乃木坂46、ライブ中にケガ人が出る事故発生も運営公表せず批判殺到

AKB48

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乃木坂46が東京ドームにて行ったライブで、カメラが客席に落下するという事故が起きました。ケガ人まで出た事故だったにも関わらず、運営の対応が悪いとも言われていますが、どんな事故だったのでしょうか?

乃木坂46、ライブ中にカメラが落下する事故が!

乃木坂46が、2017年11月7日、東京ドームでライブを行った際、カメラが客席に落下するという事故が起きました。カメラが客席に落下するという事故は、ライブ中に絶対に起きてはならない事故ですが、どれだけ大きな事故となったのでしょうか。また、ケガ人などはいたのでしょうか?

乃木坂46、東京ドームライブで事故

乃木坂46はこの日、「乃木坂46″真夏の全国ツアー2017 FINAL!”@東京ドーム公演」というタイトルのライブを行っており、この日を楽しみに集まったファンの前で、歌やパフォーマンスを披露しているときに、事故が起こりました。ライブ中だったこともあり、人が多く、足元などは暗かったことでしょう。

乃木坂46、ライブで事故発生

東京都文京区の東京ドームで7日夜に開かれたアイドルグループ「乃木坂46」のライブで、ワイヤでつるされたカメラ1台が高さ約6メートルから観客席に落下、観賞中の10代男性3人が打撲などの軽傷を負ったことが8日、警視庁富坂署への取材で分かった。同署が業務上過失傷害の疑いもあるとみて状況を調べている。

なんと、その事故は、ワイヤーでつるされたカメラが、6メートルもの高さから客席に向かって落下したというのです。客席にいた3人の男性がケガを負ったという事故になり、乃木坂46のメンバーも心を痛める事故だったでしょう、カメラが高いところから落ちてくるって、かなりの衝撃だと思います。

経験したことがある人は多いと思いますが、寝ながらスマホを扱っているときに、手が滑ってスマホが顔面に直撃したときの衝撃って、かなりのものですよね。しかし、このライブでのカメラの落下は、重たいカメラが6メートルもの場所から落ちてきたというので、それ以上の衝撃を受けたはずです。実際にその衝撃がわかる写真があるのでご覧ください。

乃木坂46のライブでカメラが落下してきた椅子

乃木坂46のライブで、観客席用として使われていたパイプ椅子ですが、カメラが落下した場所の背もたれ部分の形が変形しているのが分かります。もし、ライブ中に、観客が椅子に座っていたとしたら頭に直撃していたかもしれません。そうなると、軽症どころの騒ぎでは終わらなかったでしょう。

パイプ椅子は、丈夫に作られているので、90度近くも曲がっているということは、それだけ大きな衝撃だったということです。このパイプ椅子を直撃したカメラは、どんなカメラだったのでしょうか?特定はできていませんが、SNS上で、このカメラではないか?と言われている画像があったので紹介します。

乃木坂46のライブで落下したカメラはこのタイプか?

富坂署によると、カメラは長さ約1・5メートル、重さ約40キロ。4本のワイヤでつるされていたが、うち1本が切れた。

ライブは午後6時ごろ始まり、カメラは午後8時ごろに落下。ライブは中断せず、その後も続けられたという。

確かではありませんが、ライブ中の事故を起こしたカメラは、このタイプのものではないかと言われています。警察の発表によると、カメラの重さは約40kgもあったとのことです。40kgのカメラが6メートルもの高さから落下したら、衝撃を受けた人は、何倍もの重さに耐えたということになります。

なんと、4本のワイヤーでつるされていたはずのカメラですが、1本のワイヤーが切れたことで事故に繋がったようですね。死者が出なかったことが、唯一の救いですが、ライブ中の大きな事故であることには変わりません。警察は、業務上過失傷害の疑いで捜査をしているとのことです。

乃木坂46、ライブ中の事故にも関わらず運営の対応が悪い?

乃木坂46のライブ中に、事故が起きたにも関わらず、運営側の対応が非常に悪かったことも問題となっています。ライブ中は、密室のようになりますし、事故が起きるとすぐには逃げられず、とても怖い思いをすると思います。そんなときに、運営側の対応が悪いとなると、乃木坂46のメンバーからしても、安心してライブができなくなるのではないでしょうか。

乃木坂46の事故、公表に時間がかかった

こうした事故があった当日にもかかわらず、乃木坂46の運営は最後まで「呑気」だったのでは、という意見も……。
「ライブ終了後、乃木坂46は『スペシャルアンコール動画』として『そんなバカな…』を全員で歌っている動画を流しています。メンバーが『皆さん楽しんでいただけましたか』などと語る動画をUPする運営に呆れ果てれる声も目にします。ニュースにもなりませんし、さすがに異常ですよ。8日のライブ終了までは沈黙ですかね」(同)

なんと、乃木坂46のライブは、事故が起きたにも関わらず、そのまま続行され、ライブ終了後にはスペシャルアンコール動画が流れたとか。これだけ大きな事故がライブ中にあったのですから、ライブ終了後には、事故の説明や、おわびの言葉を言うべきだったのではないでしょうか。


ケガ人も出た事故だったので、呑気にライブを続けて、呑気に動画を流している場合ではなかったかもしれないですね。また、ニュースになるのも遅く、ネット上で騒がれてからコメントを出すという対応の遅さにも、ファンは呆れてしまったようです。ここで、運営の対応を紹介します。

乃木坂46、事故があってもライブは決行

乃木坂46公式サイトでは8日、「真夏の全国ツアー2017 FINAL! 11/7(火)公演での事故について」と題された記事を掲載した。「昨日、11/7(火)に行われました『真夏の全国ツアー2017 FINAL!』において、撮影機材が落下し、お客様が負傷する事故が発生いたしました」と報告し、

「事故にあわれた方には、心よりお詫び申し上げます。また、日頃より、乃木坂46を応援していただいている皆様には、ご心配をおかけし、誠に申し訳ございません」と謝罪した。

その上で「今後、ファンの皆様が安心して楽しんでいただけるよう、これまで以上に安全には十分配慮し、より一層の安全管理を行ってまいります」と伝えられた。今日8日に同所で開催予定のツアー千秋楽公演については、予定通り開催するという。運営サイドは「7日に落下した撮影機材は使用せずに、細心の注意を払って開催させていただきます」と説明した。

乃木坂46の公式サイトにて、ライブ中の事故を説明し、謝罪をしていますが、事故の翌日に行われるライブは予定通りに開催するとのことです。この運営側の判断についても、「事故があったのにライブをするのか?」と、不安になる声も多く聞かれているのです。

乃木坂46のライブを楽しみにしていたファンも多いので、開催するのが正しいのか分かりませんが、乃木坂46のメンバーも、ライブに行く観客も、不安なままライブが開催されることになるでしょう。もう少し、運営がしっかりした対応をして、乃木坂46のメンバーも、観客も誰もが安心できるライブを行ってほしいですね。

SNSの反応

乃木坂46のライブでの事故について、SNSでは、怖い事故だったとか、死亡事故になるところだったのでは?という声が多い中、すぐに対応しなかった運営に対する不信感が募っている人も多いようです。乃木坂46は、人気アイドルグループのため、それだけ人が集まる場所になるので、今後のライブが安全に行われることを祈ります。

まとめ

乃木坂46のライブ中の事故ですが、カメラが6メートルもの高さから落下し、観客がケガをしています。カメラが落下した場所の写真が出回っていて、見るとかなりの衝撃だったことが分かります。しっかりした対応ができていなかった運営側の責任も問われる中、乃木坂46のライブは翌日も予定通り開催とのことなので、本当に心から楽しめるライブになるのか、疑問が残ります。



ページトップへ