【トラウマ】探検ごっこの中学生、リアルに首吊り遺体発見

他ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


アウトドア派の小学生の懐かしい遊びといえば、秘密基地ごっこや探検ごっこではないでしょうか。ところがこの度とある中学生が探検ごっこをしていたところ、恐ろしいものを発見してしまったそうで…

懐かしのごっこ遊び

ごっこ遊びは幼稚園児~小学生くらいの子どもの遊びの定番ですよね。アウトドア派は秘密基地ごっこ、インドア派は人形等を使った家族・友達ごっこなど、誰もが一度は体験したことがあるのではないでしょうか。現実と空想が入り交じる世界で、自らに割り振られた役割を演じ、共に行動し目的に向かう、子どもたちが人として成長する上で欠かせない経験をさせてくれるのがごっこ遊びです。google imghp (66625)

大人は決して知らない(と信じている)秘密基地は彼らの城。via google imghpそんなごっこ遊びの中でも、勇気や行動力を始め、地形を把握する能力など高度な知能が求められるごっこである探検ごっこを、ランクがもう1段階上である中学生が行った結果、恐ろしい出来事が起こったのです。

首吊り遺体、発見

google imghp (66630)

藤岡弘、も未体験レベルの探検かvia google imghp1月28日19時40分頃、埼玉県三郷市にある空き家で首つり遺体を発見したという男子中学生(14)が交番に届け出ました。事の成り行きは、友達と探検ごっこをしていた中学生が窓の開いた空き家を見つけ、カーテンを払いのけて中を覗くと、そこには首を吊っている人が…というものだそう。遺体は50~80歳くらいの男性で死後数日、自殺の可能性が高いとみられています。いやこれは恐ろしい。届け出た時刻が19時40分ということは、発見したのはどんなに早くても夕方以降でしょう。夕方の薄暗い、もしくは既に日が沈んだ中で、空き家のカーテンを払いのけると首吊り死体がぶら下がっていた…遺体は年齢が30歳の幅を持って想定されるくらいなので決して良い状態ではなかったでしょう。冬で臭いがマシだったであろうことが唯一の救いでしょうか。さらに惨殺された他殺体とかでなかった点もまだトラウマ度は低いかもしれませんね。それでも夕方以降の探検ごっこ中というシチュエーションや中学生という年齢を加味すると心配せずにはいられませんが。google imghp (66631)


百戦錬磨のコナンくんとその仲間たちですら驚愕を隠せない死体とのエンカウント。ここから物語が始まる…!?via google imghp

ネットでの意見は同情多め

この事件に対して、ネットでは中学生への同情と心配の声が相次いでいます。間違いなくトラウマになる、心のケアをしっかりしてあげてほしい、大人でも耐えられない人がいそうなのに…等々、確かにその通りですよね。そんなショッキングな出来事にも関わらずきちんと交番に通報できたのはすごい。一緒に探検ごっこをしていた友達もいたから気を保てたのでしょうか。その一方で、暗い時間に中学生が外をうろついていたり空き家に侵入しようとしていたのはおかしい、犯罪に巻き込まれなかっただけマシ、等といった意見もありました。大人の肝試しとは違いまだ中学生、探検するなら明るい時間に、さらに空き家と思われても所有者のある家かもしれないので勝手に入ろうとはしない方が良いですね。変な人の溜まり場になっていないとも限りません。google imghp (66635)

via google imghp他に見られた意見としては、事件は置いといて、いまだに探検ごっこをしている子ども、それも中学生がいることを微笑ましく思ったというものもありました。最近の子どもは外で遊ばないとか、幼い頃から友達と居てもゲームやパソコン、スマホなどでばかり遊んでいると言われています。この日本にもまだ探検ごっこをする中学生が存在していた、その事実が大人を和ませたようです。それも、決して地方を馬鹿にするとかではないですが埼玉県ですよ。この事件をきっかけにまた外遊びを控えさせるような親が増えたりしないことを祈るばかりです。

大人も探検しよう!

この中学生たちのように、たまには外を探検してみてはどうでしょうか。近所でも、自然の中に出かけてみても、旅行に行ってみるのも良いですよね。五感が刺激されて、日頃どれだけ限られた世界、限られた感覚の中にいるのか、見直すきっかけになるかもしれません。その際は、死体との遭遇などでなく、後で笑い話に出来るようなちょっとしたトラブルにも遭遇したりするとなお良いでしょう!google imghp (66640)

冒険しすぎてて笑えません。via google imghp



ページトップへ