安田美沙子が不妊治療の苦悩を告白!現在子供は何人いるの?

エンタメ ガールズ 芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


タレントとして活動している安田美沙子さん。現在は育児をしながらお仕事を続けていますが、過去に不妊治療を受けていたことを明かしています。今回は、安田美沙子さんが不妊治療を通じて体験した苦悩や、不妊治療を受けるまでの経緯などをご紹介しましょう!

タレントとして活動している安田美沙子

北海道で生まれ、その後京都に引っ越しをした安田美沙子さん。

今でも京都弁がとても可愛らしい印象で、現在はタレント活動をメインに行っています。

また安田美沙子さんと言えばマラソン!というイメージが定着しておりホノルルマラソンや東京マラソンに出場したことも。

学生時代はバスケットボールをしていたため、運動神経が良さそうなタレントとしても知られていますね。

さらに私生活では2014年にデザイナー・下鳥直之さんと、2年間の交際を経て結婚しています。

安田美沙子は不妊治療していた!過去には婦人科系の病気も…

20代前半で「子宮内膜症」と診断

安田美沙子さんは20代前半の頃、子宮内膜症と診断されたことを明かしています。

生理が来ると下腹部が少し痛む程度だったようですが、正直生理の痛みや経血量は他人と比べることができません。

安田美沙子さんによると我慢できないほどの生理痛でもなく、経血量がものすごく多いとも感じていなかったため「子宮内膜症」と診断された際は、かなりショックを受けたのだとか。

その後、当時の医師と合わないと感じた安田美沙子さんは他の婦人科へ転院。

子宮内膜症はもちろん、将来の妊娠についても視野に入れながら治療を進めてくれたと明かしました。

結婚後に不妊治療をスタート

子宮内膜症を患った経験から、結婚後はすぐに不妊治療をスタートさせたという安田美沙子さん。

ご結婚されたのが33歳なので、不妊治療を始めるには早くはない年齢です。

そして不妊治療を始めて、卵子の数が年齢と共に徐々に減っていくことを知ったとのこと。

さらに不妊治療の検査の中で、卵管造影検査を受けた際に卵管への癒着が判明。

まずは癒着を取り除くための手術を受けたことを明かしています。

ちなみに安田美沙子さんは「いつ赤ちゃんができるのかな」「今日しかチャンスがないのに…」と考えてしまうと、精神的に辛くなってしまうため“心を無にする”ことを心がけていたのだとか。

2度目の体外受精で第一子を妊娠した安田美沙子

結婚後に不妊治療をスタートさせた安田美沙子さん。

卵管の癒着を取るための手術を行っていますが、完全に癒着を取り除くことはできなかったようです。

そのため、タイミング法や人工授精では妊娠しづらいことが判明。

そして体外受精を選択し、2度目の体外受精で妊娠が確認されたと言います。


安田美沙子さんは自分自身のことを、少しせっかちな性格と語っていますが「やれることは、今すぐやってみたい!」という考えが、良い結果に導いてくれたようですね。

3年後には第二子も出産!現在は2児のママに!

34歳の頃に1人目の男の子を出産した安田美沙子さん。

その際、受精卵を凍結保存していたことを明かしています。

そして37歳の頃に再び妊活をスタートさせ、体調面を整えて移植を開始。

その結果、2人目となる男の子を出産し、現在は2児のママとなりました。

安田美沙子が語る不妊治療の苦悩とは?

結婚後に不妊治療を始めた安田美沙子さん。

2度目の体外受精で1人目を妊娠・出産し、さらにその後2人目も出産しています。

この流れを見ると、不妊治療はとてもスムーズだったのかと思いますが、実際には辛いこともあったのだとか。

不妊治療によって「夫婦喧嘩が増えた」という安田美沙子さん。

不妊治療にはかなりのお金がかかるため、お金への不安もあり、精神的に病んでしまったと言います。

その結果、旦那さんとの喧嘩も増えてしまったようですね。

これは安田美沙子さんだけでなく、不妊治療を行っているご夫婦にもよく見られるケース。

「早く子供を授かりたい!」と焦る気持ちと金銭面での不安を抱えている中で、友人から妊娠の報告があった日には「メンタルが崩壊しそうだった」という声もありました。

そして結局、そのイライラや不安の矛先は旦那さんへ向いてしまいます。

現在日本で不妊治療を行っている人はどれくらい?

2021年の調査によると、現在不妊治療を受けているまたは過去に受けていた夫婦は約5.5組に1組。

生まれてきた赤ちゃんの16.1人に1人が、不妊治療によって誕生したと言われています。

現在は新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、出生率も低下している日本。

その一方で、そろそろ妊活や不妊治療を始めたいと考えている方は4人に1人いることが明らかとなりました。

また2021年1月から不妊治療助成金が拡充されたことで、不妊治療に挑戦してみようと考え始めた夫婦も多いようです。

<こちらもおすすめ>

安田美沙子、旦那が不倫!真相は?

仲間由紀恵が太った?原因は不妊治療?ついに双子を出産!

まとめ

安田美沙子さんが不妊治療を通じて体験した苦悩や、不妊治療を受けるまでの経緯などをご紹介しました。

20代前半で子宮内膜症を患い、結婚後に不妊治療を始めた安田美沙子さん。

子宮内膜症が直接的な原因ではないものの、やはり「あの頃、もっと早く病院に行っておけば…」と後悔したこともあったようです。

現在も不妊治療をしている方は多いですが、これからは少しでもその負担が減るような支援制度ができて欲しいと思います。



ページトップへ