1箱1000円?受動喫煙対策でたばこ値上げ決定か

他ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

現在1箱約440円前後で販売されているたばこ。それが1箱1000円に値上がりして販売されるかもしれません。実現すれば2倍以上の値上げとなるこの政策。様々な意見が飛び交っています。

朗報?悲報?現代のたばこ事情

この記事をご覧になっている方にたばこ喫煙者の方はどのくらいいらっしゃいますでしょうか?たばこ喫煙者も非喫煙者もなかなか興味深い政策案が出されているようです。
それがなんとたばこ1箱を1000円に値上げするべきという案です。
これを聞いてみなさんはどう感じますか?
現在たばこを嗜好品として吸っている人は「高すぎる!ふざけるな!」と値上げに反対する人もいれば「これを機に禁煙するチャンスかもしれない。」と禁煙のきっかけになるかもしれない良い機会と捉える人もいらっしゃると思います。
確かに今現在禁煙する意思が無い人にとっては値上げは痛すぎる話しです。
反対に元からたばこを吸っていなかった人、禁煙を成功させた人からすると今回の政策案は賛成する人が多いのではないでしょうか。
昔から人体には有害であり心筋梗塞やガンの発症リスクを高める事で知られているたばこ。
それが吸っている本人だけではなく喫煙者の近くにいる非喫煙者もたばこの煙を吸い込む事で同様の人体への負担が掛かっているという事も知らない人はいないと思います。
年々健康への意識が高くなり国民の平均寿命でも常に上位にいる日本国民からすると喫煙者、非喫煙者共に無視する事のできないたばこの煙。
妊娠中の方、まだ小さい子供をお持ちの方は人一倍気にされている方が多いのではないでしょうか。

私は現在20代前半の非喫煙者ですが以前と比べるとたばこの値段もそうですが喫煙者と取り巻く環境が大きく変わって来ている事はよく分かります。
30代以上の方はもちろんそれ以上に感じている事かと思います。
現在では街全体で路上喫煙と厳しく禁止したり駅前でも禁煙を大きく掲げる駅が増えたと思います。
街中に置いてある灰皿も減っていますね。
池袋駅東口なんかだと大きなバリケードの中で喫煙する様に呼びかけていますね。

池袋駅東口には大きな喫煙所が設けられています。via google imghp外だけではなく最近は飲食店でも“禁煙時間帯”や“完全分煙”の対応が当たり前になって来ており喫煙者には吸いたい時に吸えない苦しさがあると思いますが、このように綺麗に整備された喫煙所があると嬉しいですね。
私の周りの喫煙者もマナーを守り喫煙している人ばかりです。
禁煙、分煙、マナーをきちんと守っていた人からするとこの案には素直に納得出来ない人も多いと思います。

なぜこのタイミング?たばこ“増税”の背景

2016/10/25に自民党からの申し入れがあったたばこ1箱1000円案。
これまでも徐々に値上がりを続けてきたたばこ。前々から「1000円にする」という話しはありましたがなぜこのタイミングだったのでしょうか?
その背景には2020年に開催が決定している“東京オリンピック”があるといいます。
“東京オリンピックに向けた受動喫煙対策”として今回の案が出されているのです。
ここだけ聞くと外国人から見た東京のイメージアップも狙いであるのかな、という印象も受けます。
日本国民だけの受動喫煙対策だけならもっと早くても良いはずでしたので。

そして単純に受動喫煙を防ぐ事による健康対策や外国人から見た東京のイメージアップだけの問題ではないのがこの案です。
たばこが1000円になると言う事はもちろん“たばこ税増税”という事になります。


これも多くの人が知っている事かと思いますが、たばこ1箱の値段の内約60%が税金として支払っている事になります。
これが1000円になるともちろん税収も変わってきます。単純に今までの2倍以上・・・。
しかし実際のところどうなるのでしょうか。
税収が2倍になったところで高すぎる料金設定にこれまでの喫煙者がどんどんたばこから離れると税収としては少なくなるのでは?と私は考えてしまいます。
これはあくまで非喫煙者の私の考えなのですが、たばこを愛する人は1000円でも構わず買ってしまうのでしょうか?
すくなくとも現在よりは禁煙をする事によって喫煙者が減少する事は間違いないでしょう。
それにしても喫煙者が苦しい世の中ですね・・・。
どうなるのか分かりませんがもし税収が減るのでしたら他の税金で補うのは当たり前の事です。
そう考えると非喫煙者もたばこの値上がりには全く関係無いという事はないのです。
消費税も10%、酒税なんかもどんどん上がって行くのかも知れません。恐ろしい・・・
その点も今後話し合われて行くのでしょうが今とたばこ税の税収がどのように変化して行くのかも気になるところです。
もちろんTwitterでは賛否両論です。

最近では2020年のオリンピック開催が決まったのはいいものの競技施設の問題等で度々予算が~という話がよくメディアに取り上げられています。
オリンピックの経済効果や話題性はものすごい事はもちろん分かるのですが、開催するのももちろんタダではありません。
今回のたばこ税増税もオリンピック予算の為もあるんだろうな、という意見も多く見られました。
本当にその通りです。
そしてなにより税金が正しい使い方をされる事を強く願います。

日本はいい方?海外のたばこ税は?

世界のたばこ税率

デンマーク:85%
ポルトガル:81%
イギリス:77%
アイルランド:76%
フランス:75%
ベルギー:75%
フィンランド:74%
イタリア:73%
ギリシャ:72%
オランダ:72%
ドイツ:72%
アルゼンチン:70%
スウェーデン:69%
ルクセンブルク:69%
ニュージーランド:68%
ノルウェー:68%
カナダ:64%
日本:63%
韓国:60%
エジプト:56%
タイ:56%
カナダ:50%
マレーシア:38%
アメリカ:20%
ロシア:11%

世界中を見るとたばこ税約60%の日本は税率的には全然少ない方でした。
85%が税金になっているデンマークには驚きです。税金ばかりで生産者に利益はあるのでしょうか?
もちろん各国で物価の差や平均収入の差などもありますから一概に国民の負担の多さや国の税収は把握しきれませんが世界的に見ると日本の60%も決して収めすぎではないのかもしれません。

そして1箱当たりの価格ですが・・・
世界で1番たばこが高価なのはオーストラリア。
銘柄などによりますが1箱約2000円です。
これは高すぎる。なんでもオーストラリアは日本以上にたばこの規制が厳しいようです。
屋内は禁煙が当たり前だったりとにかく喫煙者に厳しい国!
そしてオーストラリアは純粋に国民の健康被害を減らす為の政策なようです。
たしかに2000円も出して吸いたいと感じる人は圧倒的に少ないはずです。
日本だと2000円になるとどうなるのでしょうか・・・。もしかしたら将来的に似たような価格になる事もあり得るのかも知れません。

様々な意見が飛び交う今回の1箱1000円案。実際2020年までに取り組まれるのではないかと思っています。
喫煙者の方は今から覚悟を決めておいた方がいいかも知れません・・・。



ページトップへ