【リオ五輪】8月14日リオオリンピック2016試合結果まとめ

オリンピック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レスリング男子グレコローマンスタイル59kg級決勝戦で太田忍が銀メダルを獲得。またテニス男子シングルスの錦織圭が96年ぶりの銅メダルを獲得する快挙を成し遂げました。「リオオリンピック2016」開催期間8月5日~8月21日までの試合結果を速報でお届けします。

レスリング男子グレゴ太田忍 銀メダル獲得

via youtu.be現地時間14日(日本時間15日)、リオオリンピック、レスリングの男子グレコローマンスタイル59kg級決勝戦で太田忍がキューバのイスマエル・ボレロモリナと対戦しました。太田忍は第1ピリオドでイスマエルに投げ技などを決められ、0-6とリードされてしまい、第2ピリオドでも2ポイントを奪われ、0-8のテクニカルフォールで敗れました。太田忍は銀メダルを獲得し、日本勢では00年のシドニー大会以来16年ぶりとなりました。試合後、太田忍は「悔しい。金しか狙っていなかったので、もう一度日本に帰ってしっかり練習したい」とコメントしました。

男子シングルス錦織圭が銅メダルを獲得

via youtu.be現地時間14日(日本時間15日)、リオオリンピック、テニスの男子シングルス3位決定戦が行われました。第4シードの錦織圭が第3シードのスペインのラファエル・ナダルにセットカウント2対1(6-2, 6-7 (1-7), 6-3)で勝利し、1920年のアントワープ・オリンピック以来、96年ぶりの銅メダルを獲得する快挙を成し遂げました。錦織圭は試合後、「気力を振り絞って銅メダルをゲットできたのですごくうれしかった」と笑顔で振り返りました。

卓球男子団体、準々決勝で香港に勝利

 (34382)

現地時間14日(日本時間15日)、リオオリンピック、卓球の男子団体の準々決勝が行われました。日本4年前ロンドンオリンピックで敗れた香港に3-1で勝利し、ベスト4入りを決めました。この種目初めてのメダルまであと1勝とした日本は、15日の準決勝でドイツと対戦します。

卓球団体女子 準決勝でドイツに敗れ3位決定戦へ

 (34308)

現地時間14日(日本時間15日)、リオオリンピック、卓球の団体女子準決勝が行われました。日本は2012年ロンドンオリンピックで銀メダルを獲得したドイツと戦うも2-3で敗れてしまい、3位決定戦に回りました。第1試合のシングルスは伊藤美誠がペチリサ・ソルヤに2-3で敗れ、第2試合は石川佳純がハン・インに3-2で勝利しました。第3試合のダブルスは福原愛、伊藤美誠がペチリサ・ソルヤ、シャン・シャオナに2-3で敗れ、第4試合のシングルスは石川佳純がシャン・シャオナに3-0でストレート勝ち。第5試合は福原愛がハン・インに2-3で競り負けました。

日本女子バレー、アルゼンチに勝利しベスト8入り

 (34318)

現地時間14日(日本時間15日)、リオオリンピックで日本女子バレーボールは1次リーグA組最終戦でアルゼンチン(世界ランク12位)と戦い、3-0でストレート勝ちしました。日本は通算2勝3敗として、A組4位で準々決勝に進出します。この時点で日本はベスト8入りが確定しています。日本は16日の準々決勝で、世界ランク1位でB組トップのアメリカと対戦します。

ボルトが金メダル!五輪史上初三連覇達成

via youtu.be現地時間14日(日本時間15日)、陸上競技男子100m決勝で、ジャマイカのウサイン・ボルト選手が9秒81をマークし金メダルを獲得しました。ウサイン・ボルト選手は自ら持つ9秒58の世界記録の更新にはなりませんでしたがこの種目でオリンピック史上初の3連覇を成し遂げました。銀メダルは、アメリカのジャスティン・ガトリン選手でタイムは9秒89。銅メダルは、カナダのアンドレ・ドグラス選手で9秒91でした。

数野・栗原ペア、準決勝進出ならず バド混合ダブルス

 (34383)

現地時間14日(日本時間15日)、リオオリンピックで混合ダブルスの準々決勝が行われました。この種目で日本勢初の8強入りを果たした数野健太、栗原文音は12年ロンドンオリンピックで金メダルに輝いた中国の張楠、趙蕓蕾と対戦し、0-2で敗れてしまい、準決勝進出を逃しました。試合後、数野健太は「相手が1枚も2枚も上手だった」とコメントしており、栗原文音は「これをきっかけに混合にも注目してもらえたらうれしい」とコメントしました。

体操男子床、白井・内村メダル獲得ならず

 (34384)

現地時間14日(日本時間15日)、リオオリンピックの体操男子の種目別床運動決勝が行われました。白井健三は着地が連続して乱れるなど十分な実力を出せず、15.366で4位に終わりました。また、個人総合で五輪連覇を果たした内村航平は15.241で5位。団体総合に続くメダル獲得はなリませんでした。

 

バドミントン女子 奥原希望が決勝トーナメント進出決定

 (34385)

現地時間14日(日本時間15日)、リオオリンピックでバドミントン女子シングルスの予選リーグ第2戦が行われました。世界ランク6位の奥原希望が、世界ランク25位のインドネシアのリンダウェニ・ファネトリにゲームカウント2-0でストレート勝ちし、予選リーグ2連勝で決勝トーナメント進出を決めました。

女子マラソン入賞ならず 福士14位 田中19位 伊藤46位

 (34386)

現地時間14日(日本時間15日)、リオオリンピックの、女子マラソンが行われました。日本代表の福士加代子が日本勢最高の2時間29分53秒で14位、田中智美が2時間31分12秒19位、伊藤舞が2時間37分37秒46位でした。金メダルは、ケニアのジェミマエラガト・スムゴングが2時間24分04で、ケニアは女子マラソンで初めての金メダル獲得になりました。また銀メダルはバーレーンのユーニスジェプキルイ・キルワ。そして銅メダルは、エチオピアのマレ・ディババでした。

ゴルフ男子入賞ならず 池田21位 片山54位

 (34387)

現地時間14日(日本時間15日)、リオオリンピックで、ゴルフ男子の最終ラウンドが行われました。日本代表の池田勇太は21位。片山晋呉は54位でした。金メダルは、通算16アンダーで、イギリスのジャスティン・ローズでした。銀メダルは2打差でスウェーデンのヘンリク・ステンソン、さらに1打差で銅メダルは最終日に8つスコアを伸ばしたアメリカのマット・クーチャーでした。

レスリング男子グレコローマンスタイル59kg級決勝戦で太田忍が銀メダルを獲得。またテニス男子シングルスの錦織圭が96年ぶりの銅メダルを獲得する快挙を成し遂げました。「リオオリンピック2016」開催期間8月5日~8月21日までの試合結果を速報でお届けします。


レスリング男子グレゴ太田忍 銀メダル獲得

via youtu.be現地時間14日(日本時間15日)、リオオリンピック、レスリングの男子グレコローマンスタイル59kg級決勝戦で太田忍がキューバのイスマエル・ボレロモリナと対戦しました。太田忍は第1ピリオドでイスマエルに投げ技などを決められ、0-6とリードされてしまい、第2ピリオドでも2ポイントを奪われ、0-8のテクニカルフォールで敗れました。太田忍は銀メダルを獲得し、日本勢では00年のシドニー大会以来16年ぶりとなりました。試合後、太田忍は「悔しい。金しか狙っていなかったので、もう一度日本に帰ってしっかり練習したい」とコメントしました。

男子シングルス錦織圭が銅メダルを獲得

via youtu.be現地時間14日(日本時間15日)、リオオリンピック、テニスの男子シングルス3位決定戦が行われました。第4シードの錦織圭が第3シードのスペインのラファエル・ナダルにセットカウント2対1(6-2, 6-7 (1-7), 6-3)で勝利し、1920年のアントワープ・オリンピック以来、96年ぶりの銅メダルを獲得する快挙を成し遂げました。錦織圭は試合後、「気力を振り絞って銅メダルをゲットできたのですごくうれしかった」と笑顔で振り返りました。

卓球男子団体、準々決勝で香港に勝利

 (34382)

現地時間14日(日本時間15日)、リオオリンピック、卓球の男子団体の準々決勝が行われました。日本4年前ロンドンオリンピックで敗れた香港に3-1で勝利し、ベスト4入りを決めました。この種目初めてのメダルまであと1勝とした日本は、15日の準決勝でドイツと対戦します。

卓球団体女子 準決勝でドイツに敗れ3位決定戦へ

 (34308)

現地時間14日(日本時間15日)、リオオリンピック、卓球の団体女子準決勝が行われました。日本は2012年ロンドンオリンピックで銀メダルを獲得したドイツと戦うも2-3で敗れてしまい、3位決定戦に回りました。第1試合のシングルスは伊藤美誠がペチリサ・ソルヤに2-3で敗れ、第2試合は石川佳純がハン・インに3-2で勝利しました。第3試合のダブルスは福原愛、伊藤美誠がペチリサ・ソルヤ、シャン・シャオナに2-3で敗れ、第4試合のシングルスは石川佳純がシャン・シャオナに3-0でストレート勝ち。第5試合は福原愛がハン・インに2-3で競り負けました。

日本女子バレー、アルゼンチに勝利しベスト8入り

 (34318)

現地時間14日(日本時間15日)、リオオリンピックで日本女子バレーボールは1次リーグA組最終戦でアルゼンチン(世界ランク12位)と戦い、3-0でストレート勝ちしました。日本は通算2勝3敗として、A組4位で準々決勝に進出します。この時点で日本はベスト8入りが確定しています。日本は16日の準々決勝で、世界ランク1位でB組トップのアメリカと対戦します。

ボルトが金メダル!五輪史上初三連覇達成

via youtu.be現地時間14日(日本時間15日)、陸上競技男子100m決勝で、ジャマイカのウサイン・ボルト選手が9秒81をマークし金メダルを獲得しました。ウサイン・ボルト選手は自ら持つ9秒58の世界記録の更新にはなりませんでしたがこの種目でオリンピック史上初の3連覇を成し遂げました。銀メダルは、アメリカのジャスティン・ガトリン選手でタイムは9秒89。銅メダルは、カナダのアンドレ・ドグラス選手で9秒91でした。

数野・栗原ペア、準決勝進出ならず バド混合ダブルス

 (34383)

現地時間14日(日本時間15日)、リオオリンピックで混合ダブルスの準々決勝が行われました。この種目で日本勢初の8強入りを果たした数野健太、栗原文音は12年ロンドンオリンピックで金メダルに輝いた中国の張楠、趙蕓蕾と対戦し、0-2で敗れてしまい、準決勝進出を逃しました。試合後、数野健太は「相手が1枚も2枚も上手だった」とコメントしており、栗原文音は「これをきっかけに混合にも注目してもらえたらうれしい」とコメントしました。

体操男子床、白井・内村メダル獲得ならず

 (34384)

現地時間14日(日本時間15日)、リオオリンピックの体操男子の種目別床運動決勝が行われました。白井健三は着地が連続して乱れるなど十分な実力を出せず、15.366で4位に終わりました。また、個人総合で五輪連覇を果たした内村航平は15.241で5位。団体総合に続くメダル獲得はなリませんでした。

 

バドミントン女子 奥原希望が決勝トーナメント進出決定

 (34385)

現地時間14日(日本時間15日)、リオオリンピックでバドミントン女子シングルスの予選リーグ第2戦が行われました。世界ランク6位の奥原希望が、世界ランク25位のインドネシアのリンダウェニ・ファネトリにゲームカウント2-0でストレート勝ちし、予選リーグ2連勝で決勝トーナメント進出を決めました。

女子マラソン入賞ならず 福士14位 田中19位 伊藤46位

 (34386)

現地時間14日(日本時間15日)、リオオリンピックの、女子マラソンが行われました。日本代表の福士加代子が日本勢最高の2時間29分53秒で14位、田中智美が2時間31分12秒19位、伊藤舞が2時間37分37秒46位でした。金メダルは、ケニアのジェミマエラガト・スムゴングが2時間24分04で、ケニアは女子マラソンで初めての金メダル獲得になりました。また銀メダルはバーレーンのユーニスジェプキルイ・キルワ。そして銅メダルは、エチオピアのマレ・ディババでした。

ゴルフ男子入賞ならず 池田21位 片山54位

 (34387)

現地時間14日(日本時間15日)、リオオリンピックで、ゴルフ男子の最終ラウンドが行われました。日本代表の池田勇太は21位。片山晋呉は54位でした。金メダルは、通算16アンダーで、イギリスのジャスティン・ローズでした。銀メダルは2打差でスウェーデンのヘンリク・ステンソン、さらに1打差で銅メダルは最終日に8つスコアを伸ばしたアメリカのマット・クーチャーでした。


ページトップへ