宮迫、明石家電視台で大家族に「避妊せえよアホ!」発言で賛否

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明石家さんまと宮迫博之がバラエティ番組『明石家電視台』で大家族を持つゲストらに辛辣なツッコミをして視聴者が賛否両論繰り広げています。大家族系番組が持つ闇が見えてきそうなこのテーマについて、様々な角度から意見を見てみよう

明石家電視台出演時の宮迫の発言が賛否

それは2017年7月24日放送の『痛快!明石家電視台』の放送時に起こりました。この日、スタジオには子沢山の親が集結し、それぞれの家庭の事情を明かすと行ったテーマで進行。いわゆる大家族にスポットを当てた回だったんですね。明石家さんま司会の痛快!明石家電視台

明石家さんま司会の痛快!明石家電視台

via google.imghp大家族系の番組を一度見たことのある人なら分かるかもしれませんが、大家族の家にはとてもたくさんの気苦労があり、その悩みを紹介されるといった流れはよくあるパターン。例えば「食費がものすごく高くつく」といったことから「自分にお風呂の順番が周ってくるまでに何時間もかかる」といったことなど。

この日も、やれ「自宅に飲み物専用の冷蔵庫がある」とか「食材の買い出しはキロ単位で、カート2台は当たり前」、「お米は朝晩1升(10合)ずつ炊く」なんて悩みから「外食時は2グループに分かれることがあるため店選びから揉める」なんて話も出たようで、確かにそう言われるとなるほどそんなことも起こりそうですよね。大家族の例

大家族の例

しかしながら一定層に人気で衰え知らずの「大家族系番組」は「はじめての
おつかい」的なノリなんでしょうかねvia google.imghpそして件の話の流れを作ったのはほかでもない明石家さんま。大家族を持つ人達の話を聞きながら、このように思ったのでしょう、いつも通り笑いながらコメントをします。

そんな大変やって分かっていながら、なんで子供産むねやろなあ」

首をかしげなから話すさんまを見て、雨上がり決死隊の宮迫博之も立ち上がって主張を初めだしました。その主張が今回、賛否両論あると話題になっているのですが、肝心のコメントは以下の通り。

「大家族もののスペシャル番組とかあるやんか。食事も大変や~家計も大変や~大変大変…で、最後エンドロールで『なんと新たな命が』っていう展開、ええ加減にせえよ!避妊せえよアホ!」

雨上がり決死隊、宮迫博之もまた息子が一人いる親

雨上がり決死隊、宮迫博之もまた息子が一人いる親

via google.imghpまあその展開っていうか、番組の構成にも問題ありですよね(笑)。筆者は大家族モノを見ることはあまりないので分かりませんが、その展開に「ええ加減にせえよ!」とツッコミを入れるということは一度や二度ではない構成、いわばテッパンになってたりするんでしょうかね。

しかしながら、この発言に明石家さんまも反応。再び論争になり、そこへ大家族代表で出演していたゲストも応えるかたちに。

さんま「思う。ほんまに思う。避妊しようとなぜ思わないんですか。失礼ですけど」

親「子供めちゃくちゃ可愛いんですよ。4人以上産んだ人はそのあたりから思考回路がおかしくなる」

宮迫「妊娠ナチュラルハイみたいになってるんですか。また妊娠したいとか」

さんま「おいらも子供いるから(子供が可愛いのは)分かるけどなあ。ほんな『避妊』という言葉知らんかな」

こうして見ると、宮迫も言ってますがさんまも結構言ってますよね(笑)。物議を醸しているのは宮迫の発言のみということになっていますが、さんまもちゃんと同じような意見であることを何度も主張しています。

賛否両論と批判

そんな風潮もあってか、今回宮迫ならびに明石家さんまが放ったこれらの言葉にネットを中心に賛否両論巻き起こる事態に!「正直ずっと思ってた!」「よく言ってくれた!」なんて意見から、「人の家のことに首突っ込むな」「少子化なんだからなんやかんや産んだ方が偉い」なんて意見まで様々!じっくり見てみましょう。大家族番組に視聴者が思うこと

大家族番組に視聴者が思うこと

via google.imghp

肯定的な意見

まずは宮迫やさんまの意見に肯定的な意見を見てみましょう。


・金ないならポンポン生むべきじゃないわな

・流れがあってのツッコミだろ。いきなり言えば頭おかしいけど

・正論やろ

・大変とかしんどいとか言うからだろ?

否定的な意見

では、逆に宮迫やさんまの意見に否定的だと思われる意見を見てみましょう。

・ちゃんと面倒見られるなら何人産もうが自由じゃん

・苦労以上の喜びがあるから産むんだろう

・俺らの代わりに産んでくれてるんやで

・既に生まれている子供が居るのにこの発言は駄目。その子供に対して「お前は必要のない子だった」と言ってるに等しい

・人の家のことにごちゃごちゃ言うなと

明石家さんまと宮迫博之

明石家さんまと宮迫博之

via google.imghpこうして色んな意見を見ていると、やはり大家族系番組が「大変さの売り」をしすぎているのと、「貧乏、またはお金をあまり持っていない大家族」を出しすぎているのかなあといった印象を持ちました。実際、宮迫とさんまの意見に肯定的な人たちは「大家族でもちゃんと養えていたら良い」とか「あまりにも貧相なご飯や洋服などの生活が見えると子供が可哀相になる」といった意見が目立ちました。

つまり、お金をある程度もっていて生活に余裕がある大家族が出演していたら嫌悪感なしに見れるというのです。これはちょっと一理あるかもしれませんね。筆者が
見たことのある大家族番組も、いつも「遠いスーパーに激安特売品を一所懸命買いに行くお母さん」と、「それを奪い合うように食べる食べ盛りの子供たち」といった図はとても印象的です。きっとそうじゃない日もたくさんあるでしょうけどクローズアップされるのはそういう生活なんでしょうかね。大家族系番組の食事シーンはこんなイメージ

大家族系番組の食事シーンはこんなイメージ

via google.imghp

まとめ

インターネット掲示板にも書かれていましたが、宮迫的には確かに思ってなくはないことかもしれませんが、実際のノリ的には「関西人のノリ」って感じで、明石家さんまが漏らした言葉に便乗してちょっと辛辣に突っ込んでみたくらいの勢いだったようにも思えなくない一連の発言。

と言うと、実際大家族であったりその家の子供たちが傷ついてしまうかもしれませんが、言葉の端くれだけ切り取ってしまっている感も否めませんね。宮迫だけじゃなく明石家さんまの方も結構言ってますし、そちらが話題にならないのは何だか不自然な印象です。大家族、ビックダディの哲学

大家族、ビックダディの哲学

via google.imghpまた、日本以外の国では「避妊することが宗教上禁止されているから」という理由もありますが、ここは日本ですからまあ関係はないでしょうか。大家族の人たちも、大変だ苦しいとは言え何とか生活を切り詰めながらも必ず生活はできているように見えます。

それももしかしたら編集だったりする部分もあるのかもしれませんが、それを言い出すとキリがないと思うので…しかしながら、このテーマは意外と仲間内でもヒートアップしそうな気がします。



ページトップへ