今井メロAV新作snowdrop発売!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

元スノーボーダーの今井メロがAVデビューで新作snowdrop発売!今井メロはメンヘラか。風俗やAVに走りやすいかまってちゃん症候群なのか徹底検証。AV画像あり。意外とナイスボディーで坂口杏里より需要あるかもしれない説。

今井メロデビュー作、snowdropは5/1発売

2017年にしてAVデビューしてしまった今井メロのデビュー作が、ついに2017年5/1に発売されます。タイトルはsnowdrop。スノーボード選手だっただけに関連させてきますね。全く坂口杏里といい今井メロと言い、MUTEKIは注目を浴びるのが上手いですね。人気かどうかは別にして。

snowdropの作品内容は、140分に渡るAV。パッケージが可愛目なのでチャーミングな感じかと予想している人もいるようです。今井メロ自身、スノーボード時代可愛いユニフォームを来て少し注目されてましたしね!

お値段は4,298円と、お高めなのかな。高いのか安いのかは買わないからわからないってことにしておきます。坂口杏里の一本の出演料が80万だとかなんとかいう噂があるので、今井メロのAVが売れだしたら二人を比べてみたいですね。私の予想は今井メロが勝つほうですが。

 

今井メロデビュー作

via google imghp

今井メロデビュー作

今井メロAVデビュー

整形や風俗をしたことがおおっぴらになっていた今井メロですが、予想通りと言うべきかなんというが、ついにAVデビューしちゃいました。2017年29歳でです。スノーボードが過去の話になっていてもったいなですが、元アスリートの身体はイイのかもしれません。

そんな完全下路線へ進んだ今井メロの画像がコチラ。

 

今井メロ スケスケ

via google imghp

今井メロ スケスケ

完璧見えてますね


👉 今井メロAV動画 👈

呆れる世間

今井メロ 上半身

via google imghp

今井メロ 上半身

際どい。お顔はケバ目。

今井メロ ペチャパイ

via google imghp

今井メロ ペチャパイ

豊胸手術もしたのでしょうか?この時はまだボインじゃないですね。

バッシングの嵐

スタイルは抜群ですし、顔も整形されているので問題ないとおもいますが、バッシングの嵐は止むことがなさそうです。というか、バッシングを越えて世間は呆れている模様。

別人になっててワロタ

もういい歳こいてんじゃないの

ほんとこいつ何なの

はあそうですか

ダレトク

オリンピック選手がなんでここまで堕ちるんだよ・・・意味わかんねえ

もうとっくにAVデビューしてると思ってた

どうでも良い

などなど。

今井メロ、メンヘラ説

スマホが友達

ブログ更新がやばい。子育てが大変だと言っときながらもブログは止まらない。ファンの人にブログ休んでいいから子供を見てあげてと言われてもスルーで、かまってほしいのか大変大変と自分の大変なことを書き続けたらしい。

これでは後にいうかまってちゃん症候群を疑わざるをえないですね。

スマホ

via google imghp

スマホ

泣き文字が多い

メンヘラの特徴の1つですが、泣きが非常に多いです。ブログの泣きの量。

本日のぉ題は…

以前ドバイにて

まるでトレンドリーダーのようなマネキンを発見!

その際は移動中で写真撮れなかったんだけど、まぁ一言❗️

ファッションセンス抜群マネキン

(^◇^;)

そこで私も挑戦してみた笑

たまたま、、、

持ってる服を組み合わせたら完成してしまった。(;^_^A

マネキンの着用していた服のStyleイメージ(^人^)

っということは…

はい。写真参考ぬがいます笑

泣きではないですが、(汗)の絵文字が多いですね(笑)。

泣き

via google imghp

泣き

最近ピアスの穴を閉じようとインダスピアスを外したの^_^;

下の写真では黒の蝶々のピアスだょ☆

気に入ってた位置なんだけど、危険と不便かつ痒くて…

外してしまおう(泣)

スノーボードでヘルメットや帽子に引っかかりしちゃったのょ(T ^ T)

単なる引っかかりかも知れないけどスノーボード中に転倒した場合を考えると大きなケガの原因となる引き金を引くこともありますからね(>人<;)

さょなら私のインダスピアスくん

これはないてますねえ。

泣くベジータ

via google imghp

泣くベジータ

点が多い・・・。

上の記事を見ていただくとわかるとおもいますが、点がやたら多いです。特に、会話で点を多用すす人が多いようです。例えば「ごめんね…」。これむかつきません?(笑)今井メロが会話でこうしているかは分かりませんが、少なくともブログでこれだけ使っているので、クセづいているのは確かかもしれません。

今井メロ、サゲマン説

サゲマンと今井メロの共通点、親と不仲

父親が厳しいせいでどーのこーの言っているので、不仲なんじゃないでしょうか。ちなみに両親は離婚しています。

不仲なのを悪いとは全く言っていませんが、サゲマンの特徴ではあるのであげときました。

これはケンカ

via google imghp

これはケンカ

自分は悪くないという主張が激しい

今井メロの、何でもかんでも他人のせいにする傾向は様々な場面で確認されていますが、それが自分が悪くないという主張に入ると思います。他人のせいにするのは、サゲマンですよね~。

感謝できない。

最近の今井メロのブログですが、舞台でお世話になったことは嬉しかったと端的に感謝のような気持ちを添えてはいます。だがしかし。その後に乗せてる自撮り写真の量がやばい。

送られた花の写真3枚(内1枚は自分も写ってる)。自分の顔6枚。

割合がおかしいですね(笑)自己愛も相当強いと見えます。

感謝

via google imghp

感謝

今井メロがこうなった原因

子供時代のスパルタ教育といじめ

まず子供時代。父親に厳しく育てられた今井メロは、子供なのに遊ぶことが禁止されていたようです。子供の頃に思いっきり遊んでいない人間は、発達障害になったり、あまりろくな人間になれないそうなので、すでにこの時点で転落人生は始まっているかも。

しかも、父親のスパルタ教育に耐える日々なうえに、学校ではいじめにあっていたそうです。そんな精神状態でスノボーが成功しているのがとてつもなくスゴイと私はおもいます。どこか狂っていないと集中なんか出来ないのではないでしょうか。

彼女が唯一世間にスゴイと言われるスノボーだけは、本当に才能と努力のたまものだったのかもしれません。止めてしまって残念がる人もいます。

スパルタ教育

via google imghp

スパルタ教育

こんなにひどかったのかなあ。辛い

父親

ブログなどでしょっちゅう出てくる今井メロの言葉ですが、「父親が厳しかった」「父から逃げたかった」などの言葉をよく聞きます。レイプに遭っている最中でさえも、厳しい父に帰りが遅いと叱られることを気にしていたそうです。

父親がこれをどう捉えたのか分かりませんが、育て方が厳しすぎたんじゃないでしょうか。言いなり言いなりで育った子供は、自分の意見を持ちにくく、全て言いなりで生きているせいで、なんでも人のせいにするくせがあるようです。また、言った人は軽い気持ちで言ったかもしれませんが、言われた本人は予想以上に真に受けてしまうようです。

そんな人周りにいないですか。もしかしたら今井メロもこれだったりして。

優しい父親

via google imghp

優しい父親

そもそもアダルティーに走る女はどこかおかしい

例えば、かまってちゃん症候群

風俗やAVにはしる女性は、精神疾患があったり、ガラスのハートだったり、過去に強いショックを受けた人が多いようです。わたしの友達にも風俗が一人いますが、滅茶苦茶かまってちゃん症候群です。

かまってちゃん症候群っていうのは、簡単に言うと、仮病を使ったり自分を悲劇的に見せて、他人に同情してもらいたがる病気です。過去に何かあった人に多いですね。

夜の仕事は、かまってちゃん症候群の人にはちょうどいい場所かもしれません。身体を求められるわけですから、必要とされないことが少ないですよね。男性もそういう子に優しくしてあげると一杯いいことしてもらえますから、お互いに良き場所なようです。

構ってちゃん

via google imghp

構ってちゃん

怖いよお

例えば知的障害

世の人々は何かあるとすぐバカバカ言いますが、それは知的障害のことかもしれません。

生活に必要な力(知的能力)に限りがあることで、社会生活がうまく送れなくなっている状態のとき、知的障害といいます。特徴[とくちょう]は、子どもの頃(18才くらいまで)にあらわれますが、あらわれ方は一人一人ことなります。

知的障害

via google imghp

知的障害

知的障害

via google imghp

知的障害

知的障害の女の子は、騙されやすいということもあるので、周りのサポートが大きく人生には関係してくると思われます。
 

夜の街に走るようになったのは

2005年に、父親と決定的に対立。

兄の童夢と同じように家を出ました。

今井メロはその後実の母の家に身を寄せて、名前も父親の成田から母親の今井に変えました。

そして世界大会に向けて成績を出し、2006年のトリノオリンピックに出場する権利を獲得。

そのように一見順調なように見えましたが、やはり父親の影響は簡単には振り払えないようで…

夜の街へと、その衝動が動き出すのです。

さらに、せっかく出場したトリノオリンピックでは惨敗。

帰国したのち、引きこもり生活を始めます。

しかもその時に母親から、バイトでもしたらどうかといわれ、傷がより深くなってしまった今井メロは家をでます。

そして完全に夜の世界に身を置くようになるのです。

まずはまったのがホスト。

男にちやほやされるのが嬉しかったのでしょう。

キャバクラで働きながら大金を掴み、それをどんどんホストにつぎ込んでいきました。

相当稼いでいるにも関わらずそれをほとんど使ってしまうので、いつもお金がなかったそうです。

そしてついには体を売る仕事に。

その仕事が週刊誌に見られてしまい、リストカットや自殺未遂など、メンヘラ化していくのです。

そんな時期を乗り越え結婚もして子供も生まれますが、夫の子どもへの暴力などが原因で離婚。

その後は生活保護を受給するなど、再び苦しい生活へと身をやつします。

このように、今井メロの人生は波乱万丈そのもの。

メンヘラだからこうなったのか、こうなったからメンヘラになってしまったのか。

いずれにしても、どこかでブレーキをかけることが出来なかったのでしょうか。また手を差し伸べる人は、周りにいなかったのでしょうか。

今はまた再びプロスノーボーダーとして活躍しつつAV女優もやっているようですが、早く生活が安定して子供たちにとって安心できる家庭を築いてほしいですね。