侍ジャパン小久保監督辞任へ

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

侍ジャパンの準決勝敗退が決まったあと、侍ジャパンの監督を4年間務めていた小久保裕紀が監督辞任の意向を表明しました。無能と言われながらも2017WBCで大健闘した小久保監督。次は誰になるのでしょう。

小久保監督、辞任の意向

侍ジャパンを率いた小久保監督が辞任の意向を表明しました。小久保監督率いる侍ジャパンは2017WBCの準決勝でアメリカに1-2で惜敗。その試合の後、小久保監督は侍ジャパンの監督を辞任する意向を表明しました。小久保監督は2013年の10月から侍ジャパンの監督に就任しており、WBCを見据えて様々な強化試合を戦ってきました。不安視されながら挑んだ2017WBCでは第一次ラウンドから6連勝と波に乗り、見事準決勝に進出。準決勝では多くのメジャーリーガーがチームに所属するアメリカと大健闘しました。優勝こそ逃したものの、前評判を大きく覆す結果となりました。辞任の意向を表明した小久保監督

辞任の意向を表明した小久保監督

準決勝敗退が決まったあとの記者会見で、侍ジャパンの監督を辞任する意向を話した。via google imghp

無能と言われ続けた小久保監督

小久保監督と検索すると関連キーワードで「無能」と表示されるほど評判の悪い監督でした。特に評判が悪いのは小久保監督の投手の采配です。打者出身の小久保とはいえ、見ているファンからも「あの継投はおかしい」と言われてしまう始末でした。2017WBCを控えた練習試合で思ったような結果が出せず、WBC開幕前から小久保をやめさせろという声も上がるほど。小久保監督の采配に疑問が出始めたのは、2015年に開催された世界野球プレミア12の準決勝のことでした。強化試合に負けたときの小久保監督

強化試合に負けたときの小久保監督

強化試合のはずがまさかの敗北。投手陣が揃って失点し5-8で台湾に敗北。侍ジャパンの今後が不安視される結果となってしまいました。via google imghp

小久保監督の汚点、プレミア12韓国戦

韓国戦に先発した大谷は7回無失点の好投で8回を則本に託します。ストレートが冴える則本は8回を無失点に抑えます。8回まで順調に試合を進めてきた侍ジャパン、9回表を2失点以内に抑えれば勝利という中で9回を任されたのは則本だったのです。則本はシーズン中に先発しかやったことがないので、中継ぎでかつ回跨ぎをした経験がありませんでした。慣れない登板となった則本はノーアウト満塁のピンチを背負い交代します。9回にタイムリーを浴びる則本

9回にタイムリーを浴びる則本

中継ぎで回跨ぎという今までのシチュエーションになかったことを任された則本は、ストレートを打ち込まれ1点を失い満塁のピンチを作ってしまいました。via google imghpノーアウト満塁のピンチでマウンドに上ったのはプレミア12で調子の悪かった松井裕樹。松井裕樹はシーズン中に9回の頭から登板する選手であるため、ランナーを背負った状態から投げるという経験はありません。当時19歳という若さで日本代表になり、場面は勝利か敗北かの瀬戸際での登板。19歳にとっては荷が重すぎる場面での登板になってしまいました。松井裕樹は1アウトも取れずに交代、侍ジャパンは韓国に逆転を許しそのまま負けてしまいました。韓国戦の松井裕樹

韓国戦の松井裕樹

国際大会かつピンチの場面は、当時19歳の松井裕樹にとって荷が重すぎる舞台でした。ストライクが入らずに押し出しで点を与えてしまい、一つもアウトを取れないまま降板しました。via google imghp

前評判を覆す6連勝

「侍ジャパンの最大の弱点は監督が小久保であること」と言われるくらい2017WBCは期待されていませんでした。そんな前評判とは裏腹に侍ジャパンは開幕6連勝という快進撃を見せました。小久保監督は侍JAPANの4番を筒香に固定するなど、以前とは違った采配をするようになりました。そんな小久保監督の采配に選手たちはしっかりと応え、第一次ラウンド、第二次ラウンド共に全勝という結果をもたらしました。ネット上では小久保監督を再評価する流れなどがあり、前評判とは全く異なった評価が下されるようになりました。開幕6連勝という成績を残しながらも常に死にそうな顔をしてると言われてしまいました。日本代表の監督という重圧は凄まじいこと間違いありません。前評判を覆す結果を残した小久保監督

前評判を覆す結果を残した小久保監督

最悪の前評判でしたが蓋を開けてみれば開幕6連勝。侍ジャパンの監督としてしっかり仕事をしました。via google imghp

監督の重圧でゼリーしか食べられなくなるほどのプレッシャーを感じていたみたいです。

小久保監督を労う声も多々ありました。

小久保監督の次は誰になるのか

侍ジャパンの監督を辞任する意向を表明した小久保監督ですが、次の監督は誰になるのでしょうか。ネット上ではもう一度原監督になるのではないかという声も挙がっています。侍ジャパンの監督として優勝に導いたのは2006年の王監督と2009年の原監督です。漢字一文字の人が監督をやれば侍Jジャパンは優勝出来る!という人もいます。次のWBCは4年後の2021年、東京オリンピックの翌年になります。二大会連続でベスト4というなかで目標になるのは世界一奪還。遠くなりつつある世界一奪還という目標に向かって侍たちを引っ張るのは誰なのか、目が離せません。

侍ジャパンの準決勝敗退が決まったあと、侍ジャパンの監督を4年間務めていた小久保裕紀が監督辞任の意向を表明しました。無能と言われながらも2017WBCで大健闘した小久保監督。次は誰になるのでしょう。


小久保監督、辞任の意向

侍ジャパンを率いた小久保監督が辞任の意向を表明しました。小久保監督率いる侍ジャパンは2017WBCの準決勝でアメリカに1-2で惜敗。その試合の後、小久保監督は侍ジャパンの監督を辞任する意向を表明しました。小久保監督は2013年の10月から侍ジャパンの監督に就任しており、WBCを見据えて様々な強化試合を戦ってきました。不安視されながら挑んだ2017WBCでは第一次ラウンドから6連勝と波に乗り、見事準決勝に進出。準決勝では多くのメジャーリーガーがチームに所属するアメリカと大健闘しました。優勝こそ逃したものの、前評判を大きく覆す結果となりました。辞任の意向を表明した小久保監督

辞任の意向を表明した小久保監督

準決勝敗退が決まったあとの記者会見で、侍ジャパンの監督を辞任する意向を話した。via google imghp

無能と言われ続けた小久保監督

小久保監督と検索すると関連キーワードで「無能」と表示されるほど評判の悪い監督でした。特に評判が悪いのは小久保監督の投手の采配です。打者出身の小久保とはいえ、見ているファンからも「あの継投はおかしい」と言われてしまう始末でした。2017WBCを控えた練習試合で思ったような結果が出せず、WBC開幕前から小久保をやめさせろという声も上がるほど。小久保監督の采配に疑問が出始めたのは、2015年に開催された世界野球プレミア12の準決勝のことでした。強化試合に負けたときの小久保監督

強化試合に負けたときの小久保監督

強化試合のはずがまさかの敗北。投手陣が揃って失点し5-8で台湾に敗北。侍ジャパンの今後が不安視される結果となってしまいました。via google imghp

小久保監督の汚点、プレミア12韓国戦

韓国戦に先発した大谷は7回無失点の好投で8回を則本に託します。ストレートが冴える則本は8回を無失点に抑えます。8回まで順調に試合を進めてきた侍ジャパン、9回表を2失点以内に抑えれば勝利という中で9回を任されたのは則本だったのです。則本はシーズン中に先発しかやったことがないので、中継ぎでかつ回跨ぎをした経験がありませんでした。慣れない登板となった則本はノーアウト満塁のピンチを背負い交代します。9回にタイムリーを浴びる則本

9回にタイムリーを浴びる則本

中継ぎで回跨ぎという今までのシチュエーションになかったことを任された則本は、ストレートを打ち込まれ1点を失い満塁のピンチを作ってしまいました。via google imghpノーアウト満塁のピンチでマウンドに上ったのはプレミア12で調子の悪かった松井裕樹。松井裕樹はシーズン中に9回の頭から登板する選手であるため、ランナーを背負った状態から投げるという経験はありません。当時19歳という若さで日本代表になり、場面は勝利か敗北かの瀬戸際での登板。19歳にとっては荷が重すぎる場面での登板になってしまいました。松井裕樹は1アウトも取れずに交代、侍ジャパンは韓国に逆転を許しそのまま負けてしまいました。韓国戦の松井裕樹

韓国戦の松井裕樹

国際大会かつピンチの場面は、当時19歳の松井裕樹にとって荷が重すぎる舞台でした。ストライクが入らずに押し出しで点を与えてしまい、一つもアウトを取れないまま降板しました。via google imghp

前評判を覆す6連勝

「侍ジャパンの最大の弱点は監督が小久保であること」と言われるくらい2017WBCは期待されていませんでした。そんな前評判とは裏腹に侍ジャパンは開幕6連勝という快進撃を見せました。小久保監督は侍JAPANの4番を筒香に固定するなど、以前とは違った采配をするようになりました。そんな小久保監督の采配に選手たちはしっかりと応え、第一次ラウンド、第二次ラウンド共に全勝という結果をもたらしました。ネット上では小久保監督を再評価する流れなどがあり、前評判とは全く異なった評価が下されるようになりました。開幕6連勝という成績を残しながらも常に死にそうな顔をしてると言われてしまいました。日本代表の監督という重圧は凄まじいこと間違いありません。前評判を覆す結果を残した小久保監督

前評判を覆す結果を残した小久保監督

最悪の前評判でしたが蓋を開けてみれば開幕6連勝。侍ジャパンの監督としてしっかり仕事をしました。via google imghp

監督の重圧でゼリーしか食べられなくなるほどのプレッシャーを感じていたみたいです。

小久保監督を労う声も多々ありました。

小久保監督の次は誰になるのか

侍ジャパンの監督を辞任する意向を表明した小久保監督ですが、次の監督は誰になるのでしょうか。ネット上ではもう一度原監督になるのではないかという声も挙がっています。侍ジャパンの監督として優勝に導いたのは2006年の王監督と2009年の原監督です。漢字一文字の人が監督をやれば侍Jジャパンは優勝出来る!という人もいます。次のWBCは4年後の2021年、東京オリンピックの翌年になります。二大会連続でベスト4というなかで目標になるのは世界一奪還。遠くなりつつある世界一奪還という目標に向かって侍たちを引っ張るのは誰なのか、目が離せません。



ページトップへ