リンチーリンの子供の性別は?代理出産の噂も徹底調査!

エンタメ 海外 芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


台湾で知らない人はいないほど、大人気の女優リンチーリン。いつまで経っても変わらぬ美貌を誇っていますが、先月第1子が誕生したことを発表しました。しかし、その出産を巡って様々な憶測が浮上?今回はリンチーリンの子供の性別や代理出産の噂、さらに不妊治療の真相を徹底調査していきます。

台湾の人気女優・リンチーリン

リンチーリンは台湾の人気女優で、カナダのトロント大学を卒業している才女。

昔から変わらぬ美しさを持っていますが、その年齢は47歳!

台湾ではモデルから芸能活動をスタートさせ、2003年頃に人気が爆発。

その後、ドラマやCM、映画、親善大使、MCなど多方面で大活躍してきました。

また台湾だけにとどまらず、海外でも活動を行っており日本では2010年のドラマ『月の恋人〜Moon Lovers〜』で木村拓哉さんの相手役に抜擢。

今では台湾で一番有名な女優とも言われており、2019年にはEXILEのアキラさんと結婚。

リンチーリンは2000年に3カ月間、日本へ語学留学をしていたこともあり日本語も堪能。

二人は舞台『レッドクリフ 〜愛〜』で共演後、長い間友人関係を過ごし交際に発展したと言われています。

現在は夫婦で雑誌のグラビアやテレビCMに登場することも多く、台湾ではかなり人気の芸能人夫婦になったようです。

リンチーリンが第1子の出産を発表!

2022年1月31日、リンチーリンとアキラさんはそれぞれのインスタグラムで第1子の誕生を発表!

誕生日は明かされていませんが、「(台湾の)新年の前」ということで2022年1月に出産したと予想されます。

アキラさんは「常に前向きな希望を持ち続けていれば必ず、明るい愛に満ち溢れた未来が待っています!」と喜びを爆発!

そしてママとなったリンチーリンも「ついに小さな天使がわが家に誕生しました。この美しい年の初めに、心から感謝の気持ちを愛するすべての人と分かち合いたいです」と伝えました。

ちなみにリンチーリンは昨年11月に誕生日を迎えた際、「母親に感謝、命に感謝、奇跡に感謝」と伝えており「妊娠しているのでは?」と噂されていたようですね。

リンチーリンの子供の性別は?

リンチーリンとアキラさんの子供は、性別が明かされていません。

しかし、リンチーリンのお兄さんによって子供の性別が「男の子」であると判明!

リンチーリンのお兄さんはインタビューを通じ「彼(チーリンの息子)は新年の前に生まれ、新年の間に良いニュースをみんなに伝えた」と明かしており、「彼」という表現から子供が「男の子」であることが分かりますね。

ちなみに名前は「日本の名前」が付いているということですが、台湾も日本と同じく漢字表記なので台湾でも通じるような日本名なのかもしれません。

リンチーリンは高齢だけど自然妊娠?不妊治療を行っていた?

47歳で第1子を授かったリンチーリンですが、すでに高齢出産の域です。

そのため、ネットユーザーの多くは「自然妊娠だったのかな?」と気になった様子。

特に同じくらいの年齢で妊娠を望んでいる場合、その結果によっては背中を押されるかもしれませんね。

しかし、リンチーリンはアキラさんとの結婚後に不妊治療を行っていたようです。

40歳前後に卵子を凍結

またリンチーリンはまだアキラと結婚をする前、40歳前後の頃に卵子を凍結。

台湾でも日本と同様に晩婚化が進んでいる関係で、近年は若い内に卵子を凍結する方も増えています。

リンチーリンも例外ではなく卵子を凍結したということなので、自然妊娠ではなく体外受精をした可能性が濃厚。


もちろん、不妊治療によって自然妊娠をした可能も否定できませんが、結婚後にスムーズに妊娠をしたというケースではないようです。

リンチーリンに代理出産説が浮上!その真相は?

47歳で第1子を授かったリンチーリン。

その一方で、リンチーリンは自分で出産したのではなく「代理出産」では?と言われています。

代理出産は精子と卵子を体外受精させ、その受精卵を第3者の女性の子宮で育て出産する方法。

最初から第3者は出産した子供を引き渡すことを前提をしており、違法ではありません。

今回、リンチーリンに代理出産疑惑が浮上した理由のひとつが「突然の出産発表」でした。

しかし、最近では流産などの可能性を考慮し、あえて出産をしてから報告をする方もいますね。

さらに台湾の地元メディアは「リンチーリンに第1子が誕生」と報じましたが、「第1子を出産」と報じたメディアはかなり少なかったようです。

「誕生」と「出産」では微妙に意味が異なるため、代理出産の噂が浮上することになりました。

リンチーリンの出産に対するネットユーザーの声

最後に、リンチーリンの出産に対するネットユーザーの声をご紹介しましょう!

リンチーリンは出産のニュースが報じられた直後から、代理出産の噂が上がっていました。

日本ではまだまだ例が少ないですが、海外では代理出産も子供を出産するためのひとつの方法。

そのため「隠す必要はないのでは?」という意見もありました。

40歳前後で卵子を凍結し、結婚後は不妊治療も行っていたと言われているリンチーリン。

この過程だけでもかなりのお金がかかりますが、さらに代理出産には高額な費用が必要となります。

そのため、一般人はなかなか真似できないのが現状ですね。

47歳で第1子を授かったリンチーリン。

このニュースを聞いて「年齢は関係なく妊娠できる」と感じた方も多いはず。

特に高齢で子供を授かりたいと考えている方は、勇気をもらったかもしれません。

しかし、誰もが同じ条件下で妊娠できるわけではありません。

さらに代理出産となれば、かなりハードルも上がりますね。

リンチーリンはトップ芸能人であるからこそ、妊娠や出産に関しての詳細を明かしていないようですが、逆に同世代の女性たちのためにその裏側を教えて欲しい!という声もありました。

<こちらもおすすめ>

満島真之介結婚2年でラブホで風俗嬢と密会&浮気!?

2019年に結婚した芸能人まとめ【令和婚】

まとめ

リンチーリンの子供の性別や代理出産の噂、さらに不妊治療の真相を徹底調査しました!

昔と変わらぬ美貌を誇っているリンチーリンですが、すでに年齢は47歳。

海外では人気女優たちがスタイル維持や体への負担軽減のため、代理出産を選ぶことも珍しくありません。

どちらにしても、リンチーリンとアキラさんが納得していれば問題はないことなので、今後は温かく素敵な家庭を築いていって欲しいと思います♡



ページトップへ