【プロ野球激震】メジャー版 大谷翔平を知る

野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

大谷翔平を超える逸材は世界最高のリーグと言えるメジャーリーグにいた。打って良し、投げて良し、まさしく稀代の天才。その名はマット・ブッシュ・・・この男、凶暴につき危険。

大谷翔平の未来に魅る世界最高のリーグ

2013年、日本のプロ野球ファンが息を飲んで発表を待つ光景が見られた。それは、ある高校生がNPB(日本プロ野球機構)を通さずにメジャーリーグに挑戦したいと宣言した。理由は野手と投手両方を経験していきたいと言ったことが発端だった。
普通プロになると投手か野手どちらかに専念していくものだ。しかしその常識にとらわれない発想を持った男こそ、現日本ハムファイターズの大谷翔平だ。
彼が明言した挑戦は過去に例が無かった訳ではない。かつて社会人野球からメジャーリーグに挑戦をした男がいた。現レッドソックスの田澤純一だ。田澤が大谷翔平と同様の事をした時、NPBは激怒した。彼を今後、日本のプロ野球や日本代表ではプレーさせないと言い出したのだ。大谷も同じような処遇を受けるのではないかと心配の声が上がった。
しかし、NPB側、高校の監督の説得もあり二刀流をを条件にプロ野球でプレーする運びとなった。
そんな大谷翔平は何が凄いのか、高校生であるはずの大谷が、一体なぜここまでの騒動に発展し、このような待遇を受けたのかを知っていただこう。

花巻東高校時代の大谷翔平

二刀流の夢を掴もうとしている彼は今、何を思っているだろう。via google imghpプロ野球を観ている人でなくとも知っているであろう名選手、大谷翔平。
彼の最大の魅力は160キロを超える速球と自分とは逆方向に打てるバッティング技術、ホームランを狙える身体能力だ。
その際立った存在である彼は今年、各リーグの名選手が集まる夢の祭典オールスターゲームで最優秀賞選手賞に輝いている。
それはひとえに彼が天才だからなのかも知れない。
彼はこれからのプロ野球界を背負っていく存在であり、まだまだ成長著しい若者である。
そんな大谷翔平は今からでもメジャーにいけば大活躍と言われてるくらいスゴい選手だ。それは投手としても野手としても記録を作れる選手と期待されてるからで160㌔を超えるストレートと立っている打席とは反対側にホームランを打てるテクニックとパワーがあるからだろう。それは、あのベースボールの神様「ベーブ・ルース」と同じとまで言われている。
そんな神様に近いと言われている大谷をも凌ぐ逸材が・・・メジャーリーグにいた!

@nolita_chelsea)さんの投稿

大谷翔平

生年月日: 1994年7月5日 (22歳)
生まれ: 岩手県 奥州市
身長: 193 cm
年俸: 1500万円 (2013年)
所属チーム: 北海道日本ハムファイターズ (#11 / 投手)
兄弟: 大谷龍太

とにかくすごい選手!!!!via google imghp

あなたはマット・ブッシュという選手を知っているでしょうか?


マット・ブッシュ

生年月日: 1986年2月8日 (30歳)
生まれ: アメリカ合衆国 カリフォルニア州 サンディエゴ
身長: 175 cm
所属チーム: テキサス・レンジャーズ (#51 / 投手)
年俸: 50.75万アメリカ合衆国ドル (2016年)
兄弟: ジェレミー・ブッシュvia google imghpこの選手を知ってる人は本当にメジャー好きな方でしょう。
マット・ブッシュは真の天才にして真のクズ野郎だ。彼がメジャーで脚光を浴びたのは高校生の時、彼がメジャーリーグのドラフトで4位にかかったのである。本来競技人口や大学生、独立リーグの選手との力量の差でなかなか上位に組み込めない将来に期待という形で下位に指名される高校生が多いなかパドレスが全体の4位で指名を受け世間を驚かせた。
しかし、彼はドラフト後ナイトクラブで乱闘事件を起こしてしまい一ヶ月の出場停止。。さらに彼は21歳の時に肘にメスを入れるトミージョン手術を受け1シーズンを棒に振ったのだ。まあここまでなら野球選手にはつきものだろう。かつてもシカゴカブスのカルロス・ザンブラーノやアトランタブレーブスのA.J・ピアジンスキーなど多くの問題児がいた。しかし、彼らの中でマット・ブッシュは別格だったのだ。。
そんな彼の問題行動はエスカレートする。

収監中のマット・ブッシュ

問題児。悪童。しかし孤高の天才。via google imghp彼は手術後にパブでケンカをし負傷、さらに高校の敷地内で奇声をあげたりゴルフクラブを他人の家に投げ込みガラスを割り訴訟問題に。これには球団もたまらずトレード要員へ。その後トロントに移り心機一転まじめにベースボールに取り組むかと思いきや、女性への暴行事件で開幕前に解雇となる。そんな問題児の彼を拾ってくれたのがタンパベイ・レイズだ。その恩に報おうと2Aで結果を出していた26歳の時、彼は飲酒運転をしその運転していた車でひき逃げをしてしまう始末。犯罪を犯した彼は・・・懲役3年の実刑を言い渡され服役。まさに恩を仇で返す鬼畜の所業。まるでマリファナ使用で球団を解雇されたり婦女暴行で略式起訴された挙句、FA(フリーエージェント)で未だに所属球団がないエバース・カブレラのようではないか。
このまま彼もエバース同様、事実上のメジャーリーグ追放となってしまうのか。

マット・ブッシュ 遂に更生へ

3年の服役を終えた彼は30歳になり、もう誰からも必要とされていないと思っていたに違いない。しかし、まだメジャーリーグは彼を見捨ててはいなかったのだ!30歳のおっさんをマイナーで契約しようとダルビッシュ有が所属するレンジャーズが名乗りをあげた、もちろん条件付きで。その条件とは飲酒禁止、運転禁止、随時父親の監視下に置くという異例の処置だった。この厳しい条件をあの彼が飲むのか?なんと飲んだのだ!それ以降彼は報復デットボールなど今までの犯罪から見たらかわいい位の問題は起こしているが、堂々とメジャーのマウンドに立っている。
成績は防御率2.62。服役してたとは思えない腕から繰り出される直球は大谷と同じ160㌔だ。
さらにびっくりするのは元々彼は遊撃手として獲得されたということ。
それは彼の高校時代の成績を見ていただければ分かるだろう。
投手9勝1敗 防御率0.42  野手打率.450、11本塁打、35打点 この成績なら全体のドラフト4位も納得できる。
彼が歩んできた軌跡は奇跡の復活を果たした天才の選手として語り継がれるだろう。
そして、その彼のプレーを目にできる我々は幸せなのかもしれない。
今後、彼が成し得る偉業と活躍に期待して行きたい。

いつ撮ったのだろう・・・目が死んでる。via google imghp



ページトップへ