佐藤仁美、太る原因は?古市に「てめえこの野郎!」発言の真相は?

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

佐藤仁美は、色んな役をこなせる女優として人気があり、バラエティー番組にも引っ張りだこですが、太る体質をしているのか、どんどん太ってきているのが気になりますね。太る原因はやはりお酒なのでしょうか?

佐藤仁美、太る原因はお酒?

佐藤仁美をテレビで見ることが、再び多くなってきていますが、相変わらずの演技力に加え、とても面白いサバサバした性格で以前よりも人気になっていますね。しかし、気になることが1つあります。それは、佐藤仁美がどんどん太っているのではないかということです。

元々、ガリガリに痩せていたわけではありませんが、太っているイメージはなく、ほどよく女性らしい体型をしていた佐藤仁美ですが、年齢を増すごとに中年太りしている気がしてなりません。佐藤仁美も2017年現在で37歳ですので、1度太ると痩せにくくなる年齢になってはいますが、それにしてもパンパンになっているのが気になりますね。

via google imghp

佐藤仁美は太りやすい

デビュー当時はシュッとした輪郭の佐藤仁美でしたが、現在は立派な二重あごを披露しています。最近出演するテレビ番組で飲酒について多くを語る事から、お酒のせいで体重が増えたのではないかと言われています。

その他、愛煙家でもある佐藤仁美は、タバコも吸っておりそちらも原因であるようです。とある番組に出演した際は、焼肉店でタバコOK発言をして世間から批判を浴びたりしたそうです。

佐藤仁美は、お酒が大好きで、テレビ番組でもお酒が好きなことを語っていますし、お酒を飲む番組にも出演して、その飲みっぷりを披露しています。仕事のストレスなどもあるとは思いますが、お酒も間違いなく太る原因の1つになっているでしょう。

しかし、佐藤仁美がお酒を飲む番組は、サバサバしている佐藤仁美を見れたり、言いたいことをハッキリ言う佐藤仁美を見れるので、面白いのも事実です。また、お酒を飲まない番組でも、お酒を飲んだ時の失敗談などを披露しており、それも面白いと好感を呼んでいます。

via google imghp

佐藤仁美の太る原因は大好きなお酒かも

ただ、太りすぎて体型がおばちゃんっぽくなってきているので、普通に歩いていると芸能人オーラが消えているかもしれません。しかし、女優が全員痩せていればいいというものでもありません。役によっては、ふくよかなほうがいいときもあります。また、芸能人=モデル体型という概念が一般人にはあると思うので、芸能人が余計遠い存在になりますよね。

しかし、佐藤仁美は売れている芸能人なのに、きどったところがなく、太っていても堂々としているので、親近感も沸きますし、芸能人も普通の人間なんだということを分からせてくれている気がします。また、太っていても顔は可愛いので、問題ないという人も多いようですよ。

佐藤仁美、デビュー当時は清純派だった

佐藤仁美は、なんと第20回ホリプロスカウトキャラバンでグランプリを受賞した経歴を持っています。当時の応募数は43000人を超えていたので、約43000人の頂点に立ったのが佐藤仁美だったということになります。このホリプロスカウトキャラバンですが、第27回では、女優の石原さとみがグランプリを受賞していることでも有名ですね。

佐藤仁美は当時、今では考えられないかもしれませんが、まさに清純派としてデビューしており、水着姿も披露しています。この頃はまだ痩せていて、あどけなさが残っていますね。しかし、現在の佐藤仁美には、この頃の面影もしっかりあるので、顔はやはり整っているのでしょう。

via google imghp

佐藤仁美の水着姿

佐藤仁美がブレイクしたきっかけは、ドラマ「イグアナの娘」で主演の菅野美穂の友達役として出演していたことです。主演でもないのに、佐藤仁美は可愛くて注目されていましたね。また、演技力がこの頃から高かったことも佐藤仁美に対する高評価につながっていたのではないでしょうか。

via google imghp

イグアナの娘でブレイク

あのときの清純派のイメージは、どこに行ってしまったの?という感じもありますが、現在の30代の人でしたら、いまだに「佐藤仁美=イグアナの娘」というイメージがぬぐえないかもしれません。また、1997年の「バウンス ko GALS」という映画では主演を演じ、様々なところで新人賞を獲得している実力者です。

演技派女優で再ブレイク

佐藤仁美は、デビュー後、順風満帆に芸能人生を歩んでいるように思いましたが、一時期パッタリ見なくなったことがありますね。佐藤仁美自身も、20代後半ぐらいに干されたかもしれないと自分で感じていたと語っています。というのも、デビュー後に仕事も順調に入るし、賞も沢山とってきたことから、自分自身が勘違いして天狗になってしまったようです。

via google imghp

干された時期があった佐藤仁美

16歳で「ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを獲得し、数々の人気ドラマに出演してきた佐藤。「清純派と言われてかわいかったですよ」と当時を自画自賛した佐藤だが、20代前半から半ばの頃は天狗になっていたといい、「マイク付いてるから聞こえるってわかってるのに『どうして誰もお茶持ってこないんだ』とか」「飲み屋に行くとお客さんが皆チヤホヤしてくれて奢ってくれるんですよ。『バカだなー!』と思って」と当時のエピソードを告白した。

「運よく定期的にずっと仕事があったから、勘違いしちゃって」と苦虫を噛み潰したような顔で語った佐藤だが、「20代後半の頃1年半ぐらいあまり仕事がなくて『干されたのかもしれない…。今まで態度が悪かったからだ』と思って……」と態度を改めたという。

どうやら、スタッフや、周囲の人に対する態度が大きくなってしまったようですね。若くしてチヤホヤされると、勘違いしてしまうのも分かりますが、態度が悪いというのは仕事をなくす原因になっても仕方がないでしょう。周りの大人もしっかり教えなければならなかったと思います。

しかし、仕事が激減し、干されたかもと自分で気付くことで、自分の態度が間違っていたことが分かり、態度を改めるようになったようです。そこから、再ブレイクし、現在ではドラマもバラエティーも引っ張りだこですね。NHKの朝ドラにも出演しているので、朝から夜まで佐藤仁美をテレビで何回か見ることもあるくらいです。

via google imghp

演技力が買われ再ブレイク

再ブレイク後の佐藤仁美は、年々太ってきているように思いますが、やはり演技力が高く、見ているとついつい引き込まれてしまいます。バラエティーに出てもトークが上手いので、注目してしまいますね。佐藤仁美が態度を改めて、再ブレイクしてくれたことは、とても嬉しいことですね。

SNSの反応

SNSでは、佐藤仁美が太ってきていることが気になっている人は多く、中にはお酒の飲み方が凄いから太るんだと思っている人もいるようです。しかし、太っていても可愛いという意見も多いので、佐藤仁美は今のままでいいのかもしれませんね。

佐藤仁美、古市憲寿に「てめえこの野郎!」とブチギレ

そんな佐藤仁美は、12日にフジテレビ「ワイドナショー」に出演して、社会学者の古市憲寿に「てめえこの野郎!」とブチギレして炎上しています。

佐藤仁美が古市憲寿にブチギレる動画はこちら


(13:30あたり)

来年9月での引退を発表している安室奈美恵のことを、

「みんながほめ過ぎの気がして」と切り出して、

「昔の曲を全部歌い直しているんですね。正直昔の方がいいなっていう曲もある。音の伸びとか高音とか歌い方とか。それもひっくるめて評価されないと逆に本人もつらい。今が最高だったって言い過ぎちゃうと。昔の方がいい、“安室さんNO”と言えない空気が気持ち悪い」

とコメント。

するとこのコメントに佐藤仁美は、

「そう思われるのも踏んで引退って言ってると思う。だってずっと人気があるんだよ」

とコメント。

直後に古市が「絶頂というわけでもない」と異を唱えると、すかさず佐藤も「ずっと絶頂なのよ、安室さんは!」と反撃!

それでも、古市は「最近のシングルでも6位とかで、ずっと1位ではない」とかぶせてくると、我慢の限界を超えたのか「ちょっと、こいつネガティブだから。人が好きだっていうとすぐ上から来るんだよ。お前、受け入れる器ゼロだな」と大激怒。

最後の最後には、

「てめえ、この野郎」とブチ切れる沙汰に。

うーん、なんだか太って、言動や性格も悪くなってしまったと思われかねない発言に残念ですね。

まとめ

佐藤仁美が太る原因は、必ずしもお酒だとは断言できませんが、お酒も原因にはなっているでしょう。

また、痩せていたときは可愛いと言われていて、確かにとっても可愛いですが、太っていても可愛いですね。ですが、「てめえ、この野郎」発言からあるように、言動には気をつけた方が良さそうです。

ホリプロスカウトキャラバンのグランプリを受賞した自覚は持っていて欲しいですね。



ページトップへ