国仲涼子が第2子を妊娠!向井理との結婚は祝福されなかった!?

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年9月25日に国仲涼子と向井理が第2子を妊娠し、安定期に入ったことが発表されました。いまでは順風満帆な夫婦だと思われているふたりですが、じつは結婚前後にはさまざまな問題があり、あまり祝福されなかったようです。その問題とはいったいなんだったのでしょうか?

第2子妊娠を発表

女優の国仲涼子は、2017年9月25日に公式サイトにて、第2子を妊娠したことを発表しました。現在はすでに安定期(妊娠5~7ヶ月)に入っているそうです。

また、夫で俳優の向井理も、所属事務所ホリエージェンシーのFacebookページにて、静かに見守ってほしいと呼びかけています。

via google imghp

以下、国仲涼子と向井理が第2子妊娠の報告で発表されたメッセージです。

皆様にご報告があります。
この度、私達に新たな家族ができることがわかりました。
現在は安定期に入ったばかりで、体調は良好ですが大切な時期でもあり、静かに見守っていただければ幸いです。
これからも温かなご指導、応援を賜りますよう宜しくお願い致します。

最近ではイクメンとして知られている向井理ですが、国仲涼子の第2子の妊娠がわかってから、いままで以上に子育てや家事に積極的になったそうです。もともと器用なタイプだそうで、オムツ替えはもちろん、料理なども得意だそうです。

via google imghp

そんな向井理の協力もあって、国仲涼子は臨月直前まで仕事を続けるということにしたそうです。国仲涼子は現在はWOWOWにて2017年10月21日放送開始予定のドラマ『片想い』の撮影中だそうですが、撮影終了後は2018年1月まで、体に負担の少ないナレーションなどを中心に仕事をしていくとのことです。

きちんと家事や育児に協力してくれる旦那さんってとても理想的ですよね!ぜひ、ふたりで支え合って、元気な赤ちゃんを産んで欲しいところです。

国仲涼子と向井理は2014年12月に結婚

第2子妊娠を発表した国仲涼子と向井理は、2014年12月に結婚しました。ふたりが交際をするきっかけとなったのが、2013年に放送されたドラマ『ハングリー!』です。国仲涼子は、主役の向井理の恋人役として出演していました。

撮影当初はほかの共演者と同じ距離感で、ふつうの仕事仲間という感じだったそうですが、撮影が進むに連れて共演者同士の距離が縮まり、食事へ行くことも多くなっていったそうです。国仲涼子と向井理も、共演者との距離が縮まるに連れて頻繁に話すようになり、お互いを意識するようになったとか。

via google imghp

ドラマの撮影は順調に進み、クランクアップをしたあとも、国仲涼子と向井理は頻繁に食事などをくり返すようになり、交際にまで至ったようです。なお、食事デートがスクープされたのも、『スクープ』の撮影が終わったあたりだそうです。

そして、しばらくのあいだ半同棲状態が続き、2014年12月28日に婚姻届を提出し、見事結婚となりました!

ふたりの結婚は祝福されなかったって本当?

第2子を妊娠し、順風満帆な夫婦生活が送れているように思える国仲涼子と向井理ですが、じつは2014年の結婚当時は、まわりからあまり祝福されなかったそうです。どちらかと言えば、批判する声のほうが多かったとか…。

via google imghp

もちろん、国仲涼子と向井理のビッグカップルの誕生に、世間は賑わいを見せていましたが、結婚に至るまで、そして結婚をしたあともさまざまな問題を抱えていたようです。

では、祝福されなかった理由にもなっているさまざまな問題について見ていきましょう。


向井理には別の彼女がいた

国仲涼子と向井理の交際がスクープされ、結婚秒読みとまで言われていた中、向井理は国仲涼子以外の女性とも男女関係があると噂されていました。その噂されていた相手というのが、大人気女優の石原さとみと、DAIGOの妻で女優の北川景子でした。

via google imghp

スキャンダルのあった当時は「国仲涼子がフラれる」「向井理ってチャラい」「イケメンってひどいな!」など、ネット上でさまざまな批判が飛び交っていました。もちろん、向井理もネット上で批判されていることは認知しており、当時はかなり悩んでいたそうです。

別の女性に手を出したというスキャンダルより、自分の軽率さを実感した向井理は、心をきちんと入れ替えて国仲涼子と真剣に交際することを宣言したそうです。当時は向井理の軽率な行動が原因で、国仲涼子と破局したと思われていましたが、スキャンダル後もふたりのデート現場が目撃されるなど、交際は順調に続いていたそうです。

via google imghp

そして、お互いの家を頻繁に行き来する半同棲状態になり、愛を育んだことで結婚にまで至りました。結婚に至るまで向井理が心を入れ替え、国仲涼子が見捨てることなくきちんと向き合ったことで実った未来だと思います。

ただ、このようなスキャンダルがあると、やっぱり祝福の声は少なくなってしまっても仕方のないことなのかなとも思えますね…。

国仲涼子と向井理はでき婚だった

婚姻届を提出したことは、お互いの事務所から発表されましたが、第1子の妊娠に関しては一切発表されていませんでした。しかし、2015年4月に、国仲涼子が安定期(妊娠6ヶ月)に入ったことを発表したのです。

要するに、婚姻届を提出した時点ですでに妊娠していたということです。そして、ふたりはできちゃった結婚(でき婚)だったということが世間に知れ渡ることになりました。

via google imghp

婚姻届を提出した際に、妊娠について発表しなかったのは、お互いの事務所間でも話し合った結果だったと思います。しかし、妊娠を発表せずに結婚だけを発表したことに対して、再度批判の声が殺到してしまいました。

でき婚自体はすでに一般的で問題のないことだと思えますが、国仲涼子も向井理も表舞台に立つ人であり、とくに女優にとってでき婚はイメージを崩してしまう原因になってしまうほどです。でき婚に対してあまりいいイメージを持っていない人も多いうえに、でき婚を隠そうとしていたことで、批判が殺到してしまったのでしょう。

via google imghp

結婚前も結婚後も、批判が殺到してしまったことで、結婚を祝福する声がかき消されてしまい、あまり祝福されなかったという結果になってしまったのでしょうね。

国仲涼子、第一子誕生「言葉にならない程の感動」

第1子誕生後は家事や育児で順調に!

批判の声が殺到した中での結婚と妊娠でしたが、ふたりの結婚生活自体は良好でした。最初は忙しかったためしばらくはいっしょに暮らさずにいたそうですが、いまでは子どもと一緒にお出かけする様子が目撃されたり、向井理が家事全般をこなすようになったりと、理想的な家庭を築けているようです。

via google imghp

とくに向井理はイクメンの代表としてメディアに取り上げられることも多くなりました。結婚前後は批判の声が殺到するなど、辛いことがたくさんあったと思いますが、その分ふたりの愛や絆が強くなったようですね!

まとめ

世間ではあまり祝福されなかったふたりの結婚でしたが、いまではすっかり理想的な夫婦って感じですよね。過去に起きてしまった問題を消すことはできませんが、今度こそはふたりにたくさんの祝福の声をあげてほしいと思います。これからのふたりのママとしての、そしてパパとしての活躍にも注目です。



ページトップへ