【カルト】世界の怪しい宗教まとめ【アングラ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宗教、というとキリスト教や仏教などのイメージが強いはず。しかし、世界には実に様々な宗教が存在するのです。 今回の記事では、普段の生活では絶対に触れない怪しい宗教をご紹介。ちょっぴりアングラな世界を楽しんでください。

宗教、というと我々日本人には馴染みの薄いもののように感じる人が多いのではないでしょうか。確かに、個人の教義としてクリスチャンであったり仏教徒であることをしっかり自覚している人は少ないかもしれません。しかし、宗教と馴染みが薄いというのは大きな間違いなのです。

例えば、食事の前に手を合わせるのは仏教の習慣ですし、八百万神といった概念は神道のもの、クリスマスやバレンタインはキリスト教の習慣です。また、誤解されがちですが神社は神道の、お寺は仏教の施設なのです。日常生活に多くの宗教が溶け込んでいるからこそ、却って宗教を身近なものに感じられないのかもしれません。

さて、今回の記事ではそんな宗教についてご紹介。ただし、今述べたキリスト教や仏教といった有名なものではありません。さらには創価学会や幸福の科学、エホバの証人や天理教といった大手新興宗教も除外。それどころか、むしろ半分ふざけているかのような怪しい宗教だけを紹介したいと思います。多くの人が一生関わることのないであろうおかしな宗教。そのアングラな世界をどうぞお楽しみください。

なお、今回の記事は特定の個人、団体を批判するものではありません。

世界最大の秘密結社! フリーメイソン(イギリス)

google imghp (79620)

via google imghpいきなり宗教じゃないじゃん!というツッコミが聞こえてきそうですが、この手のカルト集団となると真っ先に名前が上がる団体の一つなので紹介させていただきたいと思います。

フリーメイソン(正式にはフリーメイソンリー)は全世界に600万人以上の会員を持つ友愛団体。総本部はイギリスにあり、西洋史にも深く関わると言われる秘密結社でもあります。シンボルマークであるコンパスと定規は、もともと石工職人のギルドだったことに由来します。Gは至高の存在であるGOD等を意味しますが、フリーメイソンは特定の存在、概念を信仰してはいません。

フリーメイソンとは、実際に世界を牛耳ろうと考えている秘密結社かどうかはわかりませんが、少なくとも表向きには「自由」、「友愛」、「平等」、「人道」、「寛容」の5つを基本理念とする友愛団体です。チャリティなど福祉活動などを行う、一般的に抱かれているマイナスイメージとはむしろ真逆の団体なのです。

日本にもロッジ(支部)があり、世界共通の入会条件を満たせば入会することができます。この条件とは、何らかの信仰を持つことであり、宗教は問わず、キリスト教、仏教、イスラム教全ての信者が入会の資格を持ちます。また、特定の宗教を進行していなくとも、神の存在を信じていれば入会の資格があります。よって、無神論者はそれだけで入会することはできません。これに加え、成年男性であり、一定の収入があり、障害者でなく、道徳心を持つことが条件となっています。

謎の怖い秘密結社という認識だったのが、実は我々でも入れるとわかって一気に身近に感じられるようになったのではないでしょうか。さて、聞き慣れた言葉はここまで。次からはこの記事の本題。アンダーグラウンドの世界に足を踏み入れていきましょう。

アングラ宗教最大手! 空飛ぶスパゲッティ・モンスター教(アメリカ)

google imghp (74061)

via google imghpということで本命へ。まずはこの手のジョーク宗教としては最も有名であろう、空飛ぶスパゲッティ・モンスター教をご紹介。画像は教団のシンボルマークで、初期のキリスト教で用いられていたイクトゥスというシンボルのパロディ。ボビー・ヘンダーソンによって設立されたこの団体の目的は、インテリジェント・デザイン説(ID説とも呼ばれ、偉大なる知性ある存在がこの宇宙や生命を作り出したとする考え)を教育課程に取り入れることを否定する、というものなのです。

名前ばかりが有名になり、悪ふざけ宗教のイメージが強くなっていますが、実は目的があって作られていたこの団体。現在は各国に支部があり、なんとオランダでは正式な宗教団体として認可されています。こうして聞くと何だかまともな宗教に感じられますが、残念ながらやっぱりまともではありません。

特に悪ふざけかつ笑えるのはその教義。天国にはビール火山がありストリッパーだらけだとか、祭日は金曜日、理由は花金だからとか、極めつけは祈りの言葉。「アーメン」の代わりに「ラーメン」といいます。ホントです。

ちなみに入信はいつでも可能。日本支部もあるので、興味のある方は調べてみてはいかがでしょうか。もっとも、自分たちの宗教を"スパモン教"などと略すトンデモ集団ですが…笑

コピペが神聖な行い? コピミズム伝道協会(スウェーデン)

google imghp (74064)


via google imghp続いて紹介するのはスウェーデンの宗教、コピミズム伝道協会です。2010年に当時大学生だったイーサク・イェショーン氏によって設立されたこの団体は、「情報は神聖であり、それを複製、共有することは聖なる儀式である」という信仰を持ち、シンボルにもコピーとペーストの際に用いるキーボードのショートカット・キーであるCtrl+CとCtrl+Vが記されています。

先ほどのスパモン教の様な強烈なインパクトには欠けますが、冷静に考えればコピペが教義の宗教って相当オカシイですよね… ちなみにこの宗教もスウェーデンでは政府から正式に認可されているようです。

この宗教を信仰する人はコピミストと呼ばれ、日本支部も設立されています。つまり、日本にもわずかながらコピミストが存在するのです。そう考えると、何だか少しワクワクしますね。この宗教の「スピリチュアル・リーダー」、いわゆる教祖を務めるのは設立者のイーサク・イェショーン氏ですが、彼によれば「世の中はDNAから製造業までコピーで溢れていて、真にオリジナルのものなどない」「コピーする行為はもちろん神聖だが、さらに素晴らしいのは他人の作品をさらに良いものに昇華する行為」と、さすがは教祖、なんだか意外とまともなことを言っている気にさせてきます。

少なくともイーサク氏は真面目なのでしょうが、他の信者はふざけ半分なのか、真面目なのか、判断のしづらい宗教ですね。しかしまあ、少しずつ世界に規模を広げているということで、今後の活動が楽しみではあります。

SEXが儀式? リトル・ペブル同宿会(日本)

google imghp (74078)

via google imghpお次は日本からも紹介。ここから一気にアングラ度数が上がるのでご注意ください。日本は秋田県で活動するこのリトル・ペブル同宿会は画像のジャン・マリー司祭(本名・杉浦洋)を教祖とする集団ですが、わずかに5人しかいない団体のため、上2つの宗教と比べると一気にその規模は小さくなります。しかし、それもそのはず。何しろこの教団は一般的には"SEX教団"として知られ、神の前で毎日"正しいセックス"をすることを教義としているのですから…

さて、一気にアングラ度数が突き抜けたので一旦整理を。教団名にも使われているリトル・ペブルですが、これはウィリアム・カムという実在の人物の通名。この人物が立ち上げた「聖シャーベル修道会」という教団がこのリトル・ペブル同宿会の母体となっています。しかし、リトル・ペブル教祖が児童強姦の容疑で逮捕されたことをきっかけに暴走し、SEXが教義に取り入れられるようになってから聖シャーベル修道会からも認められていません。つまりは、上2つの宗教とは異なり本当の異端、まさにカルト教団なのです。

実際に正しいセックスを行うのは教祖のジャン・マリー氏と信者の一人、クララ・ヨゼファ・メネンデス氏。ヨーグルトを潤滑剤として用い、挿入せずこすりつけるだけという、いわゆる素股が正しいセックスのやり方だそう。ちなみにこの教団イエスやマリアのことを神ちゃま、マリアちゃまと呼んだり、教祖自身が自分はエロいから神に選ばれたなどと発言していたり、オカシイ点は枚挙にいとまがありません。

どうやら経済的にかなり困窮しているようで、ホームページでは正しいセックスのやり方を収めたDVDが売られています。また、クララ氏のブログも高頻度で更新されているため、興味のある人は色々と覗いてみたり、調べてみるのもいいかもしれません。気分が悪くなっても責任は負いかねますが…

一見ただの中二病集団? ザイン(日本)

google imghp (79441)

via google imghp最後も日本からの紹介。このザイン、正確には宗教団体ではない(団体自らが否定している)のですが、一般的にカルト教団として認知度が高いため紹介させていただきます。

団体の代表である伯壬旭(本名・小島露観)は、チベット密教と神智学を基礎とした独自の学問「神文学」を打ち立て、時間が宇宙の根源であり、その時間の神をZ(ザイン)と呼び、Zが求める世界変革を「ZX(ザイクス)プログラム」、そしてそれによりもたらされる新たな世界が「帝國ZX」であると主張しています。一見中二病の学生の妄想としか思えないですが、なんとこの小島氏は東大卒の超エリート、しかも現在は76歳と高齢です。

こんなザインの主な活動ですが、上記の神文学の考えに基づいたセミナーの開催や開運グッズ、アクセサリーの販売。これらの活動は株式会社シリウスという実在の会社によって行われているため、団体は一連の活動を宗教活動ではなく単純な利益追求だと主張しているようです。しかし小島氏はしばしば政治思想の強い発言、その他扇動的な発言が目立つことや、商法から新興宗教と類似する部分が多く、一般的にはカルト教団としての認識が強くなっています。

しかしながらZXプログラムとか帝國ZXとか真顔で言っていると考えると全く恐ろしい団体には感じませんね… ちなみに、団体名も「ザイン」としましたが実際にはコロコロと変わっているようで、「八幡幕府」「大汗帝國」などを経て現在は「天業古代王朝」となっているようです。とても70過ぎのおじいさんのセンスとは思えません。普通にちょっとかっこいいと思っちゃったのは内緒です…笑

まとめ

世界の怪しい宗教まとめ、いかがだったでしょうか! 普段の生活では絶対に接することのないアングラな宗教たち… その深淵な魅力を少しでも感じていただけたのならば幸いです。

他にも、少し調べてみると世の中は意外なほどたくさんの宗教で溢れていることに気が付きます。興味を持たれた方は、ぜひ色々と調べ、さらにディープな世界に浸ってみるのも面白いのではないでしょうか。