【リオ五輪速報】金藤理絵が200m平泳ぎで金メダル!【動画】

オリンピック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女子200メートル平泳ぎ決勝で日本代表の金藤理絵が2分20秒30をマークし金メダルに輝きました!この種目の金メダルは92年バルセロナオリンピックの岩崎恭子以来、24年ぶりで、36年のベルリンオリンピックの前畑秀子を含めて3人目の金メダル獲得となります。


via youtu.be現地時間11日(日本時間12日)、リオオリンピックの女子200メートル平泳ぎ決勝で、日本代表の金藤理絵が出場し、2分20秒30をマークし見事金メダルに輝きました。この種目での金メダルは1936年ベルリン五輪の前畑秀子、92年バルセロナ五輪の岩崎恭子以来、3人目の金メダル獲得となります。金藤理絵は4月に行われた日本選手権でも2分19秒56で日本記録を更新し、今季世界ランク1位で今大会に臨んでいました。レース後、金藤理絵は「いろんなことがあった8年間でしたが、加藤コーチだけでなく、一緒に練習してきた仲間や戦ってきた仲間、加藤コーチの家族にまで支えてもらって、頂点を狙ってやってこれた」とコメントしています。


ページトップへ