千秋の再婚相手は15歳下のイケメンTBS社員と特定か。妊娠や子供は?

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ココリコ遠藤章造の元妻の千秋が再婚していました。しかも再婚相手は15歳下のイケメンTBS社員だとか…。はたして千秋の再婚相手はどんな人なのか、画像とともにご紹介します。

千秋が再婚していた!

千秋と言えば、ココリコの遠藤章造の元妻というイメージが強いですよね!

『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!(ガキ使)』の年末の人気企画『笑ってはいけないシリーズ』で、遠藤章造の元妻として何度か出演していたこともあるので、千秋と言えば遠藤章造を思い浮かべる人も多いでしょう。

しかし、実は千秋は2016年3月に再婚をしていました!遠藤章造のイメージが強いので、再婚していたことを知らなかった人も多いのでは?

では、千秋の再婚相手はどんな人なのかご紹介します。

千秋の再婚相手はどんな人?

千秋の再婚相手はTBS社員で15歳下のイケメンだそうです。再婚当時、千秋は44歳でしたが再婚相手は29歳!20代って聞くと結構若いですよね!

元制作プロデューサーから編成局のプロデューサーになった若手エリートで、目鼻立ちが整っていてスタイル抜群のイケメンとのこと。一部メディアでは小泉孝太郎似と報じられています。

都内の名門私立高校から慶応大学を卒業し、学生時代はサッカー部に所属していて女子から人気のある人だったそうです。

さらに、2014年には担当したクイズ番組『リアル脱出ゲームTV』が「国際エミー賞デジタルプログラム部門」に最終ノミネートされているほどの敏腕。ほかにも数々の賞を受賞しており、抜群の企画力の持ち主だと言われています。

関係者いわくクールだけど知的で人当たりがよく、後輩にも尊敬されている人だそうです。

千秋は再婚相手の詳細について伏せていたようですが、数々のメディアが報じた情報から千秋の再婚相手は中島啓介氏ではないかと特定されたようです。

vol.124photo

https://www.ipg.co.jp/press/story/vol124.html

ちなみに中島啓介氏のプロフィールと情報を照らし合わせた結果がこちら。

  • 2014年国際エミー賞最終ノミネート
  • 駒場東邦中学校・高等学校、慶應義塾大学総合政策学部を卒業
  • 制作局・次世代ビジネス企画室プロデューサー→編成局編成部
  • 『リアル脱出ゲームTV』のプロデューサー

これだけ条件が合っているので、千秋の再婚相手は中島啓介氏である可能性が高いでしょう。

千秋の再婚のなれそめは?

『スポーツニッポン(スポニチ)』によると千秋と再婚相手の出会いは仕事とのことですが、『産経WEST』ではプライベートで知り合ったと報じられています。


それ以外のことは公表されていませんが、数年ほど交際していたのではないかと言われています。

ちなみに千秋も再婚相手も阪神ファンとのことですが、どうやら千秋が阪神ファンにさせたとのこと。阪神選手たちの顔写真を見て名前を答える最終テストも行われたのだとか…。

これだけ聞いても良好な?関係だったことはわかりますね(笑)

千秋は妊娠してる?子供はどうなったのか

千秋には遠藤章造との間に生まれた娘がいます。娘はどうなったのかというと、再婚後もそのまま千秋と一緒に暮らしています。

実は千秋が再婚する前の2015年末に遠藤章造も再婚しているのですが、千秋と遠藤章造は再婚するなら娘が中学生になるまで待つことを約束していたようです。再婚のタイミングが近かったのはそのためでした。

また、再婚相手についてやなれそめなどを明かさなかったのは、娘が多感な時期なので静かに見守っていただきたいからとのこと。

ちなみに阪神選手の名前を答える最終テストは千秋の娘が行ったそうです。

約束の時期になるまで再婚を待ったことや、娘が最終テストを行ったことなどから、千秋の娘と再婚相手の関係も良好だということがわかりますね!

なお、千秋は妊娠しておらず、再婚相手との間に子供はいません。

また、当初は挙式や披露宴を行わないと報じられていましたが、2016年9月にアメリカのアリゾナ州セドナで挙式を行っていました!ちなみにウエディングドレス姿でラスベガスも満喫したそうです(笑)

<こちらもオススメ>

ロンブー淳と千秋の学歴論争がヒートアップ!

まとめ

千秋の再婚相手は15歳下のイケメンTBS社員でした!敏腕で後輩からも尊敬されており、千秋の娘とも良好な関係を築いているみたいですね。

年の差婚ではあるものの、千秋自身も若々しいのできっとお似合いの夫婦だと思います。

なれそめなどについては一切公表されていないものの、わずかな情報からでも良好な関係ということがわかりました。今後も素敵な家庭を築いて欲しいと思います。


ページトップへ