TBSピラミッド・ダービーでヤラセ発覚で打ち切りか

バラエティ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

最後まで残っていたはずの自分がオンエアにいない!?CGで無理矢理消されるという暴挙に怒りは収まらず、法的手段行使の可能性も。過去にヤラセをしていた「ほこ×たて」も蒸し返される自体に。

ピラミッド・ダービー

賭け番組でまさかのヤラセに番組打ち切りの声が出ています。回答者の削除という特に賭け番組ではしてはならない行為を行い、回答者がブログで公表。テレビ界を揺るがす大問題になり、番組側は謝罪しました。しかし、まだまだ怒りの収まらない回答者は法的手段も辞さない意向を示しており、捏造を行った制作会社にも責任を取らせるべきと強気です。この番組は様々ある種目の一番を決めるという趣旨で、ゲストは誰が一位になるかを予想し、予想した人にコインをかけていきます。「賭け」が重要視され、条件によって定められたオッズに従うため、他のゲストとの駆け引きや大穴狙いなど見応えのある場面が多いです。最終的に最もコインを獲得した人が優勝となります。

ヤラセの内容

放送は19日にされましたが、収録は4月15日に行われたようです。双子が入れ替わったかどうかを判断して一位を決めるというもので、回答者の一人だった顔相鑑定士の池袋絵意知が最後まで他の人達と同様に回答していたはずが、オンエアでは加工されて削除されていました。しかも、存在を消されただけでなく、問題の順番までも変えられており、はじめに説明された内容とは全く異なるものとなっていたそうです。

これは本来ならば3回戦目ですが、オンエアでは4回戦目になっているときの映像。綺麗に消せているので、視聴者は全く気が付きません。もし、制作にかかった誰かが証言していなければ、闇に葬られていました。via google imghp4回戦行われましたが、放送を見る限り4人いた回答者が4回戦目には1人減っています。池袋はこの4回戦目が実は3回戦目だったと話しており、問題が入れ替わっているそうです。4問全て答えたのにもかかわらず、自分が映っていなかったことは、驚いたあとにものすごく怒りが押し寄せてきたということで、ブログに全て公表しています。

ブログで暴露

ブログ名は「顔相鑑定士&顔研究家&顔面評論家:池袋絵意知 公式ブログ」。普段は自分の思ったことやいつもやっているコーナーなどを扱っているブログです。22日にあげた内容は、番組が始まる前の打ち合わせの段階から事細かに主観的感情を含めて全て描写してありました。ここまで細かく書けるのはスゴイと思います。2ヶ月も前のことを世間話も含めて丁寧に書いてあるのですから、ただの顔相鑑定士ではありませんね・・・。

6月19日(日)『珍種目No.1は誰だ!?ピラミッド・ダービー』(TBSテレビ)に出演しました。

オンエアを見て唖然、そして怒り、悔しさ。
あまりのことに食べ物も喉を通らない。嘔吐きが止まらない。

4月15日(金)に収録した内容の順番入れ替えられ、3回戦で脱落したことにさせられ、4回戦目(本当は3回戦目で収録で私も答えている)の部分では私の姿がCGで消されていたのです。

この文章から長い告白が始まっています。食べ物が喉を通らないほどの怒りとは想像もつきませんが、それだけプライドを傷つけられたのでしょう。テレビ制作の裏側事情を知らないのでよく分かりませんが、人をひとり消すことは簡単なんですね・・・。技術の進歩を感じます。とはいえ、番組のために力を尽くした人に対して無断でやっていいことではありませんね。

脱落なんていう設定は全く無かったらしいので、いきなり自分が脱落になっていたらびっくりしますよね。via google imghp

「脱落」なんてルールもなければ、順番が逆で4回戦目を3回戦目と作り変えられて「脱落」とこんな惨めな画像をわざわざ作られて全国ネットでさらし者にされる私。

この映像とともに「最終戦を前にして池袋はここで脱落」というナレーション。

脱落してねーから!

さすがに感情を露わにしています。惨めな画像を出されたことに対して、名誉と人権を侵害されたことを訴え、放送に携わる人間のモラルが足りないことを指摘し、それを変えるために暴露したと語っています。テレビ局による弱い者いじめだとして、徹底抗戦する考えのようです。メンタリストDaiGoのやらせの可能性もあるとして、番組の作り方から不信感を露わにしているので、簡単にはこの問題は終わりそうにないですね。

「ほこ×たて」と同じ制作会社

実はこの番組と以前ヤラセで打ち切りになった「ほこ×たて」を制作した会社が同じだということが分かりました。Zプラスが行ったようですが、Zプラス側はザ・ワークスという会社が担当していたと言っているそうです。責任転嫁しているようにも感じますが、どちらが真実なのでしょうか。同じ制作会社ではなかったとしても、今回の謝罪を聞く限り「捏造ではない」と話しているので、あまり反省はしていないでしょう。ヤラセはバレたら打ち切りになることはほとんど間違いないのにまだやるとは勇気があるのかないのか・・・。懲りないテレビ局はまだ続けるかもしれません。

ネットでも過度な演出のための加工は捏造だという意見が多いです。

「発掘!あるある大事典」でもヤラセが発覚していますし、テレビ局としての信用も失われますね。



ページトップへ