【完売画家】中島健太の経歴や受賞歴は?作品の価格や画像も公開

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「完売画家」と呼ばれるほど作品が売れている画家の中島健太とはどんな人なのか、経歴や受賞歴などとともにご紹介します。さらに中島健太の作品や購入できる場所、価格についてもご紹介。

画家の中島健太とは?

2019年の夏ドラマ『4分間のマリーゴールド』で絵画監修を担当したことで話題の画家「中島健太」をご存知でしょうか?

中島健太は1984年12月10日生まれで、主に女性をモデルにした写実絵画を得意としている画家です。

中島健太は「完売画家」と呼ばれるほど、作品がすぐに完売状態になることで有名です。制作した作品は全て完売してしまうため、自分の手元には1枚も残っていないのだとか。

中島健太の技法は写真から絵を描き起こす表現手で、写真を撮影するときは、モデルとのコミュニケーションや取材に重点を置いているそうです。

モデル撮影は素材となる写真が集まればいいと思われがちですが、中島健太は取材に重点を置くことに対してこのように述べています。

ただの写真ではなく絵画である必要性は生身の人間が描くゆえの非合理な部分にあり、表面的に出てこない雰囲気を画家というフィルターを通して表現している

ちなみに中島健太の作品に女性が多いのは、最初は単に女性にモテたいために描いていたそうです。ただ、描いていくうちに女性の強さと生きざまを描きたいと思うようになったのだとか。

最初は単純な理由だったものの、中島健太のこのような思いによって中島健太の描く人物画は「内面的な魅力がわかる」「温もりがある」と評価されています。

中島健太の受賞歴や経歴

では、中島健太はどのようにして完売画家になったのか、中島健太の経歴や受賞歴をご紹介します。

中島健太の経歴

実は、中島健太は高校3年生までアメリカンフットボールに没頭していました。しかし在学中に美術教師に影響されて、美術の道に進むことを決意したそうです。

美術の道を志す人ってもっと早く進路を考えていることが多いイメージですが、意外にも高校3年生まで別のものに夢中になっていたようですね!

高校卒業後は新宿美術学院に進学し、一浪したのちに武蔵野美術大学油絵科に入学しました。なんと、中島健太は大学在学中からプロの画家として活動を開始していたそうです!

そして、2008年に武蔵野美術大学を卒業し、卒業後の10月に開催された池袋東武百貨店での初個展から作品が完売したのだとか。

2009年には日本最大の総合美術展覧会「日展」に初出展し、中島健太は特選を受賞しました。当時24歳だったのですが、初出展での特選受賞は最年少だったそうです。

2014年の日展で2度目の特選を受賞し、20代のうちに2度も特選を受賞したのは小磯良平と並ぶ記録なのだそう。

大学卒業後から完売画家の道を歩んでいる中島健太ですが、特に注目を集めるようになったのは2018年にタレントのベッキーをモデルにした肖像画を展示したころからでした。

ベッキーの肖像画はまたたく間に話題となり、9月に36時間のライブペインティングに挑戦したり、『ESPRIT JAPON』で新川優愛をモデルにした絵画を制作したりとさまざまなメディアでも取り上げられるようになりました。

中島健太の受賞歴

順調すぎる経歴の持ち主である中島健太の受賞歴をご紹介します。

2008年、一般佳作賞
2009年、白日会A賞、第41回日展特選
2014年、改組新第1回日展特選、第1回中山アカデミーアワード大賞

中島健太はどんな作品を制作しているの?

ではここで、中島健太はどんな作品を制作しているのかご紹介します。

まずは、2009年に中島健太が日展に初出展し特選を受賞した作品『滑走路に限りなく近い場所』です。

こちらはNEWoMan新宿などで展示され話題となった、ベッキーがモデルの『呼吸』です。

こちらは新川優愛をモデルにした『Frozen Time』で、金箔工芸と融合させた絵画となっています。

画像

https://twitter.com/spice_topics/status/1034380085933953024

中島健太は現在までに500以上の作品を販売しています。

Twitterにも度々アップされているので、気になる方は中島健太のTwitterもチェックしてみてください。

中島健太の作品の価格は?どこで購入できる?

完売画家と呼ばれている中島健太の作品ですが、個展などで販売されているのはもちろん、オンラインショップでも販売しているので、意外にも誰でも購入することは可能なのです。

ちなみに作品の価格は原画で風景画、人物画問わず70~200万円ほど、版画は5~10万円ほど、デッサン画は15万円程度で販売されています。

なお、ポストカードや画集などは数千円程度のお手頃価格で販売されているので、原画や版画の購入が厳しい方はグッズとして販売されているものを購入することをおすすめします。

<こちらもオススメ>

前澤友作の驚愕の経歴とは?学歴と恋愛遍歴も凄すぎる…

今田美桜、インスタグラムの伸び率が日本一に!経歴や代表作は?

知念侑李の甘い顔がかわいい!優秀な経歴やかわいいエピソードもヤバい【画像まとめ】

窪田正孝の経歴&学歴まとめ!オーディション不合格を連発していた…!?

【文春】ディーンフジオカに経歴詐称疑惑

まとめ

画家の道は厳しいと言われている中で、中島健太は順調すぎる経歴を辿ってきました。

これは努力がどうのこうのというよりも、中島健太の才能とアイディアによるものではないでしょうか。

今後も中島健太は日本の画家として最前線を歩んでいく人物となるでしょう。



ページトップへ