女子アナが枕営業を暴露!フジの生野陽子ではないかとの噂も!

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年、清水富美加の出家騒動の中にあった枕営業。その枕営業が芸能人だけでなく会社員の女子アナウンサーの間でもはびこっていると言うのです。放送作家などに枕をして看板番組のメインになったアナいるとか。その名は・・・

アイドルなみの人気を誇る女子アナ

その実態は枕しまくり?

1990年代からでしょうか、テレビ局の女子アナウンサーがタレントと変わらないくらいの人気を得てきたのは。テレビ局もそれに乗っかり写真集やカレンダーなどグッズ販売などを手がけてきました。売上も悪くなく人気のアナは特にテレビ局サイドからすればいい発信材料となっている。

ただ人気が出てくれば年収も上がるし、街中でもチヤホヤされる存在になれるというそういった側面から我の強いミス◯◯大学とかが熾烈を極める環境になってしまっているのも事実で、その為には上司やプロデューサーとの接待も外せない行為だと思う。しかし、それはただの接待ではない。いわゆる枕営業だ。

そんな、枕営業は以前からアイドルやアナウンサーの間で憶測や噂が飛び交っていた。そんな中、今回のとある発言が物議を呼んでいる!

では、まずはその内容を見てもらおう。

@yuzi9243)さんの投稿

牧野結美

現在フリーの女子アナウンサー。
元、静岡のテレ朝系アナウンサーだった。
このアナウンサーも結構怪しい。美人だと思うがそれだけで、めざましテレビのアナウンサーを務められるだろうか?
しかも、上京してきて半年で不倫キス画像流出事件の経験あり。via google imghp

熱愛に結婚、独立など、もはや芸能人と同様、私生活までも注目される女性アナウンサー。女子アナのタレント化は、今世紀に入った頃から顕著になった。アイドルばりのルックスや振る舞いが、帰宅後のサラリーマンの癒やしとして視聴率に貢献してきた。しかし、華やかに見える陰で、彼女たちも生き残りを賭けてもがき続けているという。

「私たちは出演番組がなくなると、必然的に仕事の大半を失います。各局のHPを見てもらえればわかりますが、まったく番組に出ていない人が、ごまんといる。彼女たちはみな、出社してから電話番と新聞スクラップ、その他雑用だけをこなして、さっさと退社します。こんなみじめな話はありませんよ」

 こう語るのは、地方局に勤務する、30代前半の現役美人女子アナ。幸いにもバラエティ志望で入社した彼女は、報道番組に携わる機会はあまりないものの、これまでテレビ出演が途絶えたことはないという。

「レギュラーがゼロになっても“妊活”などの理由があればまだしも、そうでないとも出社も辛くなる。そもそも1000倍以上と言われるアナウンサー入社の関門を突破してきた猛者たちなので、窓際扱いされることはプライドが許さない。そこで、なんとかレギュラー獲得にこぎつけるため、あの手この手で“就活”を行うんです」

 女子アナがレギュラーをゲットする方法。それは堅実に実力をつけ、ゆくゆくは局上層部の目にとまり――残念ながらこんなルートは、いまや完全に廃れてしまっているという。

「結局はタレントさんと同じで、プロデューサー以上の役職から“オキニ指名”を受けるしかない。しかも、芸能人なら事務所がバックアップしてくれるでしょうが、私たちはみな正社員ながら、個人事業主のようなものです。積極的に飲み会を開いて、おべっかを使うのはまだまともな方で、私の知り合いには、枕営業で何度もレギュラー枠を勝ち取った某キー局のツワモノまでいます」

 グラドルによる枕営業暴露は、深夜バラエティでも珍しくなくなっているが、テレビ局社員である女子アナまでもが、その闇に手を染めている――。生き馬の目を抜く業界で争っているのは、彼女たちも同じようだ。(覆面芸能ライター・黒崎健二)

このように現役女子アナが業界の闇を暴いてくれたのだ。もちろん実名表記はさけているが憶測は出来る。だが地方局の報道関係のアナなんて、その地域以外では全く見ないし知らない存在だということなので暴く必要はないだろう。

確かに某局のアナウンサー一覧を見てみると知っている、見たことある顔の女子アナは何人もいたが反対に全く知らない、見たこと無い女子アナも少しばかりいて、まだ若く新人の人かな?と思って見てみると入社してから結構経っている中堅クラスのアナばかりだった。

こんな人達が窓際係長みたいに電話番や雑用をしていると考えると悲しくなってしまうし、何のためにアナウンサーという華やかな職業についたかわからなくなってしまうに違いない。

上記にも記している通り、タレントの様に事務所のバックアップがあれば別な話しだが結局は自身の頑張り、気の遣い方、上司に気に入られる行動、発言をとれるか?というところが肝心で自ら営業をかけていかないと番組に使ってもらえないと言うのが現実だ。


牧野結美

リベンジポルノで流出。
中にはおセックスしている裸の画像まであったとか!
そのおかげで、検索エンジンに牧野結美と入力するとレーズンという予測変換が出るようになってしまった(笑)
これはレーズンのような乳首をしていたからだ(笑)via google imghp

この枕営業で人気番組のアシスタントの座を射止めてきたのは・・・

某キー局の人気アナウンサー?

「フジテレビのあるプロデューサーが泥酔した際に、"K.AもS.Yも呼べばすぐ来るよ。Sはやろうとしたら、番組で(私を)使ってくださいよなんて、うるさいこと言うけど、Kはニコニコしながらヤラせてくれるよ"と豪語していた」(放送作家)

このK.AとS.Yはフジテレビのプロデューサーというところから推察するに加藤綾子と生野陽子ではないだろうか?あくまで個人の憶測だが。特に生野は加藤の先輩でありながらフリーになれるほどの人気もなくフリーになりきれていなかった。そんな焦りがあったのか「私を使って下さいよ・・・」としつこく言ってきたのかもしれない。

しかし、実際はこういう生野タイプでは無く、何も言わなくてもいい加糖タイプの方が好みの男性も多いはず。その結果が如実に出てしまっている以上否定も出来ない。

さらに驚きの証言も・・・

加藤綾子

これは流石にコラ画像だとは思うが実際にさっきの証言を踏まえると違うという訳でも無さそうだ。いや、そう思えてきてしまう。via google imghp

@swa_nnnさんの投稿

加藤綾子&生野陽子

フジを代表するダブル枕アナ?via google imghp

次の話は妙に信憑性が高いのだ。

某大物芸人から誘われたパーティーに参加した、広告代理店関係者が明かす。

「電話で呼び出されて、会場になっている芸人のマンションに行くと、暗闇の中で仮面をつけた全裸の男女十数人が、入り乱れていたんです。驚いて呆然と立ち尽くしていると、中から出てきた女性とぶつかったんです。見ると、数年前に結婚した女子アナのEだったんです! あの才色兼備な彼女が、仮面乱交パーティーに参加するなんて……」

当時、30歳を目前にしていたという女子アナE。

"女子アナ30歳限界説"の渦中で、女子アナのキャスティング権も握る大物芸人からの寵愛を求めた"枕営業だったのだろうか。

このEという女子アナ・・・噂では日テレアナウンサーの葉山エレーヌではないかという憶測が飛んでいる。これは何故かと言うと、当時葉山エレーヌは結婚したばかりで当時29~30歳で結婚したのもその年。この条件から言うと葉山が該当してしまう。しかも、結婚してから出産までの間に数ヶ月空いているのでもしかしたらその間に他の男と・・・なんて下衆の勘繰りがはたらいてしまうくらいピッタリなのだ。

結局のところ今多くの番組に出演している女子アナはそういう営業をしているということかもしれない。全員では無いにしろこういう噂は火のないところに煙は立たないという諺通り現実にあるから流れるものなのだろう。

葉山エレーヌ

こんないやらしい体していたら人気だっただろうに(笑)
なんて品のない話しになってしまうが、この記事の内容ならご愛嬌で!(笑)via google imghp

まとめ

大まかにだがこういった枕営業は芸能界ではよくあることだと言われている。権力を持った者には勝てないというカースト制が現在の日本にもあると言うことだし、今回の記事でも記してある呼ばれてすぐ抱かせてくれる女子アナも嫌々ではないところもあると見受けられてしまう。嫌なら断るべきだがそうも行かないのだろう・・・こういった悪しき風習はなくしたほうがいいと思うし、女子アナたちも気が強くプライドが高そうだから他の女子アナたちには負けられないという思いが強くなってしまって断れないのかもしれない。



ページトップへ