【動画】ベッキー、さんま中居の援助でバラエティに復帰?

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 

27時間テレビに電話で番組に出ることが出来たベッキー。今までに培ってきたトーク術は健在で、さんまと中居相手に引けをとらなかった。実力が落ちていないことを証明して地上波バラエティに復帰なるか?

27時間テレビに電話出演

ゲスの極み乙女の川谷絵音との不倫騒動がやっと落ち着き、スカパー!の番組は確保することが出来たベッキー。イメージの悪さによってスポンサーが拒否し、いまだに地上波への復帰は叶いません。SNSを再開し、復帰モード全開なのは明らかですが、全く動きが見えません。このまま消えてしまうのかと思いました。ここで手を差し伸べたのはさんまと中居正広。金スマのときもですが、中居はベッキー思いで本当に見てて微笑ましいです。さんまもベッキーのことを助けたいと思っている気持ちが伝わってきたような感じがしますね。ベッキーが電話で登場したのは27時間テレビの「さんま・中居の今夜も眠れない」です。さんまはオープニングで中居相手にSMAP騒動をぶち込んでいました。生放送でここまでつっこんだ質問をできるさんまはやっぱりすごいですね。中居も話せないことがあるようでしたが、器用に返答していました。だいぶ長いオープニングが過ぎ、恒例のラブメイト10の発表を行いました。

真夜中の生放送がこのコーナーのいいところですね。二人の適当なトークも面白いですし、昼には放送できないことも話したりします。二人だけなのにここまで盛り上がれるのは素晴らしいです。via google imghp

ベッキーはラブメイト10 10位にランクイン

ラブメイト10はさんまが選ぶ「今年気になった女性」10人。さんまの結婚相手を紹介するという趣旨で始めて、長く続いています。今年2016年も例年と同様にラブメイト10を発表しました。さんまが中居にSMAP騒動の件で荒らしていたのもあって、妙にテンションが上がっているところに「10位はベッキー」。これには視聴者も笑わざるを得なかったでしょう。タブーとされる話題に切り込めるのはさすがさんまですね!深夜3時頃にベッキーから電話がありました。「お久しぶりです」と一言。中居は「番組観てたんだ?」と聞くと、「観てたんですよ、電話しちゃいました。」と返していました。さんまとは約三年ぶりの共演となるようで、さんまにも「お久しぶりです、さんまさん」と話しました。ベッキーが電話をしてくれたのには、さんまと中居も驚いたでしょうが、視聴者もびっくりですよね。ただひとつ疑問があるのは、番組を観ていたにしては間が空きすぎだということです。ベッキーがランクインしていたことを発表してから時間がだいぶかかっています。一時間以上はかかったでしょうか。となると、この発表はベッキーにも想定外で、さんまと中居に電話をしてもいいか、事務所に許可をとったのでしょうね。地上波の仕事がぜんぜん決まらないベッキーにとってはまさに千載一遇のチャンス。事務所側もチャンスを逃さないように承認したようです。これほど時間がかかったということは、電話でさえベッキーの立場は難しいということですね・・・。

1位:剛力彩芽
2位:木村文乃
3位:西野カナ
4位:7月14日23時頃、西麻布付近の細い道でヘベレケ集団の中、唯一シャキッとしていた女性
5位:「恋するフォーチュンクッキー」PVのキャバ嬢役
6位:城本クリニックのCM女性(2013年~)
7位:NHK BS1「国際報道2016」増井渚
8位:西麻布のゴルフショップで目が合った店員
9位:7月4日、大阪のイタリアンレストランの前で「ここ寿司屋さんですか?」と聞いてきた女性
10位:ベッキー

ラブメイト10 2016

ベッキーの冴え渡るトーク術

最近ベッキーを観ていなかったからか、やはりベッキーのトーク術には目を見張るものがあります。ちょっとした返答でも笑いを起こすことを出来るのでバラエティに重宝される理由がものすごく分かります。さんまはベッキーが電話してくる前に、「ベッキーが大竹さんに『なんでこんなにいい人(さんま)と別れたんだろう』ときいていた」「俺が良い男だと思っているからそういうことを言った」と話し、ベッキーが自分に気がある可能性があることを自慢していました。ベッキーにそのことを覚えてるか尋ねると、「ざっくりとは覚えています。」と返答。中居はさんまに「(話を)盛ったんじゃないですか?」ときいていると、ベッキーが「(さんまは)ポジティブな方だから・・・」と笑いを誘いました。さんまは「お前も見習え!」とすかさず返し、ベッキーとさんまの当意即妙な答えには感動を覚えました。その後、さんまがベッキーに対して「今はフリーだよな?」ときくと、「もちろんフリーです」とベッキー。ここでフリーじゃないとかいったらびっくりですが・・・。さんまはここでも「いろいろ懲りたよな?」とぶち込むと、「懲りた!!」とベッキー。ひとつひとつの言葉が笑いを引き起こすので、ベッキーの才能を感じます。そして肝心の本題。「ベッキーは色々経験したから、懐が深くなってる。」と話すさんまはベッキーに自分と付き合わないかと促します。「俺となら幸せになれると思うよ」と一言に、ベッキーは「お断りします・・・」と冷たい返事。声のトーンもコントロールしているので、バラエティタレントは本当に見習って欲しいくらいです。さんまも「気温(のせい)があるか」と振られた原因を気温に押し付けていました。「梅雨明けてからまた電話するわ!」に対しても、「やっぱり季節関係ないかも、ごめんなさい」と明るく答えたのには大爆笑です。「ベッキーが元気そうでよかった・・・」と沈むさんまに「やっぱりバラエティって楽しいね!」とベッキー。やはりベッキーはバラエティの申し子です。面白すぎます。


ベッキーとの会話のすべてがここに!via www.youtube.com

「飲みに行きましょう」に中居は無視

ベッキーとの会話は約5分ほどでした。時間的には短かったのですが、とても濃く感じましたね。いい感じで終わったのですが、ひとつ気にかかる部分がありました。ベッキーが電話を切る直前のことです。中居に「中居さん、今度飲みにいきましょう」と言ったのですが、これを中居がなかったかのように振舞っていました。聞こえなかったのか、あえて聞こえないふりをしたのか・・・。謎は深まるばかりですが、もしも前者だとしたら、中居も過度な接触は避けるように指示されているのかもしれませんね。

ベッキーを応援する声。ベッキーを批判する人が多いような記事が出回っていますが、半々くらいですかね。

ベッキーに対する批判よりも27時間テレビの記事のトップ画像にベッキーを使ったことへの批判のほうが多いようです。いまだにバラエティに出る見込みは低そうですが、さんまと中居のバックアップがあれば希望はあるかもしれません。復帰は応援する人が多くても、批判する人も多くては難しいでしょう。トーク力が全く衰えていないので、深夜枠だけでも起用してほしいです。

 

27時間テレビに電話で番組に出ることが出来たベッキー。今までに培ってきたトーク術は健在で、さんまと中居相手に引けをとらなかった。実力が落ちていないことを証明して地上波バラエティに復帰なるか?


ページトップへ