北斗晶、乳がん再発か?右乳房全摘出の経緯と現在の状況とは

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元プロレスラーの北斗晶が乳がんを発表したのは2015年の9月でした。それから3年が経過した現在、北斗晶の乳がんはどうなっているのか、現在の状況と乳がんの経緯をご紹介します。

北斗晶、乳がんを公表してから3年

元プロレスラーの北斗晶、現在は夫の佐々木健介とともに子育てをしながらタレントとして活動をしています。

そんな北斗晶に衝撃的なニュースが舞い込みました。

なんと2015年9月23日に、北斗晶が乳がんで入院をしたことが明らかになったのです。

では、北斗晶が乳がんを公表した経緯をご紹介します。

北斗晶が乳がんを公表した経緯

北斗晶が乳がんを公表したのはブログからでした。

2015年9月22日、北斗晶は夕方の生放送を終えると、本格的に闘病生活を送るために入院をしました。

じつは北斗晶は毎年、秋頃に乳がん検査と産婦人科検診を行っていたのにもかかわらず、右乳房を全摘出しなければならないほど進行していたのです。

北斗晶の乳がんがわかった時点で、乳がんの腫瘍は直径2cmもの大きな腫瘍になっていました。

北斗晶の乳がんの進行がとても早かったようで、1年弱で大きく育ってしまったそうです。

また、北斗晶の乳がん腫瘍は、乳頭のすぐ近くにできていたため、目視しても触れてみてもわからなかったそうです。

ある日、北斗晶がうつ伏せになったとき、胸を圧迫したことで右胸にちくっとした痛み画』走りました。

その異変を感じたのは年頭であり、秋に検査を受けて安心していたことから圧迫されたから痛みを感じただけだと思ったそうです。

そして春に、誠之介くんの小学校の卒業旅行としてサイパンに行き、水着に着替えるときに鏡の前で胸を見たときに、右の乳頭が少しずれているように見えたそうです。

ただ、加齢でたるんだだけなのだろうと気楽に思っていたとか。

しかし、夏になり今度は右胸にチリチリとした痛みを感じ、毎年秋にやっていた乳がん検査を前倒しして知り合いの医師に相談したところ、七夕の夜に乳がんを宣告されたそうです。

すぐに翌日にセカンドオピニオンで再検査として、ありとあらゆる検査をした結果、やはり右胸に乳がんの腫瘍がありました。

元気なおばちゃんのイメージを守るために、夏休みをとってこっそり治療をしようと思っていたそうですが、

主治医からほかの病院でもう少し精密にわかる再検査をするように勧められ、右乳房全摘出を宣告されました。

北斗晶にはこのように乳がんを宣告された経緯があり、女性のみなさんには若くても年をとっていても乳がん検診にいくように、

自分ではわからない位置に乳がんがあることもあるということを、ブログを読んだ人たちに知ってもらうために、乳がんを公表しました。

身内に乳がんの人がいないからといって安心しないようにという思いが、乳がんを公表した経緯のようです。


北斗晶の乳がん治療とは

では、北斗晶は乳がんが発覚し、どのような治療を行ったのかご紹介します。

北斗晶が行った乳がん治療は、標準治療です。

乳がんの標準治療は、乳がんの進行の度合いや状態によって異なります。

北斗晶の場合は、ブログで乳がんを公表したときに宣言していたとおり、右乳房の全摘出です。

手術後の経過は良好ですが、北斗晶の場合乳がんがリンパ節にも移転していたため、楽観視することはできません。

ただ、北斗晶にとって選択した標準治療は、適切な判断であり、結果も良好であることから、あとは天に任せるという状態のようです。

北斗晶、ブログから見る現在

乳がん治療から3年が経過し、北斗晶の乳がんは現在どのような状態なのでしょうか?

北斗晶、乳がん生活を綴る

北斗晶は闘病生活をブログに綴っていました。

抗がん剤を服用しているときは、副作用でホラー映画のように髪が抜け始めて、潔く全部そってしまえと綴っていました。

また、髪が抜けてしまうだけでなく、強い吐き気、倦怠感、味覚障害とつぎつぎに副作用が北斗晶を襲いました。

副作用の影響が強すぎたため、医師が抗がん剤の投薬量を減らしたため、当初は8回の投与を計画していましたが、9回に増えてしまったそうです。

北斗晶は闘病生活中、眠れなくなることもあったそうですが、ブログに寄せられる温かいコメントを読んで励まされて朝を迎えたことが何度もあったそうです。

北斗晶の現在は?

北斗晶の現在の状況は良好のようです。

ただ、2018年3月3日にブログを一時休止することを発表し、北斗晶のがんが再発したのではないかと噂になりました。

しかし、実際は再発したわけではなく、体調が悪いわけでもなかったようです。

現在は仕事も復帰し、以前のようにさまざまな番組に出演しており、北斗晶の元気な姿を見ることができます。

ただ、リンパ節にも移転していたため、5年生きられる可能性は50%だと言われています。

なので、まだまだ安心しきることはできませんが、このまま元気な姿を見続けることができればいいですね!

北斗晶、乳がん「長い闘病生活になりそう」

小林麻央はがんを早期発見していた!標準治療を断った理由とは

まとめ

北斗晶は少しでも多くの人に知ってもらうために、乳がんをブログで公表しました。

現在は体調も良好で、再発もしていませんが、まだ3年であり今後どうなるかはわかりません。

北斗晶がこのまま再発することなく、元気でいられるように、ただ天に任せることしかできないようです。

これからも、北斗晶には「元気なおばちゃん」でい続けて欲しいですよね!



ページトップへ