【フジテレビ】視聴率低迷で月9やめるか会議、次が最後か

ドラマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


かつてドラマの花形とされていた月9ですが、近年視聴率低迷に伴い、月9をやめるかフジテレビで大モメ会議が行われたそうです。まもなく30周年を迎え、これを機にやめてしまうのでしょうか?下した決断は?

30周年、月9キャストが决定!2017年4月~

フジテレビの看板ともいえるドラマ「月9」ですが、次回2017年4月から始まるドラマでなんと30周年を迎えます。その記念すべき時に出演するキャストが决定しました。ドラマのタイトルは『貴族探偵』。主演はトップアイドルグループ、嵐の相葉雅紀(34)。全く関係ありませんが、相葉くんってもう34歳なんだ~という驚き。ドラマ、貴族である探偵は何もせず、召使いに推理をさせるというドラマのタイトル通りって感じの内容です。前にも相葉くんって探偵役をやっていたような?その他のキャストは、武井咲、中山美穂、仲間由紀恵、松重豊、など豪華なキャストばかり。流石にフジテレビも30周年という記念すべき節目には、張り切って豪華な俳優を集めたなという印象です。主演を務める相葉くんもこの豪華過ぎる役者に囲まれ少々緊張しているみたいです。相葉くんは2016年の紅白歌合戦でも白組代表として司会を務めるなど、今嵐以外での活躍が華々しいですよね。フジテレビとしては、相葉くんが月9の救世主となって欲しいと願っているそうで、かなり期待されているみたいです。

フジテレビ、視聴率低迷により月9をやめるかで大モメ

かつてはドラマといったら月9!って感じで面白い作品ばかりでした。実際、視聴率も月9枠は独走して取れていたような気がします。しかし、ここ最近はどうでしょうか?視聴率の1桁台は当たり前で2桁とれたらおお~って感じですよね。高視聴率大ヒットとなった「家政婦のミタ」「半沢直樹」「逃げは恥だが役に立つ」は全てフジテレビ以外のところ。かつての絶頂期と比べてみると、今の状態はフジテレビにとっては異常事態だと言えるでしょう。視聴率が低迷しているのであるなら、新たに視聴率がとれそうな番組を作るというのが得策の様に思いますが、なかなか月9をやめるという判断に踏み切れないのは”そこそこ儲から”なんだそうです。視聴率1桁台が続いているにも関わらず儲かるの?と疑問に思いますが、儲かるみたいです。広告の単価が他局のドラマより高いそうです。なので、このまま月9というブランドを使って儲けを出べきという保守的な考えの人と、視聴率が低迷しているのであれば新たに番組を開拓して視聴率をとるべきだという向上心がある人で大モメの会議が行われたみたいです。挑戦するか、リスク回避か、相当意見が割れそうですね。

視聴率低迷の原因

今の時代とストーリーが合っていない

視聴率低迷の原因の一つとして考えられるのは、時代とのマッチング。良い例で言うと、歴代ワーストに入ると言われている2017年1月から始まった西内まりや主演『突然ですが、明日結婚します』。西内は結婚願望が強い銀行でバリバリ働くキャリアウーマンで、イケメンアナウンサーに恋に落ちるという物語。冷静に考えて、一般人がアナウンサーと知り合えるなんて、幼馴染か地元の同級生かでない限り現実的にはあり得ません。ましてや彼氏になるなんて夢のまた夢。西内が演じる女性は”結婚したら専業主婦になりたい”という夢を持っていますが、今の御時世夫婦共働きは当たり前だし、専業主婦になりたくても家計を支える為に働かなければならない人もいます。これらを踏まえると、今の時代とは考え方などが視聴者の合わなくて共感を得られず、視聴率低迷に繋がっているのかなと思います。『逃げ恥』なんかは、今の増えているとされる”事実婚”のストーリーであったので良かったですね。現に大ヒット作となりましたし。

若い女性が見てくれない

月9のターゲットとしているのは20~30歳の若い女性です。今のこの世代の人はドラマを見るという習慣がなくなってきているみたいです。また、絶頂期の25年前と比べて、この世代の人口がそもそも減少しているらしく、単純計算でも昔ほど視聴率を取るのは難しいみたいです。視聴率が下ってしまうのは月9の宿命とも言えるみたいです。ドラマは曜日や時間によってストーリーを決めているので、月9は若い世代が見る恋愛ものと定めている限り視聴率低迷は退けられないかもしれないですね。

ジャニーズを起用しすぎ

ジャニーズファンにとって毎週のようにドラマで観れるのは嬉しいことかもしれませんが、その一方で大物俳優ではなくジャニーズを主演とすることに反感を持つ人が視聴者だけでなく俳優の中にも結構いるみたいです。やはり本業である俳優にとって、何の苦労もしてこなかったチャラチャラしたアイドルが演技力もないくせに主演という大役をポンッと取られてしまうのは、俳優のプライド的には許せないとこもあるのかもしれないですね。木村拓哉が絶頂期に何作ものドラマで爆発的な視聴率を取ったからか、私もフジテレビは異常なまでにジャニーズを起用にするな~と思います。このジャニーズ起用や視聴率低迷で大物俳優は月9を断る人が増えているみたいです。2017年1月からの枠で、最初は竹野内豊と瑛太にオファーしていたそうですが二人共断ったそうですから、これからオファーを断る大物俳優が増えてしまうのではないか心配です。

月9歴代最高&最低視聴率のドラマとは?

【最高】HERO 34.20%(2001年)

歴代トップは『HERO』でした!面白かったですよね~。私も大好きでした。さらに、2位は『ラブジェネレーション 30.7%』3位は『ロングバケーション 29.6%』と全てキムタクが出演しているものでした。数字がすごすぎる・・

【最低】突然ですが、明日結婚します 7.7%(2017年)

flumpoolの山村隆太がなぜ起用されたのか未だに謎(笑)かっこいいけど、アナウンサー役にはあんまりしっくりこないかな~。意外と背が低いし。3話で視聴率が上がったそうなので、これ以上落ちてしまわないことを祈ります。



ページトップへ