プーチン大統領の人柄や性格が丸わかり!最強エピソードまとめ

政治経済 海外

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ウクライナ侵攻で、世界中から批判の声が高まっているロシアのプーチン大統領。とにかく冷酷で野蛮なイメージがありますが、実際の性格が気になりませんか?今回はプーチン大統領の人柄や性格が分かる最強エピソードや、私生活から見るちょっと意外な性格までご紹介します。

プーチン大統領の性格が分かる最強エピソード

中学生の頃からスパイになることを夢見ていた

プーチン大統領は、中学生の頃からスパイになることを夢見ていたと言われています。

元々、特に裕福な家庭ではなく、共同アパートで生活をしていた少年時代。

頭の回転は速い一方で、悪ふざけをして問題児扱いされていたこともあると言います。

その後、映画や小説から影響を受けスパイになることを決意!

中学生の頃にソ連国家保安委員会(KGB)を訪問し、どうやったら就職できるのかを聞き出していたと言われています。

その時に教えてもらったアドバイスを忠実に守ってきたというので、夢を実現するためにひたすら努力する性格だということが分かりますね。

ウクライナの国宝ワインを飲み干す

クリミア併合後、プーチン大統領は世界最大のワインコレクションがあるワイナリーへ足を運びました。

ここにはロシア帝国時代、ミハイル・ヴォロンツォフ伯によって持ち込まれたという240年もののワインが。

このワインはウクライナの国宝として知られていましたが、なんとボトルを開けてしまいます。

プーチン大統領の大胆な行動はある意味で“パフォーマンス”なのかと思われたものの、クリミア側は1,000万円の賠償を求めてプーチン大統領を告訴することになりました。

プーチン御殿を建設

プーチン大統領は世界有数の富豪として知られ、1,000億円をかけて御殿を建設。

まるで宮殿のような仕上がりで、プライベート劇場やヘリポートなども完備。

世界のトップに立ちたいという性格は、ここにもしっかりと表れていますね。

スーパーボウル・リングを盗む

アメリカの実業家で、億万長者として知られているロバート・クラフトは2005年にロシアを訪問。

その際、 スーパーボウルのチャンピオンリングをプーチン大統領にあげてしまいます。

しかし、実は「あげた」のではなく「盗まれていた」ことが判明!

試しに指輪をはめてみたプーチン大統領は、そのまま指輪をポケットに。

その後、アメリカの議員がプーチン大統領に連絡をし指輪の返還を求めますが、なんと拒否されたと言われています。

一度手に入れたものは、何としてでも手放さないというプーチン大統領の性格を知ることができますね。

トップ会談なのに平気で遅刻

プーチン大統領に限らず、世界の要人たちは分刻みで動いているほど多忙!

しかし、プーチン大統領は世界でも遅刻常習犯として知られています。

アメリカの国務長官を3時間待たせたことはもちろん、過去にはエリザベス女王との会見にも遅刻。

ドイツの首相との会談や、韓国大統領との会談にも当たり前のように遅刻しました。

これは「ロシア側が場を支配している」という心理的な狙いがあるようで、わざと遅刻をしているという噂も…。

そう考えるとなかなか嫌な性格の持ち主ですね!

ちなみに日本の安倍元首相は、そんなプーチン大統領との会談に遅刻していますw

ちょっと意外?私生活から見るプーチンの性格は?

惚れた女性に猛アタック

プーチン大統領はとても冷たそうなイメージがありますが、惚れた女性には猛アタックをするようです。


プーチン大統領は元客室乗務員だったリュドミラさんと1983年に結婚。

この時、プーチン大統領が猛アタックしたと伝えられており、2年後にはお子さんにも恵まれています。

のちに離婚をしてしまいますが、当時のリュドミラさんの美貌を見れば猛アタックをするのも納得ですね!

秋田犬が大好き!

プーチン大統領は動物好きなことで有名!

「動物好きに悪い人はいない」とも言われますが、果たしてプーチン大統領はどうなのでしょうか?

プーチン大統領は日本から送られた秋田犬をとても可愛がっています。

名前は「ゆめ」で、東日本大震災の際に支援してくれたロシアに対して東北からお礼として贈呈された犬。

雪の中で犬と遊んでいる姿も公開しており、トラや北極熊とたわむれている写真もありました。

食べ物の好き嫌いはなし

いつも上から目線で怖いイメージのあるプーチン大統領。

ちょっとでも焦げたお肉を出したら、食卓をひっくり返されそうですが…

実は食べ物の好き嫌いはなく、何でも美味しく食べるのだとか。

プーチン大統領が茹でたトウモロコシをちまちまと食べていることを想像すると、ちょっと可愛いですねw

ちなみに普段は朝におかゆかパン、チーズなどを食べる程度。

基本的にはロシア料理を好みますが、多忙のためランチはフルーツで済ませることもあるのだとか。

アイスクリームが大好物

何でも美味しく食べるプーチン大統領は、実はアイスが好き!

プーチン大統領に限らず、国のトップがコーンアイスにかぶりついている姿を見ることは早々ありませんw

また、他国の要人を招いた際に一緒にアイスクリームを食べたことも。

実はこれはプーチン大統領の“パフォーマンス”とも言われているのですが、真剣に味選びに悩んでいる姿からは真のアイス好きであることが伝わってきます。

ちなみにトルコの大統領と一緒にアイスクリームを食べた際には、悩んだ挙句に2種類の味を購入していましたw

実はアメリカ文学が好き

プーチン大統領と言えば、ことある事にアメリカに対抗しているイメージ。

もちろん、それは国同士の問題なのでそこに私情を挟んではいけないのですが…

あんなにアメリカを敵対視しているプーチン大統領も、実はアメリカ文学が大好き!

中でも作家ヘミングウェイがお気に入りで、愛読書もいくつかあるようです。

<こちらもおすすめ>

プーチン大統領に浮上したパーキンソン病ってどんな病気?症状は?

【ロシアの妖精】リプニツカヤの現在は?拒食症で引退後、コーチへ転身?

まとめ

プーチン大統領の人柄や性格が分かる最強エピソードや、私生活から見るちょっと意外な性格までご紹介しました。

政治的な部分だけを見れば、批判をされて当然のプーチン大統領。

その一方で、私生活では人間らしい一面も持っているようですね。

しかし、それもまた“大統領としてのパフォーマンス”と囁かれているので、どれが本当の性格なのかは誰も知らないのかもしれません。



ページトップへ