参院選当選の今井絵理子の発言に衝撃!政策の知識皆無・・・

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全く盛り上がらなかった参議院議員選挙だったが、SPEEDの今井絵理子はある盛り上がりを見せた!?池上彰からの質問で分かった、政策の知識もなく、沖縄の現状も分からない状態に「政治家失格」「辞退しろ」と批判の声が殺到した。

参院選に当選

人気グループSPEEDに所属している今井絵理子は見事参院選に当選しました。自民党公認のもと、参院選比例区で立候補。7月10日に行われた参議院議員選挙で当選し、自民党新人として華々しい政治家デビューを飾りました。歌手としてだけではなく、政治家としての顔も持ちあわせるようになり、社会活動を多く行っていることからとても期待されています。容姿も綺麗なので、自民党としてはイメージアップを狙ったようですが、上手くいったでしょう。

今井絵理子はすでに結婚して子供がいますが、その子供が耳に障害があることを告白しました。子育てにはとても苦労したようで、それがきっかけで障害のある子供の良い環境づくりのために社会活動をすることを決意したようです。障害者と触れ合う機会が少ない日本では、障害者に対する差別や偏見が多いことを問題視し、政治家になれば、障害児と健常児を分けない教育により取り組めるようになると思い、出馬に至ったそうです。障害を抱える息子を持つ一人の母親としての頑張りに共感してくれる有権者がたくさん集まり、比例区という形ですが、当選することができました。

当選確実となり、安倍首相と握手する今井絵理子。終始笑顔だった。

しかし、今井絵理子の立候補には疑問視する声も多く、全員から好かれているわけではないようです。出馬前から色々なことを噂されていましたが、批判が最も多かったのは、当選後の発言に対してでした。

池上彰からの質問で露見

テレビ東京系列の番組で放送された参院選の選挙速報。司会を人気解説者の池上彰が担当し、見事視聴率トップを獲得しました。そこで問題の発言がありました。この番組の途中で当選が確実となった彼女に質問をした時でした。彼女が沖縄出身ということもあり、池上彰は障害者への福祉の話だけではなく、他の政策についての考えをききたかったのでしょう。

池上彰が質問している様子。池上彰の質問は少し厳しかったものもあった。

米軍基地問題について話を振ったところ、とんでもない答えが返ってきました。


私は選挙中に沖縄を一回、訪れたんですけど。私は12歳のときから実は東京の方でずっと活動を続けていまして、今の現状というものは、家族の皆さんの声とか、友人から聞く沖縄しか現状が分からなかったというものがあります。しかし一回沖縄に入って、沖縄県民の話を聞いたりしていく中で、もっともっと足を運んで取り組んで行かなくてはいけない問題だなと感じました。

これには沖縄県民が一番衝撃を受けたでしょう。元々SPEEDは沖縄出身のグループという肩書で始めており、沖縄への愛着は深いとみんなが思っていました。現実はそうではなく、選挙前にもかかわらず、地元沖縄へは一度しか行っていませんでした。しかも現状を全く把握していないそうです。12歳のときから東京に住んでいるとはいっても、故郷のことである上に、自民党の中でもトップクラスの社会問題の政策である米軍基地問題について理解していないことには驚きを隠せません。いくら著名人枠といっても、あまりにも無知すぎますね。

これからきっちり向き合っていきたい、その課題を取り組んでいきたいなと思います。

「これから」という表現にはさすがの池上彰も苦笑い。自民党から立候補しているからにはそれなりの覚悟と知識が必要です。質問されたからにはきちんと応えるのが筋ではないでしょうか。
他にも候補者に行ったアンケートの全てに回答しなかったということもあり、批判が相次いでいます。候補者389人のなかで答えなかったのはたったの24人。しかも、回答しなかったことに対する返答もありました。

忙しかったのではなく、ご批判は覚悟の上での無回答です。答えられる項目もありますが、沖縄の基地問題や辺野古移設の問題、安全保障問題などは、まだ政治家を目指して間もない人間が答えられるはずがないんです。これから勉強していきます。お手柔らかに、長い目で見ていただければ

政治家になるには、それなりの知識を蓄えてからが普通ではないでしょうか。無知な人間が突然政治家になられても有権者が困ります。しかも比例区なのですから、自民党に票が入れば確実に当選します。今井絵理子自体ただの人気集めでしかないのかもしれませんが、もう少し学んでいただきたいです。せめて政策だけでも・・・。

政治家になった本当の理由

政治についても経済についても、故郷の社会問題や所属する政党の政策さえも知らない人がどうして立候補したのでしょうか。息子をきっかけに、障害者に対する環境について考え始め、政治家になろうとしたことは大変立派だと思いますが、本当にそれだけなのでしょうか。
実は政治家になろうと思った理由にはもう一つあるようです。それはズバリ生活費!シングルマザーとして生きていくにはお金を稼がなくてはいけません。婚約している彼氏は前科があるという噂があります。現在はちゃんとした職業についているようですが、裕福な生活ができるとは言えないようです。そのため、もっぱら稼ぐのは今井の方。SPEEDが売れていた頃は良かったのですが、解散してからはほぼ収入なし。その後もSPEED再結成したりしますが、イマイチの人気ぶりでした。心機一転と、グループの島袋とコンビを組み、「ERIHIRO」として再びデビューするものの売れ行きは微妙な様子。政治家になれれば、お金の心配はもうしなくても良くなるといった気持ちも少なからずあったようです。
彼氏には多額の借金があるというような噂も飛び交っており、どこまでが真実かは分かりませんが、聴覚障害を持つ息子がいる以上、お金は必要になるでしょう。彼氏とはこれからも歩んでいきたいと話しており、過去の罪については気にしていないとし、更生したと言っています。
有権者からすれば、お金のためでも息子のためでもいいですが、政策についての正しい知識を持ち、より良い国づくりを行ってもらいたいですね。

視聴者にはバレバレです。知識のない人が当選してしまうから、「参院選は誰でも受かる」みたいな風潮や「衆院選の方が重要」のような意識が広がるのではないでしょうか。



ページトップへ