大谷翔平の身長はいくつ?成長した理由や現在も伸び続けている噂とは

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大谷翔平はかなりの高身長男子ですが、果たして身長はどれくらいあるのでしょうか?

また、大谷翔平はなぜ高身長になったのか、大谷翔平の身長の成長についての秘密を明らかにしました!

大谷翔平の身長や体重ってどれくらい?

ロサンゼルスのエンゼルスに入団し、念願のメジャー入りを果たした大谷翔平。

大谷翔平の特徴といえば大きな体ですよね!いったい、大谷翔平の身長や体重ってどのくらいなのか調べてみました。

なんと、大谷翔平の身長は193cmで体重は92.1kgだそうです。

身長がめちゃくちゃ高いし、筋肉でがっちりしているから体重も結構ありますね!

ここで気になるのが、大谷翔平はもともと身長が高かったのかということ。

たしかに、高身長のひとって小さいときから身長が高いイメージがありますが、大谷翔平もそうだったのでしょうか?

大谷翔平の身長の推移を見てみましょう。

大谷翔平の身長推移

では、大谷翔平の身長の推移を見ていきます。

まず、大谷翔平が小学生時代の身長ですが、6年生にして167cmあったそうです。

ちなみに、小学6年生の平均身長は男子で約150cmなので、大谷翔平は平均よりかなり身長が高かったようです。

そして中学生になっても成長は止まらず、中学3年生でなんと身長は180cmに成長しました。

ちなみに、20代男性の平均身長が約172cmなので、すでに成人男性の平均身長を抜かしていることになります。

中学生時代にここまで身長が伸びた人も、高校生になると成長が止まることが多いですが、大谷翔平の成長は高校生になっても止まりませんでした。

大谷翔平は、高校入学時は180cmでしたが、卒業するときには190cmを超えていたそうです。

さらに体重も、入学当初は65kgとかなりのモデル体型でしたが、卒業時には85kgまで増えました。

筋肉でがっちりと体が作られたようです。3年でここまで変わるものなのですね!

大谷翔平はまだ身長が伸び続けているって本当?

ごくたまに、20代になっても身長が伸び続ける人がいますが、大谷翔平ほど高身長の人も伸び続けていそうですよね。

そこで調べてみたところ、大谷翔平は高校を卒業してからも身長は伸びたようです。

しかし、19歳のときのシーズン終了時の検査にて、ついに身長が止まったことが明らかになりました。

一応、身長が伸びるようなストレッチなどはありますが、そのようなストレッチを行わない限りは、今後大谷翔平の身長が伸びることはないでしょう。

なので、大谷翔平の身長が現在も伸び続けているという情報は正確ではなく、現在は止まっているということが正しい情報になります。

大谷翔平の身長が高い理由は?

高身長に憧れる人って多いですよね。そこで気になるのが、高身長の人ってどうやって背を伸ばしたのか…。


大谷翔平の場合は、さまざまな要因があったと思われますが、いちばんは遺伝でしょう。

まず、大谷翔平の父親ですが180cmと高身長なのですが、なんと母親も170cmもあるそうです。

両親ともに高身長の遺伝子を持っているということで、大谷翔平は両親をも超えるような高身長となりました。

ちなみに、大谷翔平の亜にも187cm、姉も167cmと高身長で、さらに従兄弟も192cmあるのだとか。

家系的高身長が多いので、大谷翔平が高身長になったのも、ごく自然なことのようです。

また、身長は生活習慣によっても大きくかわる場合があります。

大谷翔平の父親は元社会人野球で選手をしており、母親も国体に出場したことのあるバドミントンの選手です。

さらに、兄は高知ファイティングドックスでプレイ経験があり、現在は社会人チームで選手兼コーチとして活動しています。

このようにアスリートな家庭であることから、幼少期から栄養バランスのとれた食事に、さまざまなトレーニングをしてきたようです。

実際に、大谷翔平もリトルリーグから野球をやっていますからね。

こういった要因も、大谷翔平が高身長になったことに少なからず影響は及ぼしていると思われます。

大谷翔平、身長が成長しすぎて骨端線損傷に

大谷翔平は高身長だし、野球のセンスにも恵まれていて羨ましいと思う人も多いでしょう。

しかし、大谷翔平は高校時代に、まさかの身長のせいで試合に出られなくなっていたことがあるのです。

大谷翔平は高校1年生のときは身長180cmに対して65kgと、ひょろっとしていたタイプでした。

そのため部活では、筋肉を付けるための体作りをしました。

しかし、大谷翔平は190cmを超えても身長が成長していたため、骨の成長に筋肉が追いつかなくなってしまったのです。

そして、骨端線損傷という、股関節の軟骨が傷つく怪我をしてしまいました。

骨端線損傷になってしまったことで、大谷翔平は高校2年生の夏から、半年ほど試合で投げることができなかったのです。

ただ、投げることができなかった分、肩やヒジの怪我のリスクは抑えられたようですが…。

大谷翔平の性格が悪すぎる!?エピソード集【衝撃】

大谷翔平、風俗店でサインが発見される

【週刊新潮】40代の女から大谷翔平ストーカー被害に遭う!

まとめ

大谷翔平の身長は現在193cmですでに成長は止まっているようです。

大谷翔平がここまで成長したのは、家系的な遺伝が大きな原因で、大谷翔平の家族はみんな高身長のようです。

高身長は羨ましいですが、そのせいで怪我を負ったこともあり、高身長は高身長なりに苦しい思いをしていたようです。

しかし、現在はメジャーでも活躍されているようですし、これからもどんどん活躍してうれしいニュースを届けてほしいと思います!


ページトップへ