【画像】遠藤憲一が妖怪ウォッチの実写映画でじんめん犬に

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 

妖怪ウォッチも実写を取り入れましたが、ベテラン俳優が演じた役が面白すぎてネットでは大爆笑。どんな役でもこなす遠藤憲一の好感度が上がることはもう間違いなし。じんめん犬最高です。

遠藤憲一、じんめん犬になる

強面で目つきが鋭く、怖い役柄を演じることが多い遠藤憲一。最近では怖い役柄だけでなく、さまざまなジャンルに挑戦し、ドラマに出まくっています。今回も面白い役にチャレンジしました。演じたのは子供に大人気「妖怪ウォッチ」の実写映画です。完全に実写化されたものではなく、登場するアニメキャラクターが現実世界にくるという設定です。山崎賢人を初めとしたキャストの出演が決まりましたが、誰が誰になるのかなど詳しい設定は明らかにされておらず、ファンは待ち遠しい思いでいっぱいのことでしょう。その中で一部の映像が解禁され、中でも遠藤憲一が最も面白いものになりました。▼遠藤憲一のおもしろ画像がこちら

じんめん犬役 遠藤憲一

via google imghp思わず爆笑してしまいますね!Vシネマの強面俳優がしているとは思えません。遠藤憲一は今や誰もが知っている有名ベテラン俳優ですし、犬役をOKするのは驚きです。なんの役でも演じるところが遠藤憲一の良い所で、愛されるポイントなのかもしれませんね。じんめん犬は「妖怪ウォッチ」に出てくるキャラクターです。体は犬ですが顔だけ人間という設定で、もちろん話すこともできます。原作も遠藤と同じおじさんで、そういった意味ではぴったりですね。酒好きなおじさん犬の役を演じてくれるのが楽しみです。▼アニメのじんめん犬はこちら

じんめん犬

via google imghpアニメのじんめん犬は話し掛けやすそうなおじさんのイメージです。アニメからは遠藤憲一をキャスティングするとは想像もできませんが、逆にギャグとしても遠藤憲一になったのが面白いです。たぶんだれがじんめん犬になっても笑ってしまうのだとは思いますが、一番予想外のキャスティングしたのが話題になったようですね。個人的には温水洋一みたいな感じかな~とは思いましたが、それよりもギャップを狙ったほうがいいです。一本取られました・・・。


遠藤憲一は犬好き

遠藤憲一は初対面でもし会ったとしたらめちゃくちゃ怖いと思います。笑顔だとまだ大丈夫ですが、至近距離で凄まれたらと考えると・・・。逆に考えれば、怖い顔をしていたからこそ、個性派俳優として成功できたのかもしれません。最近は三枚目の役柄も多いので、親しみやすい印象に変わりましたが、以前は違いました。元々ヤンキー学校出身で、リーゼントをしていたそうです。高校を中退したあとに俳優への道に進んだようですが、それが遠藤憲一の転機になりました。Vシネマや特撮に出ることで俳優としての技量が身についていき、ついには主演をするまでになりました。そのような過程があったからこそ、じんめん犬でも何でもやってくれるのでしょう。それにしても、なぜ遠藤憲一が抜擢されたのかは気になりますが、調べてみると大の犬好きだそうです。犬を抱えて写真に映る姿が数多くあります。

via google imghp上の写真はマルチーズです。本当にかわいいですが、遠藤憲一とのギャップも引き立たせます。悪役ばかりやっているのに犬が好きなのは意外すぎますね。犬を両手に抱えて写真に映る姿は想像もできません。それにしてもいい笑顔です。犬好きが高じたのか、犬役で声優をした経験があるようです。俳優も日頃から何かしら発信することで仕事につながるのですね。もしかしてじんめん犬を演じることも夢だったのかも・・・。そしたら夢が叶いましたね。

子供に安心してもらうよう呼びかける

「妖怪ウォッチ」の実写はアニメと現実の融合なので、じんめん犬が現実世界にいくことになります。「妖怪ウォッチ」の主なファン層は子供ですから、子供受けする作品にしなければなりません。遠藤憲一は多少自分の顔のことは気にしており、コンプレックスに思っているようです。映画でも子供が怖がらないように優しく話し掛けていました。

おじさんの顔は怖いけど、ちょっとしか出ないから大丈夫だよ。みんなで映画『妖怪ウォッチ』を観に行こうね

気にしすぎです!というか遠藤憲一が少ししか出ないのは残念ですね。じんめん犬はアニメでも良い味を出しているので、実写でも同じように出してくれるとありがたいのですが。どちらにしろ、子供に呼びかけるところは偉いです。子供は怖がるかもしれませんが、一緒に映画を見に行く親は笑ってしまうかも・・・。映画 「妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」は12月17日公開予定となっていますので、ぜひ妖怪ウォッチに興味がある方と、遠藤憲一の面白犬に興味がある方は観ると良いのではないでしょうか。遠藤憲一の次の役柄にも注目したいですね!



ページトップへ