小栗旬の自宅が原因で住民大激怒!さらには警察沙汰に!

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

小栗旬と山田優が住む自宅が原因で近隣住民が大激怒しているようです。一体自宅で何が行われているのか?

小栗旬と山田優夫妻が住む自宅が、「ご近所トラブル」で話題となっています。近隣住民から苦情が殺到しており、警察沙汰となるまで発展しているようです。

@eleanore_wentworth)さんの投稿

小栗旬

via google imghp小栗旬は2014年に、自宅マンション近くに稽古場としても使える2億5千万円の超豪邸をキャッシュで購入し、当時はかなり話題となりました。

地上三階建て、地下一階の広さを誇るぶん、空調もそれなりにパワーを必要としたもので、一階の室外においてあるエアコンが見たこともないほど強力で、排気音がものすごい音を立てるそうです。


小栗旬 豪邸

一般人でも騒音やごみ問題などでご近所トラブルになることがありますが、芸能人となると、さらに冷めた目で見られてしまうことでしょう。via google imghpあまりにもうるさい室外機に耐え切れなくなったご近所さんは、警察の方に事情を話し、代わりに小栗旬夫妻に苦情を伝えてもらったそうです。その後、室外機は小型のものに変わり、きちんと対応してくれたようにも思えましたが、小栗邸のトラブルはまだまだ他にもあるようで・・・

小栗旬と山田優

via google imghp実は騒音トラブルは完全に解決したわけではなく、稽古場として建てた小栗邸は、たくさんの仲間達が集るので、人の声がかなり響くそうです。稽古の他にも飲み会で騒いでいる声が響き、これにはご近所さんも「うるさい!」と怒鳴ることもあるといいます。

さらに、今年1月には『町内会費を支払っていない』としてトラブルになっていたこともあるため、小栗家を「厄介者」として見てる住民も多く「この町から出て行け」とという声さえ出ているようです。家が建った際には山田優が子どもを抱いて、挨拶回りに来たそうですが、騒音で警察沙汰になった以降、小栗旬は近所の人とすれ違っても挨拶をしなくなったといいます。

ご近所付き合いが全くなくなってしまった今、ご近所との溝は深まるばかりで、まずは感情のもつれを解消していくのが何よりも大事なのかもしれません。


ページトップへ