考えれば、あと半年という短い期間しか残されていません。対立を深めている自民党と対決するためにも候補者が多数必要になります。
ということは「希望の塾」は日本全国誰でも参加可能で政治を学ぶ場と言いながら、都議選に出馬させる候補者の擁立という側面も持っているということです。実際これは周知の事実だとは思いますが、大胆で効果的な手法を使ってきたことは誰もが賞賛するレベルでしょう。手っ取り早く政治に関心がある人を集められ、都議選に立候補させられるので、あと半年と迫ってきた都議選にも間に合いそうです。
以前にも橋下徹が維新政治塾を設立し、一大橋本旋風を巻き起こしました。新党設立に加え、石原慎太郎が代表する党と合わさり、突如国会に大勢力が誕生するというすさまじいスピードで事が進みました。小池百合子も橋本に匹敵するかそれ以上も考えられます。
希望の塾

希望の塾

via google imghp

新党結成が目前に

小池百合子が塾長を務める塾から候補者を出すことは、すなわち新党設立も秒読みだといえます。小池百合子を支援した7人の侍と言われる区議は有名となりましたが、ついに自民党から首を切られてしまいました。前代未聞のお触れを無視した行いについての責任を取らされたのは間違いありませんが、世間からすると意味が不明であり、自民党の評価が著しく下がっていることは確実です。
小池百合子も同様に自民党所属であり、7人の侍は自民党が推薦した候補者ではないかもしれませんが、同じ自民党所属の小池百合子を支援しただけです。自民党が自民党を支援したにも関わらず除名処分になってしまうのは理解しがたいです。その7人の侍である豊島区議や練馬区議を助けるためにも新党設立は必須の行為です。以前から新党設立をほのめかすような話はしているので、自身が自民党から離党した後、7人の侍とともに新しい政党ができるでしょう。
現在都議会では小池百合子が都議会自民党と完全に対立しており、思うように動けない状況にあります。「東京都のために尽くしているのに邪魔をする自民党は何をしているんだ」と批判する声も目立つようになり、自民党が非難されていますが、本当の現状を覆すためには都議選に勝利し、議員の人数からひっくり返すしかありません。「希望の塾」、7人の侍を含め、小池百合子劇場が始まるのが楽しみですね。
7人の侍

7人の侍

via google imghp

希望の塾次第で東京が変わる

以上のことから「希望の塾」が小池百合子の新党結成や7人の侍問題、それ以外にも東京オリンピックや豊洲移転・盛土問題など山積しているものを助ける決定打となりそうです。それにはまず「希望の塾」から選定するであろう候補者の育成から図らなければなりません。過去に大きな問題を起こしている人は絶対に除くように調査した後、政治家としてどのように行動すべきかなど基本的なところからも教える必要があるでしょう。
肝心の政治に関してもきちんと教え、いついかなる時でも無知をさらけ出さないようにする必要があります。鳥越俊太郎のように無知がバレてしまえば、いかに都民でも票を入れることはありません。「希望の塾」で学ぶ人のレベルや熱意、教える人の上手さなども大きく関わってきます。一つの塾が東京を変えることもあると肝に銘じて取り組んでほしいです。
20 件

関連する記事

【都知事選挙2016】開票結果まとめ

7,505

鳥越俊太郎が小池百合子の揚げ足取りをするも完全に論破される

7,184

2016年7月の芸能エンタメニュースネタベスト20総まとめ

2,281

2016年8月1日の最新芸能エンタメニュースネタ速報まとめ◎

1,087

【動画】都知事選の鳥越俊太郎、街頭演説わずか1分

1,022

石田純一出馬断念・・・得たのは天文学的数字の違約金のみ

763

関連するタグ

著者