原晋の嫁はどんな人?子どもは?仕事はなにをしているのか【画像】

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青山学院大学陸上競技部の原晋監督の嫁についてご紹介!現在どんな仕事をしているのか、子どもはいるのかなどの情報をお届けします。また原晋の嫁のメディア出演の際の画像もご紹介!

原晋の嫁は誰?

駅伝で大きな話題となった青山学院大学の陸上競技部の監督を務めているのが原晋という男性です。

青山学院大学(青学)の陸上競技部と一緒に密着取材やインタビューを受けているうちに、原晋監督の独特なキャラクターが受けて、生徒よりもテレビなどのメディアで引っ張りだことなりました。

そんな原晋監督は、結婚をしておりお嫁さんがいらっしゃいます。

では原晋監督の嫁とはどんな方なのでしょうか?

原晋とは?

原晋は1967年3月8日生まれの陸上競技指導者です。

原晋は中学校時代に陸上部に入部して長距離走を始め、学校内で好成績を収めていました。

原晋は世羅高校に進学し、3年生のときに首相として全国高校駅伝に出場し見事2位に貢献したのです。

その後は中京大学へと進学し、3年生のときに日本インカレ5000メートルで第3位に入賞。

大学卒業後は中国電力へ入社し、陸上競技部の創設に携わりました。

そして1993年に全日本実業団駅伝に主将として初出場をはたしましたが、2年後の原晋が27歳のときに身体の故障が原因で選手生活を引退しました。

選手生活を引退したあと原晋は、中国電力の社員として普通に生活をしていました。

ただ原晋の同期が本社で活躍している中、原晋が配属されたのはなんと支店よりもさらに下の営業所でした。

しかし原晋はなんと、小さな営業所で営業マンとして蓄熱式空調システム「エコアイス」を社内で1番多く売り上げたのです。

それが評価されて新規事業を立ち上げるなど、原晋は営業マンとして成功していたのです。

ちなみに原晋いわく自称「伝説の営業マン」だそうです…(笑)

そんな原晋が青山学院大学の陸上競技部の監督になったのは、2004年の36歳のときです。

原晋は中京大学出身で、青山学院大学のOBでもなんでもない上に箱根駅伝で走っていた経験もありません。

しかし世羅高校の後輩から監督になってくれと頼まれ、原晋はすぐに中国電力を辞めて青山学院大学の陸上競技部の監督に就任したのです。

ただ監督としては順調にはいかず、何度も失敗を繰り返していたようです、


そして2015年の第91回東京箱根間駅伝競走(箱根駅伝)にて、青山学院大学としては史上初の往復路総合優勝をはたしました。

その後原晋はさまざまな駅伝で優勝を重ねていき、メディアでも引っ張りだこの監督となったのです。

原晋の嫁は寮母をしていた!

原晋の嫁は現在青山学院大学町田寮の寮母をしている原美穂という人です。

中国電力の営業マンから突如青山学院大学陸上競技部の監督となった原晋ですが、実は当時原晋は嫁になにも相談なく監督になったそうです。

当時嫁は自宅の近くで仕事を始めたばかりであり、突然東京に住もうと言われても驚くだけであり、もちろん猛反対し続けたそうです。

現在は町田寮の寮母をしていますが。毎朝6時半に起きるような生活をしています。

早朝に起きてなんと30合の白米を炊き、12リットルの麦茶を容易します。そして寮生の食事を大量に作り、寮生の毎日の健康を支えているのです。

料理だけでなく寮の掃除や、そのほか寮生の生活のサポートなどを行っています。

なので356日休みはありませんし、想像以上に寮母って忙しい仕事なのだそうです。

ちなみに原晋の嫁、原美穂も原晋と一緒にテレビ出演を何度がしているのですが、とても優しい雰囲気の寮母さんでした。

そんな原晋の嫁の画像がこちら!

寮母原美穂さん

http://ikumen.dreamlog.jp/archives/59935974.html

とても優しそうですよね!

こんな優しそうで美人な寮母さんなら、今日も1日がんばろうって気になりますよね!

ちなみに原晋いわく「規則正しい寮生活」は強さの秘訣のひとつだそうで、寮生活は規則正しい生活リズムで管理されているそうです。

寮には原晋も一緒に生活をしていて、生徒とご飯を一緒に食べることもあるそうです。

原晋が監督として成功したのは、きっと嫁の原美穂の影の支えがあったからこそなのかもしれませんね、

原晋には子どもはいるの?

原晋は結婚をしているので、子どもはいるのか気になって調べてみたところ、原晋には子どもはいませんでした。

理由はわかりませんが、恐らく仕事の忙しさも理由のひとつにあるのかもしれません。

原晋も原美穂も、陸上競技部の生徒のことを第一に考える仕事であるため、自分自身を優先することが難しいのです。

寮で生徒たちと一緒に暮らしていますし、なかなか子どもを作ることはできないのだと思います。

妊娠したらそれこそ仕事に影響が出てしまいますからね。ほかの理由もあるのかもしれませんが、そこは夫婦の問題なのでこのような部分でしか推測はできません。

<こちらもオススメ>

【動画】箱根駅伝で走者と車が接触事故寸前だった

まとめ

青山学院大学陸上競技部の原晋監督の嫁は、原美穂という方で青山学院大学町田寮の寮母をしていました。

原晋と一緒に東京に出てきて、生徒たちと一緒に寮で生活をしています。

原晋には子どもはいませんが、原晋が成功したのは、影でずっと嫁が支えてきたからだと思います。



ページトップへ