公開日:2016年12月27日   更新日:2016年12月27日

三浦九段スマホ不正問題はシロ!将棋連盟に批判殺到

将棋界に走った不正問題だったが、将棋連盟の勇み足だったようだ。三浦九段のスマホ使用問題は証拠不十分という形で、事実上の「無罪」となった。処分を下した将棋連盟や糾弾した棋士には相当な批判が行っている。

8,464

三浦九段の不正の証拠なし

将棋界に激震が走って約3ヶ月。スマホによる不正をした棋士として汚名を着せられた三浦九段は出場停止になっています。証拠がないだけで本当はしたかもしれないこともありますが、証拠がない以上、ここでは「シロ」として話を進めます。彼は不当な処分を受けたことは間違いないですし、いわば冤罪であり、彼をハメた棋士や将棋連盟は加害者と言っても良いくらいです。
第三者調査委員会は将棋連盟が訴えた不正疑惑を退ける形となりました。確実な証拠は何一つなく、将棋連盟が話すものだけで必ずしも「クロ」だとは確定できないということでした。もともと九段というトップクラスの棋士がわざわざスマホを使用する意味がわかりません。現在ではスマホの将棋ソフトレベルではまだ八段・九段のレベルまでは追いついていないらしく、三浦九段にとっては使う価値が無いです。なぜ処分されたのでしょうか。
最初に訴えたのは渡辺明竜王です。2016年8月頃より噂ではあがっていましたが、表立って発言したのは初めてでした。羽生善治三冠らトップ棋士たちが集まり、渡辺竜王の話を聞き、「クロ」だと判断したようです。今となってはもっと調査をせずになぜ「クロ」と判断してしまったのか疑問です。話をすべて鵜呑みにしてしまったのでしょうか。
三浦九段は徹底して否定しました。しかし、容疑は晴れることなく出場停止の処分を受けました。棋士として不正をしたという汚名を着せられたことはキャリアに関わります。一度不正のイメージが付けば、もしちゃんと将棋をしていたとしても不正をしているのではないかと疑われます。先々のことを考えて処分したとは到底考えられません。
google imghp (61182)

via google imghp

検証の結果

肝心の将棋ソフトと三浦九段の手がほとんど一致していたということについては確かなようです。渡辺竜王などが一致率が高かったことを説明したと伝えられています。しかし、それは三浦九段に限らず、他の棋士の手を調査してみても一致率が高い場合があったようです。しかも棋士によっては三浦九段よりもスマホソフトとの一致率が高かったようです。三浦九段が不正しているとすれば、この他の棋士全ても疑う必要があります。現実的にありえません。
まず、スマホ不正の疑いですが、三浦九段のスマホ・パソコンなどを全て解析したがどこにも不正の事実は認められませんでした。そして30分もの長時間の離席があり、その時不正をしていたなどという噂があったが、いくら調べてもそのような時間離席していたという事実がありませんでした。長時間離席していないにも関わらず、したことにされたことは考えられません。しかも監視していた人もおり、その時点で「シロ」はほぼ確実なものになっていました。
27日に三浦九段は会見を開きましたが、処分を受けたことに納得行かないと話していました。対戦相手である渡辺竜王の言うことだけを信じ、なぜ自分のことを信じてくれなかったのか、懸命に訴えかけていて本当に可哀想でした。家族に迷惑がかかり、推測で「クロ」だとされて、勝手に言われることに関しては苦しかったようです。

責任追及

竜王戦に出場停止や不正疑惑の汚名など、償っても償いきれないことをしてしまったと思います。将棋連盟も全く味方をしませんでしたし、弁護士の話を聞いてみても、非常にひどい対応をしていたことが分かります。処分はもう少し慎重にするべきですし、状況証拠、しかも不十分なものしかないにも関わらず、出場停止処分を下したことには疑問を覚えます。
また、渡辺竜王を含め、三浦九段を疑った棋士、疑うだけならまだしも表立って公然と批判した棋士は謝罪する必要があると思います。「クロ」だと思って発言したというような言い訳は通用しません。棋士が「クロ」だと言えば一般人は何も知らないのですから信じてしまいます。一部の棋士は「自分も一般人だ」と話していたようですが、与える影響は一般人とは比べ物にならないことは分かるでしょうし、三浦九段や彼の家族に与えた精神的な苦痛を与えています。謝罪だけでは済まされません。
将棋連盟と三浦九段を批判した棋士については直接三浦九段に謝罪するのはもちろんのこと、会見を開き、公的な場で謝罪、説明をする責任があるのではないでしょうか。特に渡辺竜王がどういった反応をするのか気になります。なぜ被害者であるはずの三浦九段が記者会見を開き、ファンの方に謝らなければいけないのか、理解に苦しみます。三浦九段の早期復帰、将棋連盟その他の早期対応を期待しています。
google imghp (61183)

via google imghp
16 件

■ 関連記事 こんな記事も人気です♪

三浦弘行九段、スマホで将棋ソフト利用し不正か

三浦弘行九段、スマホで将棋ソフト利用し不正か

将棋にもスマホの時代が到来したようです。対局中の退席でスマホ利用との疑いがかかりました。最近ではスマホのソフトでそこそこのレベルの棋士には勝てるそうで、ITの発達は人間を不正へと引きずりこみます。橋本八段のツイートも。
2,755
2016年2月21日の最新芸能エンタメニュースネタ速報まとめ

2016年2月21日の最新芸能エンタメニュースネタ速報まとめ

何かと今話題になっている女優・清水富美加。次は過去不倫していた相手がKANA-BOONの飯田祐馬だったことが判明。これを受けて飯田は謝罪。KANA-BOONのこれからは・・。エンタメニュースは毎日21時に更新中です。
43
坂口健太郎と映画共演のmiwa、Mステであざとい!嫌い!と炎上

坂口健太郎と映画共演のmiwa、Mステであざとい!嫌い!と炎上

坂口健太郎と公開中の映画「君と100回目の恋」で共演したアーティストのmiwaがMステでお互いの手の平を合したり見つめ合ったりとあざとい行動で炎上。そんな批判内容の画像と炎上するTwitterの嫌い意見などをまとめてみました。
1,372
豪華な海外セレブも反トランプとしてデモに参加!

豪華な海外セレブも反トランプとしてデモに参加!

アメリカの大統領に就任したドナルド・トランプに対して、一般市民と共に有名なセレブたちもデモに参加しているようです。そんな彼らの豪華過ぎる顔ぶれと、彼らのトランプに対する主張をご紹介します。
120
ガキ使ガースー&ヘイポーがリストラ?ガセと日刊大衆が謝罪

ガキ使ガースー&ヘイポーがリストラ?ガセと日刊大衆が謝罪

日テレの人気バラエティ「ガキ使」の“ガースー(菅賢治)”と“ヘイポー(斉藤敏豪)”がリストラされたとする報道。「笑ってはいけない」シリーズの打ち切り終了も噂された中、松本人志がTwitterでこの報道を否定。日刊大衆を批判した。
315

# 関連タグ

■ キュレーター

ホークM ホークM