乳癌ステージ4公表の小林麻央、念願の幼稚園運動会に参加

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 

乳癌で闘病中の小林麻央(34)が、自身のブログで目標であった子供達の運動会に参加したことを公表。闘病を支える夫・市川海老蔵(38)や子供達との最新エピソードを紹介します。

小林麻央、目標であった長男長女の運動会に参加!

乳癌闘病中で、病状がステージ4であることを公表したフリーアナウンサーの小林麻央(34)が2016年10月10日付けのブログで、 長女・麗禾(れいか)ちゃん(5)と長男・勸玄(かんげん)くん(3)が通う幼稚園の運動会に参加したことを報告。運動会への参加は、闘病してから初めて決めた目標だったそうです。
二人の通う幼稚園は、有名私立幼稚園ではなくごく普通のご近所幼稚園だそうで
運動会前には海老蔵がブログでマスコミに向けて取材自粛を要請するなどピリピリした様子でした。

素敵な笑顔ですね!

「幼稚園の運動会、
行ってまいりました!!
ありがとうございます。

思えば、
闘病してから
初めて、決めた目標でした。」

一時は、手術を受けられるような状況ではなく、病状が深刻だった時期もあったとの事ですが
2016年10月1日付のブログで、根治目的ではないが局所コントロールとQOL(生活の質)を向上させる目的の手術を受けたと報告されていたので
その手術が成功し、術後順調に回復されたので運動会に参加できたのでしょうね・・本当に良かったです!

麻央運動会参加に喜びの声も続出

ママが運動会に!子供達の反応は?

長女の麗禾ちゃんは

応援にきてくれてありがとう!と言い
と、麻央の体をぎゅっと抱きしめたそう。

去年に引き続きカメラマン兼応援団として参加した実姉でフリーアナウンサーの
小林麻耶(37)は自身のブログで以下のように思いを綴っています。

@mikiya_m39)さんの投稿

懸命に妹を支え続ける小林麻耶

via google imghp

「運動会に妹が行くことができて…
本当によかった。

子供たちの
ママを見つけたときの嬉しそうな顔、
忘れられません!」

入院生活が続いていたなか、麗禾ちゃんも勸玄くんも寂しかったと思うのですが
大好きなママやねぇね(小林麻耶)が運動会にきてくれて本当に嬉しかったのでしょうね!小林麻央ブログ「KOKORO.」では、、病気に打ち勝つという前向きで強い思いが記されていますが
彼女が病気と闘う決意をされた瞬間も以下のように綴られていました。

乳癌である可能性が95%だと知った直後の麻央の決意

再検査で針生検をおこなった医師から

乳癌は長い付き合いとなるので頑張ろう
と言われ
え?癌は確定なの?と戸惑う麻央

すかさず、とぼけて癌である可能性は?と質問するも
95%の確率で癌である・・


という回答が・・・

家族の付き添いもなく、一人の時に突然
ほぼ癌であることを告げるのはちょっと酷な気がします・・

麻央はそのあと、一人で入ったレストランで美味しくないパスタを食べながら涙を流したが
子供達の顔をみた瞬間、病気と闘う決意をしたそうです

「公園帰りのパパ、れいか、かんげんが
遠くに見える。

れいかが、私に向かって
はじける笑顔で走ってくる。

パパも笑っている。
いつからこんな優しい顔をするように
なってたんだろう、と思った。」

「この子たちのママは
私ひとりなんだ、
という喜びと怖さに、心がふるえた。
絶対治す!と誓った。」

本当は怖くて不安で泣き叫びたかったと思います。
でも子供達を前に奮い立った・・
母は強しといいますが、、この時点で病気に立ち向かう決意をした麻央・・凄すぎます。

闘病中の麻央を支える家族達

現在、闘病中の麻央を家族一丸となってサポートしている海老蔵・麻央の家族達。
そんなご家族との心に残るエピソードを紹介します。

<夫・市川海老蔵>

@ebizoichikawa.ebizoichikawa)さんの投稿

最近、「やつれた?」と心配の声も・・via google imghp海老蔵が麻央にプレゼントした幸運の招き猫は、人気すぎて入手困難とされる
大分県由布市にある工房の輪葉葉の手作り招き猫。
宮田敏雄さんという陶芸家がたった一人で作っているそうで、長年に渡り毎日完売しているそうです。
この招き猫には多数の幸運エピソードがあるようですが、手に入れた人が高額の宝くじに当選したり
大関だった元横綱の朝青龍がこの招き猫を手に入れてから勝ちが続き、翌年横綱に昇進したりと
効果絶大のようですね!
入手困難でも妻の為にと頑張って手に入れる海老蔵の想いが素敵です。

<姉・小林麻耶 >

@harugarden25)さんの投稿

この画像を待ち受けにしているそう。via google imghp自身のエッセイの中で
「麻央ちゃんのためなら命も差し出せる」くらい病的に妹のことが好きだと告白した麻耶。
闘病中の妹の通院や入院中も付き添ったり二人の子供達の面倒をみたりと懸命にサポートしています。
先日行われた手術の後は、憧れだったという看護師さんになりきりブリブリこう囁いて麻央を笑わせたそうです。

本日担当する小林麻耶でぇぇす

ブリカマぶるーすというブリブリソングを発売した位
ぶりっ子キャラが定着していた彼女だけに
なんだか想像できますね笑

しかし、実際は自身も「過労による体調不良」で休養中でありながら
妹を懸命に支えている心優しいお姉さんです。
彼女自身も最近は自分の体調についてもしっかりと向き合って
アナウンサー職への復帰にも意欲的に考えているそうなので頑張ってほしいです!

<長女・麗禾ちゃんと長男・勸玄くん>

一生懸命にお願いをする麗禾ちゃんと勸玄くんvia google imghp

<義母・堀越希実子>

@maisondeblanche)さんの投稿

海老蔵の実母via google imghp海老蔵の母親は
海老蔵が「麻央の検査結果が癌」であったことを報告するために電話した時

「(麻央の代わりに)私が癌になればよかったのに。。。!」

と言ったそうです。

この言葉を聞いて麻央は涙が止まらなかったそう・・

また、2016年10月15日に出版された「成田屋の食卓 」というエッセイ本の中では
海老蔵が麻央を紹介する前から、こんな子がお嫁に来てくれたら良いのにねと
亡くなった海老蔵の父故十二代目市川團十郎と話していたそうで
この料理本を書いたのは麻央に成田屋の味を引き継ぎたかったからと記していました。
見た目からは厳格な印象を受けますが、実際は麻央をとても大切にして可愛がっているようで・・
海老蔵母の深い愛は計り知れないですね。。このように、長い闘病生活を支えてきた海老蔵一家のエピソードに
感激し、応援する人達が益々増えているようです。

奇跡を願う小林麻央

最後に小林麻央の言葉

「ここまでこれたことが奇跡と言ってくれるが
奇跡はまだ先にあると信じている」

近年、新しい抗がん剤・治療法も開発されていますし
これだけ強い意志をもって病気に立ち向かっているのだから奇跡はぜったいに起こると信じています。
運動会に行くという目標を達成した麻央。
12月には家族そろってクリスマスをお祝いすることを励みにしているそうで
その願いが叶うよう応援したいですね!



ページトップへ