地元愛が強すぎ!サンドイッチマンの宮城米おもしろPR5選

バラエティ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


仙台出身のお笑いコンビ、サンドイッチマンは宮城米のPR大使を務めています。CM発表会では、モノマネや変装、コントで宮城米をおもしろおかしく宣伝しています。今回は、サンドイッチマンの地元愛あふれる宮城米CMの名場面をご紹介していきます。

サンドイットマンのおもしろPRは地元愛がいっぱい

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000038518.html

サンドイッチマンは今でこそ宮城県出身、地元が仙台と知られていますが、2007年M-1王者になるまでは、コンビ名どころか存在さえ知らなかった人も多いのではないでしょうか?

サンドイッチマンは、M-1王者に続き、2009年にはキングオブコント準優勝と次々にタイトルを手にし、今では全国区のお笑いコンビになりました。

そんなサンドイッチマンが、宮城米のイメージキャラクターに就任。

宮城米のCMでは、モノマネやコント、変装など、笑いの中に地元愛がぎっしり詰まっています。

サンドイッチマンが宮城米をカロリーゼロに?

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000038518.html

サンドイッチマンがお弁当屋さんの店主とお客に扮して宮城米をPR。

おひつを使ったコントでは、伊達さんのボケに対して富澤さんがツッコむと、ドッカ~ンと笑いが。

伊達さんが炊き立てのご飯を一旦おひつに移して、お米を斜めに切るシーン。

おひつは余分な水分を飛ばすために使うのですが伊達さん曰く「おひつでご飯を切ると余分なカロリーが飛ぶんです」とボケてみせます。

さらに「おひつはお米のカロリーを吸収してくれるので、カロリーがゼロになるんです」とボケる伊達さんに、すかさず「カロリーあるわ」とツッコむ富澤さん。

お米のカロリーがゼロになるやり取りは、サンドイッチマンの掛け合いだけでなく、二人の体型も笑いにつながっているのかもしれませんね。

サンドイッチマン無茶ぶりでモノマネ

https://togetter.com/li/1449450

令和2年産、宮城米の新CM発表会で、だて正夢、ひとめぼれ、ササニシキを紹介しました。

取材陣から、トランプ大統領のコロナ感染の話題を振られ、伊達さんは急遽、得意の安倍元総理のモノマネを披露。

「宮城のお米は納豆とよく合います。日本の発酵食品の納豆を食べて元気になってくださいと電話で伝えました」とユニークなコメントを。

又、定食屋さんのコントで、カブトをかぶったお客に扮した富澤さんは「似合っていると言われたので、ぜひ時代劇のオファーを」とコメントすると会場が笑いの渦に包まれていました。

地元愛にほっこり宮城米CM裏話

https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2020/10/2020-1007-1154-16.html

宮城米のイメージキャラクターを務めるサンドイッチマンは、お米を紹介するだけでなく、芸人仲間にプレゼントしているそう。


大きな仕事のときは、だて正夢を贈って「大好評のお米。また買ってね」とPRも忘れません。

4年連続で宮城米のイメージキャラクターを務めるサンドイッチマンは、「同じ宮城出身の芸人さんにCMを取られないように」と笑いを交えつつ「普通にしていれば大丈夫ですけど」とここでも会場の笑いを誘っていました。

サンドイッチマン震災復興への思い

https://www.pinterest.jp/pin/738097826431140716/

サンドイッチマンは宮城米のイメージキャラクターをじはじめ、東日本大震災の復興に力を尽くしています。

2011年3月11日、東日本大震災発生以降サンドイッチマンの二人は宮城県を応援し続けています。

震災発生時、気仙沼市で仕事をしていたサンドイットマン。

二人は震災直後に「東北魂義援金」を設立しました。

東北でのチャリティーライブで募金活動を続け、宮城県に1億7千万円を寄付。

宮城県の村井知事は、知事室で目録を受け取り「これほどの長い期間、継続して寄付してくださる方はいない」とサンドイッチマンの地元愛に感謝、二人の活躍を応援したいと話していました。

<こちらもおすすめ>

坂上忍にMattが大激怒!喧嘩の理由とは?

サンドウィッチマン、被災地への寄付額が4億円を突破【感動】

サンドイッチマンの地元愛まとめ

サンドイッチマンがイメージキャラクターを務める宮城米のCM発表会のおもしろいシーンをご紹介してきました。

2007年M-1チャンピオンを機に、全国的スターになったサンドイッチマン。

仕事の拠点が東京になっても二人の地元愛は強く、宮城米のイメージキャラクターを務め、CM発表会ではコントやモノマネで会場を笑いの渦に巻き込んでいました。

サンドイッチマンの地元愛は、お笑いだけでなく震災復興にも力を注いでいます。

震災直後に設立した「東北魂義援金」は、東北全域で総額4億円が届けられています。

サンドイットマンはブレイクした現在も、「仕事で宮城へ行けるのが何よりの幸せ」というほどど、地元愛の深いコンビなんですね。



ページトップへ