加藤紗里のサリーズカフェ閉店。3ヶ月で事業失敗

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

父親がステーキ屋を経営しているにも関わらず、たった3ヶ月で自身がプロデュースしたカフェを経営難に陥らせて閉店。事業失敗もくじけないその姿に勇気づけられる人もいれば罵声を浴びせる人も。強く生きる
加藤紗里の敗因は?

加藤紗里プロデュースのカフェ、サリーズカフェとは

いつの間にか、あの狩野英孝との三角関係をはじめとする色恋沙汰で一躍名を知られるようになった加藤紗里が、自らカフェをプロデュースしていたことを皆さんご存知だっただろうか。

正直…全く知りませんでした!全然話題になってなかったですよね?まあ東京じゃなく、関東でもなく広島だったから余計に話題に上がらなかったんでしょうかね。

何故広島かというとやはり想像通り、彼女の生まれが広島だから。生まれ育った地元にカフェを作ったんですね!

カフェの外観

加藤紗里プロデュースのカフェ、サリーズカフェ

加藤紗里本人がアップしていますが、カフェはこんな感じの様子だったようです。これはオープンして間もない頃ですから各関係者から贈られてきた花が沢山飾られていて華やかですね。実際このお店に行った人も結構いたようです。

加藤紗里プロデュースのサリーズカフェ、おしゃれ?

カフェのメニュー

なんだか爽やかな感じでオシャレはオシャレなんですけど、メニューボードがちょっと読みづらいところは愛嬌でしょうか、これは加藤紗里の問題ではないかもしれませんが(笑)、分かることは、ピザと、チーズケーキと、できたてジュースが売りってことでしょうかね!

サリーズカフェのメニュー

via google.imghp”MENU"が”MUNU"(ムニュー)になっているとの指摘がされていて笑ってしまいますが、これは訂正されたのか定かではありませんw とりあえずメニューはこのようになっていたようですが、ケーキ1ピース450円、Sサイズのピザが1,600円、ビールが500円、ほか枝豆250円やポテト350円だと結構良心的なお店ですね!

何故か出雲そば(1,200円)があるのが不思議なくらいでしょうか。出雲そばって島根県の郷土料理ですよね。ともあれメニューにも書かれている通り全メニューデリバリー可能ということで結構使えそうな印象。むしろデリバリーが主だったように書いているブロガーもいました。

出店した際のSNSの反応は?

2017年5月に開店した際、リアルタイムで知ったSNSユーザーは一体彼女にどのような反応を示していたのでしょうか。正直、炎上からの売名といった印象が拭えない彼女ですから世間からどのように受け止められているのかちょっとよく分からない部分ありますよね。ちょっと見てみましょう。

軽々しく「スマイル0円」とか書いてしまうからこんなことに…と思いきや、「サリーズ」も「タリーズ」のパクリだったんでしょうか?!気が付きませんでしたがこの2つのパクリ疑惑に関してはかなりの人が突っ込んでいて大ブーイング状態でした。

やっぱり同じこと思っている人がいた!!ちょっと読みづらいですよね。とはいえ紙の方のメニューは驚くほどシンプルすぎて定食屋のようですしさじ加減が良くないようです(笑)。

こういうことを言ってくれる人や「さりちゃん大好き!」「絶対行きます!」といったことを書いている人がいる中…

結構コワイ感じでリプを送っている人もなかなかの数見受けられました。ちなみに加藤紗里は広島出身でカープ女子を名乗っているようですので、同じカープファンの特に男性からはこの様に罵られていることが多いようです。

@katosari)さんの投稿

加藤紗里プロデュースのカフェへの反応は

・メンタル強いよな。ここまでやると感心するわ

・メニュー表まで金が回らんかったか 。手作り感満載で田舎の喫茶店みたいだ

・名は伏せた方がいいのかも アンチはいるから

・ムニューって無乳ってこと?

やっぱり”MUNU"ネタが笑えてしまうのですがw、それはさて置き、やはりあまり好意的なコメントは見受けられませんでした。が、商売をしようと思うその行動力や心意気を買うという人は一定数いました。

だからといってその人達が加藤紗里のお店に足繁く通ってくれるというわけではありませんし、まあ実際そんなこんなでカフェが閉店してしまったそうですが一体何があったのでしょうか。

サリーズカフェ、3ヶ月で閉店。事業失敗

プロデュースした加藤紗里本人はカフェに居なかったものの、なかなかの美人スタッフ揃いでお店を回していたという一部ブログ情報もあるサリーズカフェ。何故3ヶ月というスピード閉店という結果となってしまったのでしょうか。

この事態に対して、加藤紗里本人はこのようにTwitterにて報告しています。

罵倒された(笑)。ちゃんとリプとかも読んでるんでしょうかね、それとも直々に言われまくったんでしょうか。「めーっちゃ惜しまれつつ」ってところが何とも自虐的なのかなんなのか。

そして締めくくりには「次は何しよっかな」と目がハートになった顔文字を3つもつけてかなり明るい(笑)。無理やり明るく振る舞っているのでしょうか、それともこれくらいの失敗は全然痛くないですよって感じなのでしょうか。

@katosari)さんの投稿

サリーズカフェ、たった3ヶ月で閉店

「紗里を求めて大行列ができる気がしたんだけど」と書くなら開店してから数日とか月に何回とかお店に居る日を作って、それを公表したら良かったのにとも思いますけどやっぱり彼女の場合アンチも多くいるかもしれませんから危険でしょうか。

芸能人プロデュースのお店にその芸能人本人がいることなんて稀ですし、いると思って行く人もそう居ないとは思いますけどこれもやっぱり彼女なりの自虐ととるのが良いんでしょうかね。

さて、なかなか面白いリプも飛んできているようですが、ここで事業に失敗してしまった加藤紗里に向けられたポジティヴな意見とネガティブな意見を見ていくことにしましょう。

SNSに見られるポジティヴな反応

捉えようによっては確かにその通りですね!優しい言葉をかけてくれる人も必ずいるのがTwitterの良いところ。

それは筆者も思いました。決して安くないはずのお金をつぎ込んでいるはずですので何も思わないところはないと思います。それとも誰かに出してもらって出店、なんてことはないですよね。

SNSに見られるネガティブな反応

顔を出したこともないようなというところは筆者も思うところですが、一度も顔を出したことがないのか何度か出向いたことがあるのか分かりませんから何とも言えないと思うのですが、この方は意見しつつもとっても加藤紗里について詳しいのでしょうか…?とにかくなかなか辛辣なリプを送っています。

何か恨みでもあるのでしょうか(笑)。多分加藤紗里のことが嫌いであっても、広島出身とかカープファンといって広島やカープを嫌いになったりする人はそうそういないと思うのですが、ちょっと理解しかねるリプも多数あります。色んな意見があって当然だとも思いますからまあ仕方がないでしょうか。

もうこの辺りまでくると暴言ですね。

加藤紗里の父親はステーキ屋を経営

3ヶ月で自身プロデュースのカフェを閉店にまで追いやってしまった加藤紗里ですが、実は彼女のお父さんは彼女がカフェを開いた場所の近くでステーキ屋を経営しているのだとか。

加藤紗里の父親が経営しているステーキ屋の内装

ていうかこんなポスターあるんですね(笑)!誰よりも売名でのし上がったような加藤紗里が売名禁止ポスターというのはなかなかの自虐。そしてこれを自分のお店に貼る加藤紗里のお父さんちょっと可愛い。

加藤紗里の父親経営のステーキ屋「ミディアム」

お肉も野菜も広島産でこだわっていて、地産地消を推しているお店なのだとか。お肉とっても美味しそうですよね!!調べてみると、5000円のコースから8000円のコースまであるみたいで、食べログには「加藤紗里の父親が経営するお店」とデカデカと記載されていました。

しかし、サリーズカフェのスイーツにどうしてチーズケーキばかり書かれているのだろうと何となく思っていましたが、なんとこのお父さんのお店にもチーズケーキがあって、しかもステーキ屋さんでありながらもこのチーズケーキが美味しいと有名なのだとか!

左が父親の店のチーズケーキ、右が加藤紗里のカフェのチーズケーキ

via google.imghpもしかすると、このチーズケーキは加藤紗里のお父さんが彼女に教えてあげた秘伝のチーズケーキだったのもしれませんね!もしくはお父さんが焼いたチーズケーキを届けてもらっていたとかも無きにしもあらずでしょうか。いずれにせよ、お父さん、加藤紗里にチーズケーキだけじゃなくて経営についても教えて挙げてほしかった!!笑

まとめ

いつの間にか開店して、いつの間にか閉店していた加藤紗里がプロデュースした広島のカフェ、サリーズカフェ。タリーズのパクリ、マクドナルドのパクリだと散々ディスられてきたにも関わらず、頑張りの甲斐なく3ヶ月で事業失敗してしまいました。

しかしながら表面上だけかもしれませんが、めげることなく力強く生きていきそうな勢いを感じる加藤紗里。この先また色々な事業を始めたりもするのかもしれませんが、今後は是非東京にお店を開いてみてほしいですね!



ページトップへ