古坂大魔王(ピコ太郎)の結婚相手は?バツ3の噂や年齢の真相とは

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ピコ太郎こと古坂大魔王の結婚相手についてご紹介します。古坂大魔王の嫁はバツ3や78歳など気になる噂がありますが、はたして真相とは?また古坂大魔王の結婚のなれそめについてもお届け。

ピコ太郎こと古坂大魔王が結婚

『PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)』が世界的に大ヒットしたピコ太郎こと古坂大魔王(設定ではピコ太郎のプロデューサー)が、2017年8月3日に結婚を発表しました。

ちなみに翌年の2018年6月17日には第1子の女児が誕生しています。

楽曲が世界的にヒットしたことで、仕事もプライベートも充実している古坂大魔王ですが、はたして古坂大魔王は誰と結婚したのでしょうか?

古坂大魔王の結婚相手は誰?

古坂大魔王と結婚したのは元グラビアアイドルの安枝瞳です。

実は、古坂大魔王と結婚する前に発売された写真集『やっさん』(2017年4月27日)を最後にグラビア活動を卒業しているのです。

テレビにあまり出演していたわけではないため、古坂大魔王ほど知名度はありませんが、アニメ化もされている人気漫画の舞台『青の祓魔師 京都紅蓮篇』で、持ち前のプロポーションを活かして霧隠シュラ役を演じていたので、2.5次元舞台好きの間では知っている人が多いかもしれません。

古坂大魔王との年齢差が凄いと話題に

実は古坂大魔王と安枝瞳はいわゆる年の差婚で、意外と年が離れているようです。

どれくらい年齢が離れているのかというと、古坂大魔王が1973年7月17日生まれなのに対し、安枝瞳は 1988年3月23日生まれです。

年齢差は約15歳とひと回り以上離れています。ただ、古坂大魔王は若々しい部分があるため、実際はそこまで年齢差は感じられないのかもしれません。

古坂大魔王の結婚のなれそめは?

では古坂大魔王と安枝瞳はどのように結婚に至ったのかなれそめをご紹介します。

古坂大魔王と安枝瞳は2012年5月に『古坂大魔王のカツアゲ!』というAbemaTVの番組で共演したことがきっかけで出会いました。

そして古坂大魔王と安枝瞳が交際するようになったのが2013年5月ごろからです。

プロポーズは2016年の年明けに行い、めでたく2017年8月3日に結婚しました。


安枝とは、番組共演をきっかけに13年5月から交際をスタート。「しゃべったり、話したり、トークしていて、彼女の優しさと、真面目さと、切なさと、心強さとに惹かれた」と売れない時期も支えてくれた新妻に感謝した。

古坂大魔王がピコ太郎として大ブレイクしたのは2016年でした。

大ブレイクしてからはピコ太郎としてだけでなく、古坂大魔王としても仕事がたくさん入るようになり、今では『ボキャブラ天国』を知らない世代からも知られる知名度の高い芸人になりました。

『ボキャブラ天国』が終了してから古坂大魔王は、いわゆる「売れない芸人」だったのですが、安枝瞳は若いながらに売れない時期も古坂大魔王を一生懸命支えてきたようです。

古坂大魔王の結婚相手がバツ3って本当?

売れない芸人だった古坂大魔王を支えてきた安枝瞳ですが、どうやらバツ3の噂があるようです。

古坂大魔王と交際を開始した当時、安枝瞳はまだ26歳でしたが、この若さで3回も離婚しているとは考えにくいですよね。

調べたところ、安枝瞳は古坂大魔王とは初婚のようなので、古坂大魔王の結婚相手がバツ3だという噂は事実ではないようです。

ただし古坂大魔王ではなく、ピコ太郎の嫁の多味がバツ3らしいです(笑)しかも多味は78歳でピコ太郎とは25歳差なのだとか…。

ちなみに多味は『PPAP』のMVの冒頭に入る「ピコ太郎~♪」を歌っているそうです。※多味の正体は安枝瞳です。

また、設定では「アントニオ猪木似」なのだとか。なので、多味の写真を見るとあごがしゃくれています(笑)

ただ、多味をバツ3という設定にしてしまったため、古坂大魔王の本当の妻である安枝瞳がバツ3だと勘違いする人が続出してしまったようです…。バツ3疑惑は少し笑えるけど少しはた迷惑な疑惑でした!

<こちらもオススメ>

ピコ太郎、トランプ大統領の晩餐会に出席!自撮り画像豪華すぎw【画像】

ジャスティンビーバーとピコ太郎の奇跡のツーショット

PPAP商標が先越されピコ太郎。相手会社「歌うなら金払え」

古坂大魔王が結婚!相手はタレントの安枝瞳

加藤一二三(ひふみん)が歌手デビュー!古坂大魔王プロデュース【動画】

まとめ

ピコ太郎こと古坂大魔王の結婚相手は、元グラビアアイドルの安枝瞳で、古坂大魔王が売れない時期から支えていた女性でした。

年齢差はありますがお似合いのふたりではないでしょうか?今後も素敵な家庭を築いて欲しいと思います。



ページトップへ