大谷翔平が契約更改で年俸2億7000万円!メジャー挑戦を交渉

野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

大谷翔平が契約を更改し、年俸UPしたことがわかった。2016年は大谷の年と言ってもいいくらいの活躍をして優勝に貢献した。しかし、この年俸には「安すぎる」という疑問の声もある。メジャーに挑戦を認めるための交換条件か?

大谷翔平が契約更改

大谷翔平の年俸が発表されました。昨年は2億円でしたが、7000万円UPの2億7000万円。入団5年目としては球団最高額だと話題になっています。同世代からしてもここまで年俸が急激に上がることは珍しく、それだけ実力を認められているということになります。球団を優勝に導いた立役者であり、投げても打っても最高の逸材。侍ジャパンでも大活躍で、日本ではもちろんのこと、アメリカでもいつ移籍してくるかと注目の的になっています。投手としては2ケタ勝利、打者としても本塁打20本とありえない数字を叩き出し、和製ベーブ・ルースと評判です。日本野球界からしてもここまでの選手が現れるとは想像していませんでした。少年野球ならピッチャーで4番はゴロゴロいますが、まさかプロの世界でそれに匹敵する人が出るのはビックリですね。まさに怪物と言っていいでしょう。その大谷が2017年のシーズンオフにメジャーに挑戦することを交渉したと言われています。和製ベーブ・ルースがアメリカで活躍するのが待ち遠しいです。

大谷翔平

via google imghp

年俸が安すぎ?

最速での2億7000万円ですが、これに対しては実は疑問の声が多数あります。確かに評価されているとは思いますし、22歳で2億7000万円はすごすぎですが、それでも安すぎだと言われています。大谷翔平の年俸を数多くの人が予想しました。どの人も3億は超えてくるだろうと予想しましたが、大きくハズレました。二刀流は今までいなかったので評価しにくい面はあったでしょうが、2億7000万円は低すぎです。批判の理由としては、球団優勝させたのは誰がどう見ても大谷のおかげだったことやベストナイン・MVPにも選出されて、人気もあるので観客を引き寄せ、球団の売り上げがアップしたことなどがあります。ここまで貢献したのに3億いかないのは本当に驚きです。何年も同じ成績を出していないので仕方がない気もしますが、3億くらいは出してもいい成績なはずです。それにともなって、中田翔の年俸にも批判があります。大谷の年俸を予想した人の多くは中田の年俸をみてからしたと思われます。中田は4番で110打点を記録しましたが、打率は伸び悩み.250。ダブルプレーで流れを止めることが何回もあり、不甲斐ない4番でした。その中田が3500万円UPの2億8000万円。中田自身は3億超えるかと思っていたようです。「中田の何倍もいい成績で2016年シーズンを終えた大谷が中田よりも低い年俸のわけがないだろう」と思った人は多かったでしょう。しかし、球団は非情でした。中田を超えない年俸で出したのは中田にビビっていたからではないでしょうか。これでは日本ハムに入りたいと思う人は減るでしょうね。

メジャー挑戦が影響か?

大谷は次の2017年シーズンオフにメジャーに挑戦することを交渉したようです。もともと高校卒業と同時にメジャーリーグへ挑戦することを宣言していましたが、日本ハムが上手く丸め込みました。統計データを使い、野球界ではもちろん、サッカー界でも日本で結果を出してからのほうが活躍できることを説明したそうです。ただ、大谷は規格外ですから、今までの統計に収まるような選手ではありません。初めから大リーグのほうが良かったかもしれません。大谷は入団してから5年でメジャーに行くことは伝えており、約束通りということになります。ポスティングシステムを利用して移籍することになり、2018年からはメジャーでプレーできることになるようです。メジャーで二刀流できるのかは未知数ですが頑張って欲しいですね。そのメジャー行きが年俸に影響を与えた可能性も存在するようです。どっちにしてもメジャーに行くのだったら、最後の年に3億出すのはもったいないと球団側が考えたかもしれません。日本に残るという決断をすれば、4億も夢じゃなかったでしょう。もしこれが本当だったら球団がケチだということになります。メジャーで何十億も稼ぐことを考えれば、日本での数億など大した金ではないので別に文句をいうほどでもないと考えた大谷は素晴らしいです。それに比べて日本ハムファイターズは・・・。やっぱり巨人かソフトバンクに行くほうがお金はもらえますね。

2017年はどのような伝説をつくるのか

あと一シーズンとなった大谷翔平。最後の日本プロ野球の舞台でどのような伝説をつくるのでしょうか。投手としては規定投球回投げての防御率1点台と15勝、打者としてはDHで出場して3割30本といったところですね。打者だと規定打席立つことが出来るか分かりませんが、できるだけ立ってほしいですし、ぜひ中田翔の4番を奪ってほしいです。漫画の主人公みたいなピッチャー4番が現実になるでしょうか。



ページトップへ