坂口杏里、借金再び!AV売れずヘアヌード写真集も修正されすぎ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

元タレントのAVデビューで一躍大きな話題となった坂口杏里。その後自ら注目を集めようとANRI名義のTwitterで炎上発言を繰り返しているが、AVは見込まれたほど売れず、11月4日発売の写真集も修正されまくりで期待はずれ?

そろそろ影も薄れてきた坂口杏里

ANRIこと坂口杏里のAVデビュー作が10月1日に発売されてから、1ヵ月が経ちました。大手通販サイトのAmazonのアダルトカテゴリでは、11月2日現在売れ筋ランキング2位をキープしていてそこそこ売れているとの印象を受けますが、実はそうでもないようなのです。レンタルビデオショップなどで借りたり、インターネットで簡単にAVが見れてしまう今日、そもそもAV業界自体の売上が落ちてきていて、本当に売れているAVとそうでもないAVとの間でかなりの差ができてきているそうです。ということは、同時期に他に話題性のあるAVや人気なAV女優が新しくAVを出さない限りは、そこそこ売れている人がそれなりの期間上位をキープできるというわけですね。

デビュー作の「What a day!!」

via google imghp

デビュー作の「What a day!!」

発売前からかなり話題となっていましたが、AVを見た後は意見が良くも悪くも真っ二つに割れる展開に。Amazonのレビューでは最高評価☆5と最低評価☆1の二極化が目立ちました。


👉 AV動画をチェック 👈

Amazonのカスタマーレビュー欄では、☆5が21件、☆1が31件で総合評価が☆2.7と、決して良いとは言えません。中でも、「痩せすぎ、貧乳、お尻の汚さ、アンダーヘアの未処理」などの意見が目立っています。現在はエステに岩盤浴、そして50キロ以上にも増えた体重を減らそうとダイエットに専念し、美意識は高まってきているようですが2作目は一部のファン以外には全く受けなさそうな予感。
それでも上位をキープできている原因はやはり坂口杏里が元タレントで、すでにある程度の知名度があったことや、AV転身の理由などの話題性によるものだと考えられます。ですが元タレントというブランドもデビュー作一回に限り通用するものであり、一度AV転身してしまってからは生き残るのも大変な世界でしょうね…。

実際、先ほども述べたように「What a day!!」の売上も発売当時見込まれていたよりも低く、さらに低評価がたくさんつけられていることから今後はお先真っ暗なのではないかとの話も、AV関係者の間では挙がっています。

「ここ最近AVデビューした元SKEの鬼頭桃菜は大ヒットを連発。新たに違うレーベルで巨額の契約を結ぶまでになった。同じく、元グラドルの高崎聖子も大ヒットだとして、元芸能人AV女優ブームが再度訪れている状況でした。
その中で、満を持して大物芸能人としてデビューしたANRIが話題先行で売上はパッとせず。しかも、坂口自身が炎上を繰り広げているので、現在のマネージャーも放置状態にしているようです。坂口も、ホストへの借金などで契約金から一部支払われたギャラもほとんど消えてしまったため不満が多く、また、さほど自分のAVが話題になっていないことも面白くないようです。
さらに、元々気分屋のお嬢様なので、複数本契約を結んでいたにもかかわらず、次の作品について『聞いていない』と言い出しているという話もある。このままだと1億円を超えると言われる契約金のギャラも、全額は支払われないケースも考えられます。そうなると坂口は借金を返せたとしても、生活は相変わらず苦しい状況になるでしょうね。浪費癖もあることから、再び借金地獄に陥る可能性を危惧する声もあります」

確かに、現在いろいろと美に気を使っている感じの坂口杏里ですが、このエステ代とかってどこからでているんですかね?言い方は悪いですが身体が商品であるAV業界では、所属事務所がこうした美の追求にかかるコストは出してくれるのでしょうか?個人的にはそんなことはありえないと思っていますが、そうすると借金の返済に充てたと言われているデビュー作でのギャラはそう残っていないはず…売れるかもわからない2作目の為にお金を使いまくって自分磨きをするのもどうなんでしょう…ちょっと複雑ですよね。

2作目の前にヘアヌード写真集

ヘアヌード写真集が発売することはすでに決定していたことですが、こちらはAV発売から約1ヵ月後の11月4日となっています。AVの話題性もなくなってきた頃に新たに写真集を投下して再び話題作りをしようということですね。個人的には写真集発売後にAVを出したほうがファンの期待を煽っていく感じで良かったのではないかと思いましたが、AVと写真集それぞれに対する世間のコメントを見る限りはやはりこの順番でよかったのではないかなと思うに至りました(^_^;)

AVではその内容よりもお尻の汚さや貧相な身体が話題になったことは先に述べたとおりですが、写真集の方はどうやらそれとは真逆の方向ですでに話題となっており、本当に呆れてしまう限りです。写真集自体はまだ発売前ですが、週刊FRIDAYに2週連続に渡って袋とじで画像が公開されています。ですがこの内容についても低評価が多く…あまりの画像の修正具合に、AVを見てしまった後だからこそツッコミどころ満載という結果に。

その一部を紹介したいと思います。

google imghp (48635)

via google imghp

確かに坂口杏里と言われればそうなのですが、だいぶ肌が修正されているのがわかります。更に、肉付きもだいぶ良くなっている…。
坂口杏里は自身のTwitterでAV撮影後の現在はかなり太ってしまったこと、そして48キロ目標の減量中であることを明かしていますが、これは太った後くらいに撮影されたものなのでしょうか?一部ではふっくら見せるように修正しているとの声も挙がっています。

google imghp (48639)

via google imghp

こちらもなかなかきわどい写真ですが、やはり顔が違うように見えますね。アイメイクがかなり濃い目ということもありますが、AV出演時とはまるで別人の幼な顔ですね。写真の修正技術って怖い。

google imghp (48643)

via google imghp

そして衝撃の一枚がこちら。あれ?お尻が汚いと言われていたはずなのに、なんだかとてもプクッとしていてきれいな丸いお尻ではありませんか?太ももや二の腕にも全体的にふっくらしていて、これは普通にグラビアアイドルやAV女優にいそうな感じの体型ですね。デビュー作のあの身体は一体何だったんでしょうか。幻?

これらの画像を見ておわかりになったかと思いますが、だいぶ修正されています。とは言え、こういった写真集ではそもそも美しく見えるように修正されていない画像のほうが珍しいくらいなので、修正自体に関してはとやかく言うつもりはありませんが、何と言ってもAVとの差!動画と写真でコレほどまでに違ってしまうとはかなり衝撃的ですね。
仮に先に写真集を出して、その後にあのAVを出したと考えると…世間の期待値をMAXにしておきながらのあの身体…きっと今以上に低評価が付けられていたにちがいありません。本当に疑問でならないのは、なんであの身体でAVに出させたんだろうかということ。もう少しAVの撮影・発売時期を待ってから良いコンディションのときに出したほうが、2作目への期待もまだ生み出すことができたのではないでしょうか。写真集の発売以外にはAV二作目の予定は無いとTwitterで行っていた坂口杏里ですが、これはもう売れなくなる未来が見えています。まだ話題性があるときに出しちゃったほうが良いのでは…それとも、写真集の話題性がなくなったときにまたバーンと2作目の発表をするとか?とにかく何を考えているのかわからないだけに、全く本人の意図や考えが読み取れません。

ヘアヌード写真集の発売まであとわずか。ネット上の反応が(両方の意味で)楽しみですね。


👉 坂口杏里ヌード写真集 👈

二作目の発売! 評判は…

ついに二作目の発売まで来ましたね。

第一作目は痩せすぎとかお尻が汚いという意見が多かったですが、第二作はどうなったのでしょうか。

第一作で批判されていたことは、解消できたのでしょうか。

痩せすぎどころか…

痩せすぎと批判されていましたが、なんと第二作目では激太りと批判される羽目に。

そんなに急に体重が変わってしまったんでしょうか?

ただ体重は58キロだそうで、一見すると重いようですが身長のことを考えると健康的な普通の数値だそうです。

まあ元が痩せすぎでしたから、ちょっと驚きますよね。

第二作のタイトルは

「by King」というようです。

小峠いじり再び、という感じですね。

正直、こういうタイトルを期待していた人も多かったのでは?

ちなみに第二作目の中身は、第一作に比べるとまとも、といった意見が多いようです。

本格的にAV女優としてデビューしたのは今回からなのかもしれませんね。

早くも第三作目が

3月初旬にリリースされた第三作目。

タイトルは「めちゃくちゃいってるっ!」です。

重盛さと美とのトラブルをいじっていますね。

第四作目は普通のタイトル?

かなり急ピッチで新作がリリース。

ただもうネタ切れでしょうか。タイトルは「本物芸能人と筆下ろししませんか?」。

中身は童貞の筆おろしという、オーソドックスな内容。

第五作目はソープもの?

すごい勢いで新作がリリースされていますが、第5作目はソープものだそうです。

順調に活動の幅を広げている感じですね…。

しかし、第六作目はもっとすごいみたいです。

第六作目は乱交

乱交ものです。

ここまで来たか! という感じですね。

もうAV女優としてかなり完成してきたのでは…

何人もの男たちのモノの囲まれるという、かなりハードな内容です。

カラミが薄いといわれていたデビュー作から見事な変貌を遂げましたね。

今後の作品はどうなっていくのでしょうか…

どこまで変わっていくのか、楽しみですね。