金メダリスト内村の嫁&母の関係が最悪だった!原因は嫁の性格か?

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リオオリンピックで男子団体総合金メダル、そして個人総合でも2連覇という44年ぶりの快挙を遂げた内村航平選手。この快挙の裏には奥さんの支えがあるとインタビューでも語っていましたが、実はその奥さんが原因で実家との関係が最悪な状態に!?

先日リオオリンピックの体操男子個人総合で史上4人目となる二連覇を果たした内村航平選手。その天才的な能力とメンタルの強さを日本中に証明する素晴らしい結果を残すことができましたね!4年に一度のオリンピックという大舞台。年々選手のレベルも上がってきているため、日々のトレーニングや大会前の追い込みはスポーツ選手にとっては誰もが通る道。内村選手にとってはそのケアを欠かさずしてくれていたのは妻の千穂さんでした。

個人総合6種目の内5種目が終わった段階で内村航平は予選1位通過のオレグ・ベルニャエフ選手(ウクライナ)に逆転され、その点差は1点ほどで絶体絶命の展開となりました。が、ここで粘るのも内村選手の強み。最終種目の鉄棒で難易度の高い技も次々とこなし、着地も完璧に。僅差ではありましたが、大逆転で金メダルを獲得しました。内村選手の金メダルが確定した瞬間に会場内のサポーターやファンは大盛り上がり。地元長崎でも内村選手の父親や妹が抱き合って栄光を祝福していました。
一方妻の千穂さんはというと…拍子抜けした表情で、椅子から立ち上がる事も出来ず、二人の娘を膝の上に抱えながらこぼれる涙をハンカチでぬぐう姿が。この大会のためにずっと支えてきた奥さんだからこそこみ上げる思いがあったのではないでしょうか

呆然とした後に涙がこみあげてきている瞬間でしょうか。膝の上には一番下の娘が。内村選手が所属しているKONAMIスポーツクラブで集まって観戦していたようです。内村選手の娘達も今はよくわからなくても大きくなった時にあの内村選手の娘なんだよ!って胸張って自慢する事が出来ますね。via google imghpさて、内村選手の奥さんの千穂さん、実はかわいいとネットでも有名な方なのです。また、今回のリオオリンピックでは何度かテレビに登場していますし、インタビューなどにもこたえておられました。内村選手もイケメンということで注目を集めていますし、奥さんもこれだけの美人。二人の娘さんはちょこっとだけテレビに顔が写っていましたが、どことなく内村選手のくりくりとした瞳を受け継いでいて、とても可愛らしい顔立ちをした2人でした!今回の内村選手の歴史的な二連覇でニュース番組などにも出演する機会が増えたことで、初めて内村選手の奥さんを見た人も多いのではないかと思いますが、実はこの奥さん、昔からちょっとした(悪い意味での)有名人でもあったようで…以下、彼女にまつわる噂をまとめてみたいと思います。

昔はギャルだった??内村選手の嫁は超絶肉食系!!

内村千穂 現在

こちらが先日のリオオリンピックに関してのインタビューの際の千穂さん。とても清楚で落ち着いた感じの大人の女性の雰囲気が漂っています。内村選手を支える良き妻、というオーラが漂っていますね。
また、二人の娘の世話もしっかりと行っているようです。
こちらが内村選手の長女の斗碧(とあ)ちゃん。現在3才。顔がちゃんとカメラ目線ですね(笑)それにしてもキラキラネーム過ぎて読めません。斗碧って言う名前はやはり将来的に国際的に活躍できる体操選手に育てたいからそのような名前になったのでしょうか?表記は一体どうなるのですかね。
長女がキラキラなら次女もキラキラ!今度はまだ1才の次女千碧(ちあ)ちゃん。顔がすでに結構出来上がってきている斗碧ちゃんとは違ってまだふにゃっと赤ちゃんのような顔もしています。本当にかわいらしいですね!
千碧って名前からチアシード連想するのは筆者だけですかね…via google imghp二児の母となり、そして世界的な体操選手の妻としての千穂さん。やはりそろそろ落ち着く時期だったのかもしれません。この落ち着いた柔らかそうなルックスをしている千穂さんですが、やはり二人の娘にこのようなキラキラネームを付けている点である事を物語っていますね…

そうです、彼女は決して普通な名前を付けるような女性ではない…どちらかと言えば最先端を追っている身…【ギャル】だった過去があるのです。それが外見のイメチェンをした後も微妙に残ったことによって、このようなキラキラネームをつけるような形になったのではないかと考えられます。
昔の写真を見てみると実際結構衝撃的なものもありますよね。
ん!?!?!?髪の色と言い、目の周りのメイクと言い、とにかく何もかもが凄く派手な千穂さん。彼女も日本体育大学で体操をやっており、なかなかの実力があったようですが…体操選手にしては珍しい派手目のギャルだったようです。たしかにこの姿は今の千穂さんからは想像できないですよね…

内村夫妻

こちらが、若かりし頃の(今でも十分若いですが)内村夫妻。千穂さん、やはりギャル感が全く抜けていませんね。2人が結婚したのは2012年11月11日。同年のロンドンオリンピックでも金メダルを取り、この頃からすでに世界的に注目されていた内村選手ですから、その体操選手の妻としては少々ふさわしくないようにも思えてしまうのは仕方ないです…via google imghp実は千穂さん、他にも批評が絶えない理由があります。それは、内村選手が4年間にも渡り付き合ってきた元カノから奪ったからだと言われています。内村夫妻が入籍したのは先にも述べた通り2012年11月11日。その翌年の4月19日には長女の斗碧ちゃんが生まれています。通常受精してから出産までは約9ヶ月。逆算すると、結婚した時にはもうすでに千穂さんは妊娠していたことになります!いったいどうしてこんなスピード婚になってしまったのでしょうか?その原因は、千穂さんの有り得ない程の肉食っぷりが原因だとされています。

内村選手はもともと岡部紗季子とさんいう別の体操選手と4年間にも渡り交際をしていました。実は彼女も4才の頃から体操を始めたなかなかの実力派。ですが、大学を卒業し、以前ほど体操漬けの毎日ではなくなってしまった彼女はオリンピックで金メダルを目指す内村選手にとって足手まといにはなりたくないと思い、距離を置いていたのだとか。その隙をついて現れたのが千穂さんだったというわけです。

@sakiiiiiii516)さんの投稿

内村 元カノ 岡部紗季子

こちらもまたなかなかの美人さんですね。実力があった内村選手は多くの女性のあこがれの的であったことは間違いないです。岡部さんもきっと何年も付き合ってきたという自信から、距離を置いても内村選手との関係は大丈夫だと信じていたのでしょう。via google imghp当時のことに詳しい日本体育大学の関係者である人物は、以下の様に述べています。

内村さんは、すでに卒業してコナミに所属していましたから、学校で会うことは難しかったんです。そこで千穂さんは、体操を通じて知り合ったコナミの友人にお願いして内村さんとの飲み会をセッティングしてもらったそうです。

内村選手は体操以外になると超が付くほど奥手で、どちらかというと優柔不断で煮え切らないタイプの“草食男子”なんです。ですから、押されるとめちゃくちゃ弱い。岡部さんへの気持ちがなくなったというより、千穂さんの押しが勝ったということじゃないでしょうか。


これだけを聞くと、仮にも彼女持ちの男性に猛アタックするという千穂さんの肉食っぷりがうかがえますね…不倫ではないので、アウトというわけではないですが、いずれにせよあまり良い印象を持てないのは事実です。ですが、内村選手もそこではっきりとモノを言うべきだったのではないでしょうか?今が幸せならそれでいいのですが、絶対に尻に敷かれているタイプだと断言できますね。

金メダルを取った後のインタビューで、「これまで嫁にたくさんのことを我慢させてきたから、帰ったら思う存分こき使っていいよと言ってあげたい」みたいなことを言っていましたが、どうなんでしょうか(笑)

内村母と最悪な関係に…

今でこそだいぶ落ち着いた千穂さんですが、その若さゆえに内村家、特に内村選手のお母様である内村周子さんと相性がとんでもなく悪いということは以前から噂されていました。結婚した当時のギャルっぽい容姿、そしてできちゃった結婚という事実は内村周子さんからみてかなり印象が悪いので、出だしは最悪ということはなんとなく想定できますが、その後はなぜ関係が修復されないのか謎ですね…

どうやらその理由は千穂さん側だけにある訳ではなさそうなんです。
内村周子さんは、息子の溺愛っぷりが有名です。子離れできていない親の典型的な例です。そしてこの内村母と内村嫁の性格が合わないからこそ、このような冷戦状態になってしまっていると考えられます。

内村周子

内村選手を応援している周子さん。その熱血っぷりが写真を通してでもひしひしと伝わってきますね…これだけ大声を出されていたら内村選手も嬉しいと思う反面恥ずかしいですし、集中できないのも当然かもしれません(笑)
あまりにもその応援が目立ち過ぎたため、大学生の頃の内村選手にはもう応援に来ないでくれとまで言われたそう。これは母にとってはぐさりとくる言葉ですね。via google imghp

「周子さんがしゃしゃり出て、結婚式のウエディングドレスも勝手に決めてしまい、おまけにハワイへの新婚旅行にも付いていったと聞きました。確かに、周子さんの息子への入れ込みようは度が過ぎている。さすがに、内村の嫁も堪忍袋の緒が切れて、いまでは周子さんに孫の顔も見せないくらい、関係は悪化しているみたいです」

子離れできない親ということか。そこで、周子さんに聞くと、

「嫁とうまくいってないなんて、誰が言っているんですか。息子夫婦とは遠距離だし、なかなか会えませんけど、それはどこの家庭でも同じでしょう。2人の孫にも、もっと会えれば何かしてやりたいとは思いますよ。でも、私だって体操教室の仕事をしていたりするから、しょっちゅうは会えないのです」

周子さんも周子さんで十分問題があるように思えます。ここはどちらかが妥協しないと一生不仲のままになってしまうのではないでしょうか…
これは結婚当時のことなので、もうさすがに和解したのでは?と考える人もいるようですが、リオオリンピックで内村選手が金メダルを取った後に向けられた家族のインタビューで、内村選手の実妹がいまだ冷戦状態である事を暴露してしまったことで話題になっていました。

8月9日に放送された日本テレビ系の「情報ライブ ミヤネ屋」。このときに内村選手の妹である春日さんが内村選手に全く連絡を取っていないことを明かしたことで、事態の深刻さが発覚しました。司会の宮根がなぜ連絡をしないのか尋ねても、「向こうは家族を持ってますし‥‥」と言うだけ。
ですが、内村選手の妹である自分も家族の一員であるはず。この発言からすると、内村選手の家族と実家との関係が全く上手くいっていないことが明らかになってしまいました。

この件に関して、ある週刊誌記者は以下の様な発言をしています。

「妹の口ぶりからすると航平との関係が悪いのではなく、航平家族との関係が悪化しているように見えました。つまり嫁ですね。母親どころか妹まで連絡できないとは、関係が相当悪化していると考えてよさそうです。しかし、そんな状態の妹を出演させたテレビ局もたいしたものですが、出てきた妹もたいしたものです(笑)」

帰国したらまずは子供に会いたいというイクメンの内村選手。実家にも帰られるとよいのですが…2人の娘のためにも、実家との関係はなんとしても修復しておきたいものですね。金メダリストには金メダリストなりの、大きな問題をいっぱい抱えているようです。



ページトップへ