天皇が生前退位の意向を示すも宮内庁は完全否定?ネットでは大騒ぎ!

他ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


天皇陛下が生前退位の意向を示していることが分かり、ネットではさまざまな声が出ています。また突然の生前退位に心配の声も・・・。平成は終わってしまうのでしょうか?

13日、天皇陛下が「生前退位」のご意向を示していることが分かり、日本中が大騒ぎしています。google imghp (30072)

via google imghp「生前退位」とは、天皇の位を生前に皇太子さまに譲るという意味です。

宮内庁の関係者によりますと、天皇陛下は数年内に退位する考えで、天皇陛下自らお気持ちを国民に向けて話す方向で進んでいるといいます。

生前退位については、皇后さまをはじめ皇太子さまや秋篠宮さまも受け入れているといい、
実は、5年ほど前から意向を示されていたことが関係者によって明かされています。

天皇陛下には、

「憲法に定められた象徴としての務めを十分に果たせる者が天皇の位にあるべきだ」

という考えもあってか、公務の大幅な削減や、代役を立てた上で天皇の位にとどまることは望まれていないといいます。google imghp (30090)

via google imghp82歳になった現在でも、国民行事や国内外での公務を精力的に続けており、昨年2015年の年間休日は「82日」しかなかったと報じられています。


天皇陛下の激務ぶりにはネットでも注目が集まったもので、インフルエンザと診断されたニュースの中で翌日の公務については「体調を見て検討する」の一文に、「インフルエンザでもご公務させる宮内庁って」などというコメントが飛び交ったほどです。google imghp (30086)

年間270件以上、国内外の要人と面会されており、宮内庁は負担軽減のため取りやめにすることもあったそうです。via google imghp▼この報道に、ネットでは様々な声が挙がっています。

「生前退位に反対する人なんておらんやろ。」
「もうゆっくり休んでいいと思う。」
「あとはゆっくりと過ごされて欲しいですね」

たしかに、82歳だなんて普通に考えたらおじいちゃんです。

一方で宮内庁の山本信一郎次長は、この報道に対し、「そうした事実は一切ない。」とし「宮内庁全体でそのようなお話はこれまでなかった」と完全否定しています。風岡典之長官も、同様に報道内容を否定。

この報道にネットは混乱している状態です。

▼以下ネットでの声
「一体何がどうなっているの」
「テレビの速報まで流れたのに全面否定?」
「どっちが本当なのやら…」google imghp (30110)

多くの人から愛されている天皇陛下。生前退位について否定的なコメントはあまりなかったです。そろそろ激務を終えて、ゆっくりと過ごされて欲しいものですね。via google imghp



ページトップへ