上西小百合のインタビューがまるで船場吉兆だと話題に

政治経済

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

炎上騒動で松居一代と共に毎日テレビに出続ける上西小百合。今度はインタビューが面白すぎると話題になっています。あの船場吉兆のインタビュー並みに面白いと言われていますが、マスコミが少し悪質な部分も。

上西小百合の炎上

Twitterでの炎上騒動でいま注目を集めている衆議院議員の上西小百合。レッズサポーターとの応酬は過激化し、とうとう殺害予告にまで発展し、警察沙汰となりそうです。最初は無断で国会を欠席した問題から始まりました。そこで振り切れたのか、今では過激ツイートを繰り返し、国民ともめるところまでいきました。しかし、ほとんど反省しておらず、国の代表だという意識もあまり感じられません。

以前から上西小百合は炎上を自分からさせている様な印象を受けましたが、今回はサッカーというスポーツが絡んできたとあって今までとは大きく異なります。日本においてスポーツとして発展していったサッカーにはサポーターや選手の熱い気持ちがあります。歴史も長く人も多い競技に喧嘩を売ってしまいました。

上西小百合のインタビュー

炎上を受けて、各マスコミは上西小百合へインタビューを続々と申し込み始めました。上西小百合のモットーとして、国会議員は説明責任を果たすのが当然だとしているので、どの局のインタビューにも応じてくれます。いつも通りインタビューに答えてくれたのは良いのですが、そのインタビューVTRが話題になりました。

浦和レッズサポーターやJリーガーがたくさん怒りや批判のメッセージを上西小百合に投げかけており、実際にどう思っているのかを聞いています。炎上して騒ぎが大きくなっていることに回答しています。しかし、動画で5分を過ぎたあたりを見ると秘書が登場します。上西小百合に何を言うかのアドバイスをしています。はじめ話していたことを否定し、別の言葉にいいかえるように誘導しました。コントを見ているようですね。

「バイキング」でもほとんど同様に秘書が話を遮り、謝罪する方向へ促すように話を進めている様子が映し出されています。動画開始から1分ほどのところですね。あまり全面的に従っている様には見えず、いやいやも含まれていますが、結局は指示通りにコメントしています。両方の動画ともやはり最初に話していたのが上西小百合の本音だと言えます。秘書に嘘を言うように言われて嘘を言っているのがばれています。本音だけを聞くと全く反省していませんし、悪いとはこれっぽっちも思っていないみたいですね。国の代表として本当に残念です。

船場吉兆とそっくり

実はこの一連の秘書との会話があの伝説の記者会見と同じだと言われています。インタビューと記者会見という場は違いますが、船場吉兆を彷彿とさせるインタビューでした。

via www.youtube.com「頭が真っ白になって」は名言ですね。ささやき事件として今もなお語り継がれています。こうしてみると本当にそっくりです。こういう風に傀儡になっている人は多いのかもしれませんが、オープンになってしまうと滑稽です。息子が話す内容を母がカバーしているのですが、マイクがそこまで性能が良くないと勘違いしているのか、マイクの前で囁いてしまっています。すべて丸聞こえなのに、恥ずかしいですね。上西小百合の件はこれとは種類が異なりますが、結果的には同じとなってしまいました。船場吉兆では息子の無能っぷりと母親の恥ずかしいささやきが見られましたが、今回は上西小百合の全く反省していない様子が映し出されました。

秘書の正体は?

ところで、上西小百合の秘書は何者なのでしょうか。笹原雄一という名前で、かつてはJYJという東方神起から派生したグループの広報をしていたそうです。イーミュージックの代表取締役という肩書で活動していました。それが今では解任されて、上西小百合の秘書に落ち着いています。JYJで失敗したので、次は上西小百合なのかと思いましたが、本人はすぐにでも辞めたいと言っている模様で、真相は分かりません。

金にもならないけど、やっているのですね。何やら複雑な事情があるような気もします。くだらないとか言ってるわりには意外と良いアドバイスをしています。

このようなツイートもしているので、政治家は好きなのでしょうか。完全に炎上商法というか注目されたがっている感じがします。

マスコミは良いのか、悪いのか

上西小百合のインタビュー映像は上西小百合の反省していない様子と、秘書の声かけがまるで船場吉兆だということで話題になりましたが、よく見てみるとおかしな感じもあります。上西小百合に限らず、女性タレントなども含めて一旦カットして言い直すケースというのはなくはないと思います。実際、上西小百合も最初の発言はカットしてくれると思って言い直しています。それをすべてカットせずに発言してしまったのは悪質なものがあると思います。上西小百合が人として間違っていると考え、ジャーナリズムの精神から放送しているとすれば分からなくもないですが、上西小百合はしてやられた気持ちになったでしょう。しかし、このようなことを続けると、いつか誰も発言してくれなくなるかもしれません。

まとめ

上西小百合は炎上騒動について、自分は全く悪くないと考えています。それにより、秘書に発言を直されて、直される様子もすべて地上波で放送されました。自分の行為や発言をもう一度見返した方がよいかもしれません。炎上商法によって、第二の杉村太蔵を狙っているとの噂がありますが、上手くいくのでしょうか。ぜひこれからも頑張っていただきたいです。

炎上騒動で松居一代と共に毎日テレビに出続ける上西小百合。今度はインタビューが面白すぎると話題になっています。あの船場吉兆のインタビュー並みに面白いと言われていますが、マスコミが少し悪質な部分も。

上西小百合の炎上

Twitterでの炎上騒動でいま注目を集めている衆議院議員の上西小百合。レッズサポーターとの応酬は過激化し、とうとう殺害予告にまで発展し、警察沙汰となりそうです。最初は無断で国会を欠席した問題から始まりました。そこで振り切れたのか、今では過激ツイートを繰り返し、国民ともめるところまでいきました。しかし、ほとんど反省しておらず、国の代表だという意識もあまり感じられません。

以前から上西小百合は炎上を自分からさせている様な印象を受けましたが、今回はサッカーというスポーツが絡んできたとあって今までとは大きく異なります。日本においてスポーツとして発展していったサッカーにはサポーターや選手の熱い気持ちがあります。歴史も長く人も多い競技に喧嘩を売ってしまいました。

上西小百合のインタビュー

炎上を受けて、各マスコミは上西小百合へインタビューを続々と申し込み始めました。上西小百合のモットーとして、国会議員は説明責任を果たすのが当然だとしているので、どの局のインタビューにも応じてくれます。いつも通りインタビューに答えてくれたのは良いのですが、そのインタビューVTRが話題になりました。



ページトップへ