大泉洋が人気俳優まで登りつめられた訳はこれ!?

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、見ない日がないくらい売れてる役者兼タレントの大泉洋!彼がどうやってここまで売れたか、そして役者としての下積みをどう送ってきたか!彼の魅力と魅せ方は何なのか?探っていきたい!

北海道のローカルタレントが大河俳優へ!

大泉を全国区にした番組とは「あの」番組だ!

今や大河に映画にラジオやCMに出演し、聞かない日がないくらい有名となった俳優「大泉洋」。
そんな大泉は最初っからこんなに有名な俳優ではなかった。
大泉が最初にテレビに出演した番組は「モザイクな夜V3」の2代目元気くんで初登場した。
そしてそこで出会った男、「鈴井貴之」とその後10年以上も一緒に番組を作っていくとは当時の大泉は予想だにしていなかっただろう。
そもそも鈴井貴之とはどんな男か?
鈴井は学生時代札幌で知らない人はいないくらい有名な舞台役者だった。
しかし、地方の舞台なんて食っていくことすらままならない。
そこで当時、HTBのプロデューサーに深夜枠として番組を持たせてもらえるよう頼んだのである。
その深夜番組こそ「モザイクな夜V3」だ。
この番組で少しだが知名度を上げた鈴井は同局からある番組のプロデュースに関わってくれと言われて自分を含めたもう一人の出演者を選ぶ中で、新番組のプロデューサーと話合ってモザイクな夜V3で活躍していた、大泉洋を抜擢した。

最初、鈴井は大泉の出演に反対していた。
それは、大泉がテレビは記念として出演する姿勢だった。
大泉は親が教師でなかなか俳優としての活動を認めてもらえなかった。
この事から、学生時代のバイトとしてテレビ局で働き始めた。
この姿勢を良く思ってなかった鈴井だが、プロデューサーの推しもあり面白さ優先で選抜した。
そして、鈴井貴之、大泉洋、藤村D、嬉野カメラマンの四人で結成して制作した今や全国区になったバラエティー番組「水曜どうでしょう」の誕生だ。

毎週水曜日の深夜に北海道限定で放送していたローカル番組!

初回: 1996年10月9日
最終回: 2002年9月25日
放送局: 北海道テレビ放送
キャスト: 大泉 洋、 鈴井貴之
作者: 嬉野雅道、 藤村忠寿via google imghp

水曜どうでしょう時代の大泉洋とミスターこと鈴井貴之!via google imghp

今もなお愛され続けている番組、水曜どうでしょう!前編

1998年からスタートしたこの番組は主にプロデューサーと鈴井が考えた企画に何も知らされていない大泉がドッキリを仕掛けられるというのが通例だ!
そして、肝心な番組最初の企画はこの先長く行っていくこととなった「サイコロの旅」だ!
この一回目の企画は、アンルイスへのインタビューのついでに面白いことをしようと、大泉をだまくらかして行った企画だ。
これは、6つのランダムに書かれた行き先をサイコロを振って決めるという運任せな企画だ。
出た目の場所にはどんなことがあろうが行かなくてはならない。
そして、出た目の場所に到着したらすぐに次の場所のサイコロを振らなくてはならない、観光要素が一つも無い番組だ!(笑)

この企画で人間の精神が崩壊する様や電車の指定席チケットが一人だけ取れず、大泉が寝られなくなりディレクターとケンカを始めるなど多くの見せ場があった。
この初回放送で深夜にも関わらず視聴率4.4%を叩き出した。

水曜どうでしょう記念すべき第一回の放送!via google imghpその後は主にアーティストにインタビューをしていくという形が定着していたが、番組一周年を機にアーティスト企画から大泉と鈴井(ミスター)を軸とした旅番組が始まる!

そして、記念すべき100回目の企画が「アラスカ半島620マイル」だ!
この企画はミスター長年の夢であったオーロラを見に行くため、行き先を大泉に伝えず、ヒントをポロポロ出していき、最終的には大泉に決め打ちをいてもらって、そこにあった格好をしてきてもらうというものだ。
そこで大泉は何を思ったのか、地中海のバカンス広場アカプルコを選択、海パン一丁にマントを巻いて登場した!(笑)
そして空港までの車中で行き先が発表され、大泉は発狂!
だって、アラスカに海パンで挑もうといているんだから!!!

その後、アラスカに到着し防寒着を買い、キャンピングカーで北極圏を目指した。
その間の食事は大泉が作るのだが、料理時間に平均5時間は費やしてしまう。
これに他のメンバーは激怒!大泉とケンカをする始末!(笑)
何とかその後は持ち直して北極圏に到着し、一日しかオーロラを見る時間がなかったが、おそらく見られると期待していた。
しかし、その日は雨がザンザンと降っていた。
オーロラなんて見られるはずもなく、最後はモーテルに置いてあったオーロラの写真をカメラに収めて終了!!!

信じられないだろうがこれがまたまた大ヒット!今後に勢いをつけた!


大泉が料理をする度にフランベをする時の画像!via google imghpそして、番組の転機となった企画が「ヨーロッパリベンジ」だ!
この企画は前作があり、当時入国ビザがいらなかった西ヨーロッパをレンタカーを使い、7日間以内で21ヵ国を制覇する企画だ。
結局、時間が足りなかったり大泉の裏切りに遭い13ヵ国回って終了した。
その行けなかった北欧を主に攻めようとしたのがこのヨーロッパリベンジだ!

この回の見所はまた何も知らされず連れてこられた大泉が、短パンでヨーロッパを回りながら、変わらない景色の中で精神崩壊を起こすところだろう(笑)
初日にドイツのメルヘン街道を旅していたどうでしょう軍団は、訪れた観光地で宿を決めなければならなかった。
しかし、大泉と嬉野が「まず、宿より飯だ!」と言い張ったので仕方なく夕食にしたのだが、この夕食は全然運んでこられず、完食したころには10時を回っていた。
これに危機感を感じた軍団は急いで宿を探し回った。
だが全然見つからず、最後は道端でテントを張って寝た。
そこでも大泉はテントに入れないからと、車内で寝たが窓が開いていたのと、車のキーを藤村が持って寝てしまった為に寒くて死を覚悟したという場面が撮られていた!
死の淵に立たされた大泉の覚悟とは?

この企画の最終夜の放送で番組史上最高の18.8%の視聴率を出した。

大泉が朝を迎え寒くて死にそうだった時の顔!(笑)via google imghpここまでが長いどうでしょうの歴史前半になる!

全国放送にたどり着いた、水曜どうでしょう後編

前回のヨーロッパリベンジの視聴率に味を占めた藤村は欲をかいてゴールデンにスペシャルで進出しようと考え、サイコロの旅6を引っ提げて登場した。
しかし、深夜枠で数字を獲っていた水曜どうでしょうもゴールデンになると数字が取れず、即深夜に撤退した。
そして、ミスターが映画監督になるため留学した。
そのためどうでしょうは充電期間を設けた。
そして帰ってきたミスターと挑んだ企画が、「喜界島をリアカー引いて一周して輪を作ろう」だった。
これは文字通り、リアカーに荷物やテントを乗せ、4人の力を合わせて喜界島を一周するというシンプルだがキツイ旅だった。
その旅で一団結して水曜どうでしょうもクライマックスへと向かっていく。

このリアカーで、二日かけて一周!
実は大泉は風邪を引いていた。via google imghpそして、2011年の企画で放送200回を迎える。
その企画が「ユーコン川160キロ」だ。
この企画は前回の「対決列島」でミスターのチームが負けたことにより、罰ゲームで助けの来ないユーコン川でキャンプしながらカヌーで下るという、これもキツイ企画だ。
そして、この企画は危険が伴う。
カヌーのカの字も知らない2人が2人乗りのカヌーを漕ぎながら下っていくが、やはり自然が相手だからか、熊の危険や蚊の大群、川の流れの急な変化など様々な障害が軍団を襲う。
身体も、心にも疲労を感じ大泉は首を痛め、ミスターは蚊にお尻を刺される。
拷問のような企画だ(笑)

ユーコンで二人が日に日にうまくなっていく!wvia google imghpそして、2002年最終回を迎えた水曜どうでしょう。
この企画を持ってレギュラー放送を終了すると宣言。
しかし、一生どうでしょうしますを合言葉に数年に一度新企画でお茶の間を楽しませている。
最後の企画は「ベトナム縦断、ハノイ~ホーチミン」だ。
しかもこの企画移動手段は原付のカブだ。
カブ天国のベトナムにカブを数回しか乗った事の無い二人が悪戦苦闘しながら、終点のホーチミンに付いた時、みんなの涙があふれてくる映像に涙した視聴者も多いのではないだろうか?
そして、長い水曜どうでしょうの歴史に幕を下ろした。

最後に自分のシャツに6年間の思いを書いて走る二人!via google imghp

苦しくも面白い下積み時代を終えて東京へ

東京で夢のドラマデビューへ

このように多くの困難を乗り越えながら、視聴者に笑いを届けて来た大泉にドラマのオファーがきた。
もともと役者志望だった大泉は同じ大学の演劇サークルで出会った仲間と「チームナックス」を旗揚げ。
そのチームナックスが所属する事務所の社長が鈴井貴之だ。
チームナックスには今注目を浴びている俳優、安田顕がいる。
そしてオファーをもらい演技に自身があった大泉はめきめきと実力を付け、様々なドラマ、映画、バラエティーやCMなどに出演。
今後も多くのメディアで彼らを見る機会が増えるのではないか。大泉洋が本当に真面目で回りの共演者に気を遣える役者だからこそ、ここまでいじられながらも尊敬されて日本だけではなく、海外からの評価も高い役者になったと言えよう。
本当に過去の、大学生時代の大泉がいたからこそ今の大泉がいるのではないか。
売れた理由は何事にもチャレンジしていく姿勢と、話術、演技力、そして何よりも周りの人に愛される人柄ではないか?
愛嬌は人を救う。
一芸も人を救う。
だからこそ、この大泉に見習う所が我々にも多くあるだろう。
そして、売れるように下積みを多く重ねてきて人生経験が増えて様々な役を演じられるようになったのではないか?

@ponkotu705)さんの投稿

大泉洋
生年月日: 1973年4月3日 (43歳)
生まれ: 大麻
身長: 178 cm
配偶者: 中島 久美子
学歴: 北海学園大学via google imghp

@yacco_li_63)さんの投稿

鈴井貴之
生年月日: 1962年5月6日 (54歳)
生まれ: 北海道 赤平市
配偶者: 鈴井亜由美
映画: 銀色の雨via google imghp



ページトップへ