スポンサー撤退でフジテレビの月9終了?倒産の可能性も

他ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、スポンサー離れが著しいフジテレビですがそのスポンサーの離れが加速したせいで、フジテレビの黄金時代を築いた月曜9時に始まるドラマ、通称「月9」が視聴率の低迷やスポンサー離れに起因して消える可能性が出てきました。

偏向報道などがひと昔前では非常に話題となっており、今もなお、その偏向報道ぶりは収まっていない様子のフジテレビ、あまりにも酷いその所業に通称「ウジテレビ」などと揶揄されてしまっているのですから笑いそうになりますね。
そんなフジテレビですが、スポンサー離れが加速して、とうとう主要そして、フジテレビ的には目玉と言っても過言ではない月9がスポンサー離れなどに起因して終了を迎えるのではないかと取りざたされています。

フジテレビのスポンサー離れは高額な広告料が問題・・・?

フジテレビは現在では、全体平均視聴率が一桁レベルなのです。
そんなフジがどんなに頑張っても作り出される番組はどれも見る気が起きませんし、27時間テレビなどの大型企画の番組もスポンサーがつかないであわや27時間テレビが中止となってしまうところだったようです。

フジテレビの広告料についてですが、さすがにこんなどれを取っても低視聴率なフジテレビに広告を出すのも費用対効果などと考えなくてもお金の無駄だというのは明白なわけですが、そんなフジテレビの広告料金は放送エリアを東京とした場合、大体400,000円 ~ 750,000円ぐらいなのだそう。
さすがに低視聴率なのだから安い方なのだろうかと調べたところ、日テレ・テレ東・テレ朝・TBSと同じ価格と言うのだから、厚顔無恥とはこの事と言ったところですかね?

これではさすがにスポンサーが離れていくのもわかりますね。明らかに成果を出せるような視聴率ではないので他の民放の方に出向した方が明らかに結果が出るのですからスポンサーする意味もまったくないですし、偏向報道などでマイナスイメージが強く、TwitterなどのSNSを運用するようになったスポンサー会社としては非常に問題となっている部分でもあるのでしょう。
故にフジテレビが自分たちで行ってきた行為を自分達に悪い結果として帰ってきているだけに過ぎないのかもしれませんね。

フジテレビの要素をこの一言で言い当てている。
筆者も激しく同意するところですが、フジテレビに関してこう思う人々は少なくないため、これをフジテレビ上層部の人間は一刻も早く重く受け止めて軌道修正をして行ってほしいですね。


めちゃイケのせいで大打撃!?フジテレビの放送倫理のザルすぎる

そして、大きな痛手となってしまったのは『めちゃ×2イケてるッ!』のせいで、日清のスポンサー撤退が決定してしまったことによります。

『極楽とんぼ』の山本圭壱を地上波に復活させようと計画していたフジテレビとめちゃイケメンバーではありますが、『日清』が番組の内容を把握してからスポンサー契約を即解除するという異例中の異例となる行動をさせるほどの放送倫理にかける行為が見受けられました。
日清には企画を事前に伝えて、了解を得ていたそうですが、問題となったのは、ナイナイの岡村隆史が山本をリング上でただ一方的に殴るだけの痛ましい様子をめちゃイケメンバーやスタッフがただ見守るだけの奇妙でただのいじめを行っているシーンを放映したのである。もうこんなのは放送倫理を考えればすぐにわかるようなものなのですが、数字が欲しくてたまらないフジテレビだからこそGOサインを出してしまったんでしょうね。
それについて日清は、家族だんらんで休日夜のゴールデン帯で放送するような内容ではないと当たり前の意見を出し激怒していたと言われています。
当然の反応でしょうね。

この問題となっためちゃイケに関しては今後スポンサー撤退のため、規模縮小もかねて深夜枠での放映になるのだと噂されていますが今後、どうなっていくのかわからないところです。

フジテレビが倒産の可能性が現実的なものに?

今後予想されているスポンサー撤退に関してはTOYOTAなどがあるそうで、これまた最大スポンサーと言われているため、番組制作が今後行えるのかも怪しいレベルに突入してきたようです。
まだまだスポンサー撤退が予想されているため、このままではフジテレビ倒産が現実的なものとなってきてしまいましたね。

ちなみに筆者はフジテレビが消滅すればマスメディアのノイズが多少は減ると思っている人間なので、ぜひ世間の為にも会社ごと消滅していただきたいと思っています。
とはいうものの月9の黄金期を築いた過去の番組達もあるので、フジテレビの番組全てがダメだとは思わない物現在の番組構成に関しては皆さん何か言いたいこともあるのかなと感じます。
皆さんはフジテレビについてどうお思いでしょうか?
何はともあれ、これからどんどん下落していくのは必然なため、逆に思い出として番組をしっかりと見納めていくのもいいかもしれませんね。


ページトップへ